Vim のタブ設定

スポンサードリンク

まとめ

  • タブを使用しないで半角スペース2つに統一した。

次のようにしてみました。

" 常にタブラインを表示
set showtabline=2
"タブ入力を複数の空白入力に置き換え
set expandtab
" タブ表示時の幅
set tabstop=2
" (自動)インデントの各段階に使われる空白の数
set shiftwidth=2
"連続した空白に対してタブキーやバックスペースキーでカーソルが動く幅
set softtabstop=2
"改行時に前の行のインデントを継続する
set autoindent
"改行時に入力された行の末尾に合わせて次の行のインデントを増減する
set smartindent

編集後、Vim から次のコマンドで即時反映しました。

:source ~/.vimrc

“Vim のタブ設定” の続きを読む

【Mac】.vimrc の編集メモ

Mac 用の .vimrc ファイルをいじり始めました。今回はその内容と参考にしたページなどをメモします。なお、.vimrc 自体は、カラースキームやプラグインを入れたいと以前に次の投稿で作成しています。

.vimrc の全体

“【Mac】.vimrc の編集メモ” の続きを読む


スポンサードリンク

【Mac】【Vim】dein.vim の .vimrc 内容を修正

【Mac】【Vim】dein.vim でプラグイン管理する。そしてはじめて .vimrc を作る – oki2a24 に引き続き、dein.vim に関して .vimrc を修正しました。

参考

を参考に dein.vim の記述を修正しました。

dein.vim に関する .vimrc の修正点まとめ

  • パスを変数化した。
  • vim 起動時にプラグインが導入されていなければインストールされるようにコメントを外した。
  • dein.vim がなければ自動的にインストールするようにしたため、今後は dein.vim のインストールは不要となった。
  • dein.vim インストール時のプラグイン例から、使いたいプラグインに記述を変更した。

“【Mac】【Vim】dein.vim の .vimrc 内容を修正” の続きを読む

【Mac】【Vim】dein.vim でプラグイン管理する。そしてはじめて .vimrc を作る

作業前の状況

  • brew で Vim をインストール済み
  • 今まで、Mac の Vim では .vimrc 未作成
  • 今まで、Mac の Vim ではプラグイン未使用

参考ページ

“【Mac】【Vim】dein.vim でプラグイン管理する。そしてはじめて .vimrc を作る” の続きを読む

【Mac】Android Studio と JDK 7 をアンインストールし、SDKMAN! をインストールした記録

Android Studio をアンインストール

$ rm -Rf /Applications/Android\ Studio.app
$ rm -Rf ~/Library/Preferences/AndroidStudio*
$ rm ~/Library/Preferences/com.google.android.studio.plist
rm: /Users/oki2a24/Library/Preferences/com.google.android.studio.plist: No such file or directory
$ rm -Rf ~/Library/Application\ Support/AndroidStudio*
$ rm -Rf ~/Library/Logs/AndroidStudio*
$ rm -Rf ~/Library/Caches/AndroidStudio*
$ rm -Rf ~/.gradle
$ rm -Rf ~/.android
$ rm -Rf ~/Library/Android*

JDK 7 をアンインストール

“【Mac】Android Studio と JDK 7 をアンインストールし、SDKMAN! をインストールした記録” の続きを読む

iOS の Workflow で水分摂取量の入力を簡単にする

作りたいワークフロー

  • ウィジェットから水分摂取量を記録できるワークフローをつくる。
  • 50 ml, 100 ml… など水分量を選択できるようにする。
  • 入力の選択項目も設け、これを選択した場合は数値を入力できるようにする。

Workflow の Choose from Menu と List のポイント

  • Choose from Menu はタイトルとその内容でいえば、タイトル部分にあたり、内容が無い。そのため、各 Choose from Menu ごとにアクションを設定する必要がある。
  • List は上述の例えでいえば、タイトルと内容を同じくしたもの。そのため、各 List を選択すれば、その項目をそのまま次の処理に使用できる。
  • Choose from Menu は項目の選択によっては次のアクションに数値入力をさせるなど柔軟なアクションを振り分け可能。ただし、各項目に必ずアクションを設定しなければならず、少し面倒でワークフローが見辛くなる。
  • List はシンプルだが、項目の選択のみしかできない。Ask for Input で入力させる等はできない。

“iOS の Workflow で水分摂取量の入力を簡単にする” の続きを読む

【iPhone】Workflow でポモドーロタイマーづくりメモ

やりたいこと

作り方の方針

  • Workflow でできることを知らないため、既存のワークフローを参考に、必要な部分を取り入れて作る。

実際に作ってみて感じたこと、ポイントなど

“【iPhone】Workflow でポモドーロタイマーづくりメモ” の続きを読む

【Vagrant】アップデート直後に使えなくなったエラーを解決した記録

環境

  • macOS Sierra
  • macOS 10.12.2 (16C67)
  • Vagrant 1.9.1

エラー内容

“【Vagrant】アップデート直後に使えなくなったエラーを解決した記録” の続きを読む

【SCP】Mac から Linux にディレクトリ指定でファイルをアップロードするコマンド

ローカルからディレクトリ指定でファイルをアップロードするコマンドポイント

# ファイルをアップロード
# -p: ファイルの更新時間、アクセス時間、モードを保持
# -r: ディレクトリを転送
# -P: 転送先ポート
scp -pr -P port local/path/to/directory user@host:remote/path/to/directory

“【SCP】Mac から Linux にディレクトリ指定でファイルをアップロードするコマンド” の続きを読む

【Mac】Homebrew インストールの Git でタブ補完、ブランチ表示をする設定

環境

Homebrew でインストールした Git ですの。

$ brew info git
git: stable 2.10.1 (bottled), HEAD
... 略 ...

Git のタブ補完、ブランチ表示する設定コマンド

# Git のタブ補完、ブランチ表示する設定を追記
cat >> ~/.bashrc <<'EOF'
# ターミナルでタブ補完を有効
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-prompt.sh
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-completion.bash
# ターミナルにブランチ名を表示
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
export PS1='\h\[\033[00m\]:\W\[\033[31m\]$(__git_ps1 [%s])\[\033[00m\]\$ '
EOF

# 反映
source ~/.bashrc

“【Mac】Homebrew インストールの Git でタブ補完、ブランチ表示をする設定” の続きを読む