Docker ロギング・ドライバを使ってコンテナログを ELK スタックで利用する

スポンサードリンク


はじめに

Docker Compose でミニマムに ELK スタックに入門する記録 – oki2a24 の続きです。

前回までは、 Nginx コンテナの、 Nginx のログ、 /var/log/nginx/access.log などのログファイルを、ディレクトリ共有することで Logstash もアクセス可能にし、読み取る、というやり方でやってきました。

今回は、ログファイルをファイルに書き込むのではなく標準出力にして (変更するというよりも、標準出力がデフォルト) 、そうするとログは Nginx コンテナのログとして出力されますので、これを Logstash で扱う、ということをやっていきます。

無事できたので、ワクワクしています♪

“Docker ロギング・ドライバを使ってコンテナログを ELK スタックで利用する” の続きを読む

Docker Compose でミニマムに ELK スタックに入門する記録

まとめ

  • あらかじめ用意するディレクトリは、 Docker でミニマムに ELK スタックに入門する記録 – oki2a24 とほぼ同じ。
    • data/logstash/pipeline/logstash.conf
    • data/nginx/log/
  • Elasticsearch のデータは、 Docker でミニマムに ELK スタックに入門する記録 – oki2a24 では data/elasticsearch に保存していたが、トップレベル volumes として es_data という名前で定義した。
  • 各 service に depends_on を設定した。
    • elasticsearch: 何にも依存しないのでなし。
    • kibana: elasticsearch がないと動かしても意味ないので、 elasticsearch を depends_on に設定した。
    • logstash: elasticsearch がないと動かしても意味ないので、 elasticsearch を depends_on に設定した。
    • nginx: ログを扱ってくれる logstash があらかじめ起動しておいて欲しいので、 logstash を depends_on に設定した。
“Docker Compose でミニマムに ELK スタックに入門する記録” の続きを読む

`elasticsearch-oss:7.0.0` の `-e “discovery.type=single-node”` とは何か?

私の理解

Bootstrap Checks | Elasticsearch Reference [7.0] | Elastic を見ると、完全には理解できませんでしたけれども、開発やテスト環境で -e "discovery.type=single-node" を使うと良さそうです。

“`elasticsearch-oss:7.0.0` の `-e “discovery.type=single-node”` とは何か?” の続きを読む

Docker でミニマムに ELK スタックに入門する記録

やること

  • DockerでELK(Elasticsearch Logstash Kibana) を構築してみました – Qiita をやってみる。
  • Docker で Nginx サーバを立てる。このサーバへのアクセスログを ELK スタックで収集・閲覧する。
  • Docker で ELK スタック ("Elasticsearch" 、 "Logstash" そして "Kibana" によるログ収集管理システム) を構築する。
  • 今回は Docker のみで操作する。 Docker Compose は使わない。
“Docker でミニマムに ELK スタックに入門する記録” の続きを読む

【Vim】画像パスの前後に文字列を挿入するような置換がしたい

はじめに

タイトル通りの置換がしたいと思いました。なんとかできましたけれども、かなりハマったのでメモを残しておきます。

“【Vim】画像パスの前後に文字列を挿入するような置換がしたい” の続きを読む

tmux でコピーモードを使うときのメモ

はじめに

  • サーバに入ったとき、 tmux をデフォルト設定で使う。このとき、コピーモードのキーバインドは vi 風にしたい。
  • それに、マウスでスクロールもしたい。
  • 他にも、コピーモードについてまとめておこう。
“tmux でコピーモードを使うときのメモ” の続きを読む

tmux のプラグインを導入したので使いこなすために覚えておきたいことをチートシート的にメモ

導入したプラグイン一覧

  • tmux-plugins/tpm
  • tmux-plugins/tmux-sensible
  • tmux-plugins/tmux-yank
  • tmux-plugins/tmux-resurrect
  • tmux-plugins/tmux-continuum
  • tmux-plugins/tmux-cpu
“tmux のプラグインを導入したので使いこなすために覚えておきたいことをチートシート的にメモ” の続きを読む

【Vim】dein.vim の toml ファイルを使って、 ag コマンドが使えるなら ack.vim をインストールして、:Ack での grep に ag を使うように設定した

dein.toml の記述内容

[[plugins]]
repo = 'mileszs/ack.vim'
if = '''executable('ag')'''
hook_add = '''
if executable('ag')
  let g:ackprg = 'ag --vimgrep'
endif
'''
“【Vim】dein.vim の toml ファイルを使って、 ag コマンドが使えるなら ack.vim をインストールして、:Ack での grep に ag を使うように設定した” の続きを読む

Bash のプロンプトに表示する Git のリポジトリ状態 (__git_ps1) をほぼ満足する状態にまでカスタマイズできた♪

Mac の .bash_profile に書いた Git のプロンプトカスタマイズ部分完成形

# プロンプトに各種追加情報を表示
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-prompt.sh
if type __git_ps1 > /dev/null 2>&1 ; then
  GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
  GIT_PS1_SHOWSTASHSTATE=true
  GIT_PS1_SHOWUNTRACKEDFILES=true
  GIT_PS1_SHOWUPSTREAM="auto"
  GIT_PS1_SHOWCOLORHINTS=true
  PROMPT_COMMAND='\
    __git_ps1 \
    "\[\e[1;32m\]\u@\h\[\e[m\]:\[\e[1;34m\]\W\[\e[m\]" \
    "\$ " \
  '
fi
“Bash のプロンプトに表示する Git のリポジトリ状態 (__git_ps1) をほぼ満足する状態にまでカスタマイズできた♪” の続きを読む

Bash プロンプト PS1 の内容を理解し、設定する

はじめに

いま、私の Mac のターミナルでは、 Git のブランチ名が表示されるようになっており、便利です。さて、 Mac だけでなく、 Windows も使います。 Windows Subsystem for Linux で作業しはじめた時、 Git ブランチ名を表示するようにした後、違和感に気がつきました。

ブランチ名の左側に、ユーザ名等表示されるのですけれども、白くなってしまいました。しばらく放っておいたのですけれども、スクロールして戻った時、どれがコマンド実行行で、どれが出力なのか、わかり辛く感じました。

そこで、ブランチ名も表示しつつ、その左側も色付けするように設定いたしました。

“Bash プロンプト PS1 の内容を理解し、設定する” の続きを読む