Macbook Pro 2018 のセットアップとして Homebrew をインストールした時の状況

スポンサードリンク


まとめ

  • Xcode Command Line Tools はインストール不要で最初から入っていた。
  • Homebrew ウェブページのインストール方法のコマンドに従うだけでインストールできた。
  • Homebrew のインストール中、Mac のログインパスワードを求められた。
“Macbook Pro 2018 のセットアップとして Homebrew をインストールした時の状況” の続きを読む

Macbook Pro 2018 の箱に入っていたもの

“Macbook Pro 2018 の箱に入っていたもの” の続きを読む

『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』 10.2 コンポーネントの実装 に取り掛かる前に実行した npm run unit の結果がわからない

『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』 10.2 コンポーネントの実装 に取り掛かる前に実行した npm run unit の結果

わからない

  • このまま進めていってよいのか、わからない
  • レポートの読み方が、わからない 
“『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』 10.2 コンポーネントの実装 に取り掛かる前に実行した npm run unit の結果がわからない” の続きを読む

『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』 8.8.7 単体テストユーティリティの導入 ● Vue Test Utilsによる効率化、の PhantomJS が動かなかったので ChromeHeadless で動くようにした記録

はじめに

  • 『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』
    • 8.8.7 単体テストユーティリティの導入
      • ● Vue Test Utilsによる効率化

単体テストコードの編集が完了したら動作確認のため、 npm run unit で単体テストを実行しましょう。

実行しましたら、動きませんでした><。修正内容をノートいたします。

“『Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで』 8.8.7 単体テストユーティリティの導入 ● Vue Test Utilsによる効率化、の PhantomJS が動かなかったので ChromeHeadless で動くようにした記録” の続きを読む

Dokcer 環境で、vue init したプロジェクトで npm run dev したときにウェブブラウザから確認するときにできず、ハマった問題を解決した方法

解決方法

  • host を localhost から 0.0.0.0 へと修正する。

config/index.js

     proxyTable: {},
 
     // Various Dev Server settings
-    host: 'localhost', // can be overwritten by process.env.HOST
+    host: '0.0.0.0', // can be overwritten by process.env.HOST
     port: 8080, // can be overwritten by process.env.PORT, if port is in use, a free one will be determined
     autoOpenBrowser: false,
     errorOverlay: true,
“Dokcer 環境で、vue init したプロジェクトで npm run dev したときにウェブブラウザから確認するときにできず、ハマった問題を解決した方法” の続きを読む

WordPress 5.0 で Gutenberg ブロックエディターが使用できなかった設定を修正しました

Gutenberg の Add block ボタン等が使えない。。。

修正方法

  1. ユーザー > あなたのプロフィール
  2. 個人設定 > ビジュアルエディター の、 [ビジュアルリッチエディターを使用しない] のチェックを外す。
  3. [プロフィールを更新]
“WordPress 5.0 で Gutenberg ブロックエディターが使用できなかった設定を修正しました” の続きを読む

既存のローカル Git リポジトリに GitHub リモートリポジトリを追加する方法メモ

GitHub でファイル無しでリポジトリを作成したときの画面

ポイント

  • GitHub でリポジトリを作成するときに、 README 、 .gitignore 、 LICENCE などファイルを作らない ようにする。
  • そうしないと、ローカルとリモートリポジトリの内容の差異によるエラー、ブランチ名の衝突によるエラーなどが発生して解決に手間がかかる。
  • エラー内容は、 すでに Git 管理しているローカルリポジトリを、新規で作った Github リポジトリに反映する方法 – oki2a24 参照
  • ローカルリポジトリとリモートリポジトリをつなぐためのコマンドは次。
    # ローカルリポジトリに、リモートリポジトリを origin という名前で追加
    git remote add origin https://github.com/oki2a24/vuejs_nyumon_75_todoapp.git
    # ローカルリポジトリの master ブランチと、リモートリポジトリ origin の master ブランチとを紐付け(ローカル master の上流ブランチとして origin 上の master ブランチを設定)
    git push -u origin master
    

“既存のローカル Git リポジトリに GitHub リモートリポジトリを追加する方法メモ” の続きを読む

【Let’s Encrypt】certbot renew を行った記録

はじめに

を前回行いました。

今回も手動で行いましたが、コマンド等変わっていますのでノートします。

“【Let’s Encrypt】certbot renew を行った記録” の続きを読む

【Mac】1.1.1.1 の Wi-Fi DNS 設定をコマンドを使って一瞬で行う方法

まとめ

# Wi-Fi の 現在の設定を確認
networksetup -getdnsservers Wi-Fi

# Wi-Fi の DNS を設定
networksetup -setdnsservers Wi-Fi 1.1.1.1 1.0.0.1 

# Wi-Fi の DNS をリセット
networksetup -setdnsservers Wi-Fi Empty

“【Mac】1.1.1.1 の Wi-Fi DNS 設定をコマンドを使って一瞬で行う方法” の続きを読む

Laravel 5.5 “完全に理解した” 。5.2 の中級者向けタスクリストを 5.5 でやりきるためのページ

はじめに

を座右に置きながら、 Laravel 5.5 で実践したときの記録をすべて載せました。上記ページと本投稿に沿って実践すれば、 Laravel 5.5 での中級者向けタスクリストを作ることができます。

最終の完全なソースコードは次のページから取得可能です。

早速、始めていきます。

“Laravel 5.5 “完全に理解した” 。5.2 の中級者向けタスクリストを 5.5 でやりきるためのページ” の続きを読む