BackWPup から WordPress をサーバ構成も含めて復元する Ansible プレイブックを作った時の勉強ノート

スポンサードリンク


BackWPup – WordPress Backup Plugin | WordPress.org でファイルとデータベースのバックアップを Zip ファイルにして DropBox にアップロードすることを、日々自動実行しております。

このファイルをダウンロードして、これを元にサーバ環境も含めて復元する Ansible プレイブックを作成しました。

サーバに障害が起きたときや、サーバを引っ越ししたいときは、バックアップファイルとプレイブックを実行すれば復元できるようになります (正確には、SSL/TLS 証明書発行はできてませんのでまだ未完成ですけれども)。

その中で、気がついたことをメモいたします。

“BackWPup から WordPress をサーバ構成も含めて復元する Ansible プレイブックを作った時の勉強ノート” の続きを読む

WordPress を動かしているリバースプロキシとWebサーバの Nginx で、Let’s Encrypt と certbot で SSL/TLS の発行、導入をしました記録♪

はじめに

本ブログをやっと、SSL/TLS 化しました。

Let’s Encrypt を認証局として、これの公式ツールである certbot を使用して、リバースプロキシもWebサーバも構築している Nginx に SSL/TLS を導入しましたので、その記録を試行錯誤も含めて記録してまいります。

まとめ

  • nginx 設定ファイルの書き換えも certbot に委ねたい場合、nginx 設定ファイルに日本語を入れるとエラーとなるため事前に削除しておく。
  • 作業前に、ファイアーウォール設定を変更して https の 443 ポートは開けておくとよい。
  • WordPress データベースの URL を修正するには、wp-cli を使えるようにして wp search-replace 'beforeurl' 'afterurl' とするのが楽。

“WordPress を動かしているリバースプロキシとWebサーバの Nginx で、Let’s Encrypt と certbot で SSL/TLS の発行、導入をしました記録♪” の続きを読む

【WordPress】テーマ作成チェックプラグインを Theme Switcha に変更しました

これから使用するプラグイン

“【WordPress】テーマ作成チェックプラグインを Theme Switcha に変更しました” の続きを読む

【WordPress】Twenty Eleven のコピペテーマを子テーマに作り直したメモ

子テーマ化の前に、方針を決めるための調査

  • Twenty Eleven とコピペテーマの差分を抽出し、子テーマへ施す。
  • コピペテーマ作成時の投稿をなぞる形で子テーマをはじめから作成する。

これらの方針考えられました。

Twenty Eleven とコピペテーマの差分を確認してみたところ、、、コピペして修正した箇所以外にも差分が多くございました。テーマがバージョンアップしているからですね。となると、この方法は却下です。

次のコピペテーマ作成時の投稿を参考に、子テーマをはじめから作成することにしました。

“【WordPress】Twenty Eleven のコピペテーマを子テーマに作り直したメモ” の続きを読む

WordPress の自作子テーマを GitHub にホスティングする記録

概要

今まで作成した WordPress 子テーマを使ってきました。それらは WordPress を運用しているサーバに置いてあります。

このままではサーバに障害が起きて、なにかの拍子に消えてしまいます。別構いませんけれども、せっかくなので保存しておきたいのです。

そこで、GitHub にホスティングしました。

今回はその記録です。

ライセンス

“WordPress の自作子テーマを GitHub にホスティングする記録” の続きを読む

【WordPress】サーバ引っ越しで BackWPup が動かなくなった問題を解消するノート

はじめに

  • WordPress を置いているサーバを引っ越した。
  • BackWPup プラグインでバックアップを作成しようとするとエラーとなった。

1つ目のエラー

“【WordPress】サーバ引っ越しで BackWPup が動かなくなった問題を解消するノート” の続きを読む

【WordPress】BackWPup から別のサーバへ復元、リストアした記録

はじめに。

  • ドメインはそのままで、サーバを引っ越す。1つのVPSに Nginx も PHP も MariaDB も全部入っている。データベースが MySQL から MariaDB へ変更する以外、引越し元と引越し先でサーバ内容は全く同じ。
  • WordPress のファイル、DB はプラグイン BackWPup で作成したものを使用して復元する。
  • 引越し先のサーバは構築済みで、後は現在の引越し元の WordPress ファイルと DB を引越し先サーバへ持っていくだけ。
    • 構築時にサンプルの WordPress を作成している。
    • 構築時に引っ越し元と同じ内容で DB を作成している。

今回、上記のことを行った記録を取りたいと思います。

“【WordPress】BackWPup から別のサーバへ復元、リストアした記録” の続きを読む

【Google Adsense】【WordPress】Quick Adsense で、サイトに自動広告設定をした記録

手順まとめ

Google Adsense での作業

  1. Google AdSense へアクセス
  2. 左メニューから、広告の設定 > コンテンツ > 自動広告
    1. 自動広告を作成する
  3. 全般設定ブロックの、自動広告を設定 > コード スニペットのコピー

WordPress での作業

  1. 管理画面で、左メニューから、Quick Adsense
  2. 以下の操作で今まで個別に埋め込んでいた広告を無効にし、自動広告を導入する。
    1. Settings タブで、AdsensePlace up to 0 Ads on a page に設定
    2. Header / Footer Codes タブで、Header Embed Code に Google Adsense のコード スニペットのコピーを貼り付け
    3. Save Changes

自動航行設定の確認

  1. キャッシュをクリアする。本サイトの場合は、Nginx Cache を使用しているので、すべてのキャッシュを削除した。
  2. 適当なページを表示し、ページのソースを表示し、設定が変更されていることを確認

“【Google Adsense】【WordPress】Quick Adsense で、サイトに自動広告設定をした記録” の続きを読む

【WordPress】Github で管理している子テーマのインストールは、WP-CLI のコマンド 1 発で完了できます♪

ポイント

  • wp theme <theme|zip|url> でインストール
  • --activate とオプションで即有効化
  • Github にホストしているリポジトリの zip の URL を指定する。
    具体的には Clone or download > Download ZIP

コマンド

# oki2a24com-twentyseventeen-child テーマをインストールし、有効化
wp theme install https://github.com/oki2a24/oki2a24com-twentyseventeen-child/archive/master.zip --activate

実際にやってみると次のようになりました♪

“【WordPress】Github で管理している子テーマのインストールは、WP-CLI のコマンド 1 発で完了できます♪” の続きを読む

【WordPress】Twenty Seventeen の子テーマ作り記録♪

去年の、【WordPress】TwentySixteen の子テーマ作り記録♪ – oki2a24 と同様、WordPress の公式テーマ TwentySeventeen をベースとした子テーマを作り、切り替えました♪

その内容を、ノートいたします!

“【WordPress】Twenty Seventeen の子テーマ作り記録♪” の続きを読む