カテゴリー
Linux

Debian の Apache のサイト設定変更は、ファイル編集ではなく a2dissite, a2ensite を使うようにする

まとめ

  1. /etc/apache2/sites-available/001-my.conf などのファイルを用意して配置する。
  2. a2dissite 000-default でデフォルトの設定ファイルを無効にする。
  3. a2ensite 001-my で用意した設定ファイルを有効にする。
カテゴリー
Linux

Debian ベースの Docker コンテナの中で日本語を使えるようにするまで

はじめに

CLI で日本語を打とうとしたら、できませんでした。全角で日本語を打てるのですけれども、変換、確定するときに消えてしまいました。 vim をインストールし、そこで日本語を入力してみようとしてみましたが、やはりダメでした。別の文字へと変換されてしまったのです。例えば "あいう" => "~A~B~A~D~A~F" となってしまいました。

結論

  • コンテナ内の CLI ではやはり日本語を使用できていない。
  • コンテナ内の次の環境での結果
    • PHP の REPL (php -a): 日本語を使用できた。
    • MySQL クライアント (mysql -u root -p ...): 日本語を使用できた。
    • Vim: 日本語を使用できた。

Debian

apt-get update && apt-get install -y locales
sed -i -E 's/# (ja_JP.UTF-8)/\1/' /etc/locale.gen
locale-gen
export LANG=ja_JP.UTF-8

MySQL や PHP など debian:buster-slim ベースのイメージの Dockerfile に書く場合

RUN apt-get update && apt-get install -y \
  locales \
  && apt-get clean \
  && rm -rf /var/lib/apt/lists/*
RUN sed -i -E 's/# (ja_JP.UTF-8)/\1/' /etc/locale.gen \
  && locale-gen
ENV LANG ja_JP.UTF-8
カテゴリー
Linux

Laracel 6 で、 `.env` ファイルの名前を変えて運用する方法 2 (補足)

まとめ

  • 前回 、 "Composer コンテナに環境変数を設定するほうが筋が良いかもしれない" とコメントしたが、実際にできたのでメモ
  • composer.jsonphp artisan コマンドに、 --env=laravel といったオプションが不要になる。
  • 開発時は運用時は、 --env=laravel オプションを付けなくとも (.env.laravel を読み込むように環境変数 APP_ENV に laravel を付けることで) php artisan コマンドを使えるようにするので、こちらの方が統一されており、望ましいと言える。
  • feat: Laravel の使用する .env ファイル名を変更する by oki2a24 · Pull Request #7 · oki2a24/sample_dockerized_laravel6
カテゴリー
Linux

Laracel 6 で、 `.env` ファイルの名前を変えて運用する方法

まとめ

  • composer.json を修正する。
    • "@php -r \"file_exists('.env') || copy('.env.example', '.env');\"" を修正する。例えば、 "@php -r \"file_exists('.env.laravel') || copy('.env.laravel.example', '.env.laravel');\"" とする。
    • @php artisan package:discover --ansi を修正する。例えば、 @php artisan package:discover --ansi --env=laravel とする。
    • 同様に @php artisan key:generate --ansi を修正する。例えば、 @php artisan key:generate --ansi --env=laravel とする。
  • サーバレベル、システムレベルやコンテナレベルで定義されている外部の環境変数によって使用する .env ファイル名を制御する。例えば、 APP_ENV=laravel とする。
カテゴリー
Linux

PostgreSQL の無難なロケールは “なし” (C) だと思うが、 Docker コンテナを使いたいときにロケールをなし (C) に設定する簡単な方法

まとめ

  • 起動時の環境変数 POSTGRES_INITDB_ARGS で設定することで、ロケールをなし (C) に設定可能
    • - POSTGRES_INITDB_ARGS=--encoding=UTF-8 --locale=C
    • POSTGRES_INITDB_ARGS: "--encoding=UTF-8 --locale=C" <= 注意。コッチっは試していない。
  • ちなみに、 docker run の場合は docker run --rm -it -e POSTGRES_PASSWORD=secret -e POSTGRES_INITDB_ARGS="--encoding=UTF-8 --locale=C" postgres:12.2 bash といった書式になる。
カテゴリー
Linux

Laravel 6 を Docker 化するときのポイントまとめ

まとめ

カテゴリー
Linux

Laravel 6 を Docker 化する。その 7 。 Node.js のビルド生成物のみを Docker コンテナに含める

今回やること

  • npm install で追加する依存パッケージを、 Docker ビルド時のキャッシュにする
  • npm run production で生成したファイルをコンテナに含める。
カテゴリー
Linux

Laravel 6 を Docker 化する。その 6 。データベース URL で Docker 起動時の環境変数で Laravel の使用するデータベースを指定

今回やること

  • DB 設定
    • データベース URL で接続するデータベースを指定できるようにする。環境変数で指定できるようにする。
    • データベース URL の指定がない場合は、コンテナ内の SQLite を使用するようにする。
  • Laravel 6 を Docker 化する。その5 – oki2a24 の続きです。
カテゴリー
Linux

php:7.3-apache Docker コンテナへ pdo_pgsql をインストールするときの注意点

注意点

  • libpq-dev を事前にインストールし、それから docker-php-ext-install pdo_pgsql を行うこと。
カテゴリー
Linux

Laravel 6 を Docker 化する。その 5 。 mod_rewrites の設定

今回やること