『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』 10.2 コンポーネントの実装 に取り掛かる前に実行した npm run unit の結果がわからない

『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』 10.2 コンポーネントの実装 に取り掛かる前に実行した npm run unit の結果

スポンサードリンク


わからない

  • このまま進めていってよいのか、わからない
  • レポートの読み方が、わからない 
“『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』 10.2 コンポーネントの実装 に取り掛かる前に実行した npm run unit の結果がわからない” の続きを読む

『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』 8.8.7 単体テストユーティリティの導入 ● Vue Test Utilsによる効率化、の PhantomJS が動かなかったので ChromeHeadless で動くようにした記録

はじめに

  • 『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』
    • 8.8.7 単体テストユーティリティの導入
      • ● Vue Test Utilsによる効率化

単体テストコードの編集が完了したら動作確認のため、 npm run unit で単体テストを実行しましょう。

実行しましたら、動きませんでした><。修正内容をノートいたします。

“『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』 8.8.7 単体テストユーティリティの導入 ● Vue Test Utilsによる効率化、の PhantomJS が動かなかったので ChromeHeadless で動くようにした記録” の続きを読む

Dokcer 環境で、vue init したプロジェクトで npm run dev したときにウェブブラウザから確認するときにできず、ハマった問題を解決した方法

解決方法

  • host を localhost から 0.0.0.0 へと修正する。

config/index.js

     proxyTable: {},
 
     // Various Dev Server settings
-    host: 'localhost', // can be overwritten by process.env.HOST
+    host: '0.0.0.0', // can be overwritten by process.env.HOST
     port: 8080, // can be overwritten by process.env.PORT, if port is in use, a free one will be determined
     autoOpenBrowser: false,
     errorOverlay: true,
“Dokcer 環境で、vue init したプロジェクトで npm run dev したときにウェブブラウザから確認するときにできず、ハマった問題を解決した方法” の続きを読む

【Let’s Encrypt】certbot renew を行った記録

はじめに

を前回行いました。

今回も手動で行いましたが、コマンド等変わっていますのでノートします。

“【Let’s Encrypt】certbot renew を行った記録” の続きを読む

Nginx + PHP-FPM で unix ドメインソケットを使ったシンプルな docker-compose.yml を書きました。2

ポイント

  • Docker イメージは、 alpine を使わない。
  • Nginx の実行ユーザと PHP-FPM の listen.owner 、 listen.group とを一致させる。
  • Nginx で fastcgi_pass に指定するファイルのディレクトリと、 PHP-FPM で listen に指定するファイルのディレクトリとを、 Docker Compose のトップレベルで定義する名前付き volume で共有する。

“Nginx + PHP-FPM で unix ドメインソケットを使ったシンプルな docker-compose.yml を書きました。2” の続きを読む

セキュリティ、パフォーマンスをデフォルト設定から向上させる簡単な Nginx の SSL 設定をメモ

はじめに

Docker の nginx:latest (1.15.5) で SSL/TLS を使えるようにする最低限の Dockerfile を作りました – oki2a24 で最低限の SSL/TLS 設定を行いました。

今回は、それに加え、簡単な記述でセキュリティ、パフォーマンスを向上させる設定を追加していきます。

Nginx の SSL 設定

“セキュリティ、パフォーマンスをデフォルト設定から向上させる簡単な Nginx の SSL 設定をメモ” の続きを読む

Docker の nginx:latest (1.15.5) で SSL/TLS を使えるようにする最低限の Dockerfile を作りました

TLS/SSL で接続できる最低限の Nginx Dockerfile

FROM nginx:latest

RUN apt-get update && apt-get install -y \
    openssl \
    ssl-cert \
    && apt-get clean \
    && rm -rf /var/lib/apt/lists/*

COPY ./conf.d/ssl.conf /etc/nginx/conf.d/
server {
    listen       443 ssl;
    server_name  localhost;

    ssl_certificate      /etc/ssl/certs/ssl-cert-snakeoil.pem;
    ssl_certificate_key  /etc/ssl/private/ssl-cert-snakeoil.key;

    location / {
        root   /usr/share/nginx/html;
        index  index.html index.htm;
    }
}

“Docker の nginx:latest (1.15.5) で SSL/TLS を使えるようにする最低限の Dockerfile を作りました” の続きを読む

【Docker Compose】build 時ではなく、run 時に設定ファイルに環境変数を埋め込む方法メモ

はじめに

php:7.2-apache をビルドするときに、 DocumentRoot を設定していました。特に疑問に感じていませんでしたけれどもあるとき、さまざまな Docker イメージを見ていると設定は build 時ではなく、 run 時に環境変数で設定していることに気が付きました。

DocumentRoot も run 時に設定したいと思いました。

そうするためには、次の手順で実現できると思いました。

  1. Dockerfile で行っていた設定ファイルの COPY を、不要ならやめる。
  2. docker-compose run 時に volumes で設定ファイルのディレクトリを共有することでコンテナに設定ファイルを渡してやる。
  3. コンテナに渡す設定ファイルの必要項目を変数化して run 時に埋め込む。

上記の方法のうち、 1. と 2. は簡単です。 3. が難しかったです><。

今回、応急処置的な一時しのぎ的なワークアラウンドではありますけれども、汎用的で Linux コマンドの勉強になりましたので、解決するまでの道筋を順番に記録に残していこうと思います。

“【Docker Compose】build 時ではなく、run 時に設定ファイルに環境変数を埋め込む方法メモ” の続きを読む

Dockerfile でタイムゾーン設定するメモ

まとめ

FROM debian:stretch-slim なイメージはこれで OK でした。
例えば、今回設定したのは次です。

  • php:apache
  • mysql:latest
FROM mysql:latest

ARG TZ=UTC
ENV TZ ${TZ}
RUN ln -snf /usr/share/zoneinfo/$TZ /etc/localtime && echo $TZ > /etc/timezone

COPY ./config-file.cnf /etc/mysql/conf.d/

${TZ} は、docker-compose.yml で定義しました。args と environment です。
${WORKSPACE_TIMEZONE} は、.env ファイルで定義しています。

services:
  php_apache:
    build:
      context: ./php_apache
      args:
        TZ: ${WORKSPACE_TIMEZONE}
    environment:
      - TZ=${WORKSPACE_TIMEZONE}
... 略 ...

“Dockerfile でタイムゾーン設定するメモ” の続きを読む

Laravel 5.7 をインストールするのに必要な PHP 拡張は Docker の php:7.2-apache に含まれていました。

Laravel 5.7 の求める PHP 拡張

には次のようにありました。

“Laravel 5.7 をインストールするのに必要な PHP 拡張は Docker の php:7.2-apache に含まれていました。” の続きを読む