【Excel VBA】Select Case の応用的な使い方。年月日文字列にスラッシュを入れる関数を例にして。

スポンサードリンク ポイント Select Case value で value が何であるのか、大小、範囲を評価できる。 別の変数など任意の判定は、使用が想定されていない(と思う)。 Select Case True […]

【Excel VBA】コレクションを 2 次元配列へ変換するいくつかの関数コード

ポイント 配列の要素数がコレクションの要素数より多い場合、コレクション要素を入れられない配列要素には Empty が設定される。 配列のインデックスは 1 次元目、2 次元目とも 1 から始まる。Range.Value […]

【Excel VBA】ダックタイピングでマップを実装するコード

【Excel VBA】Range.Value (2 次元配列) の行・列を操作するクラスのコード – oki2a24 にて RangeValue インスタンスに関数名を引数に渡してマップ処理をできるようにしてみました。け […]

【Excel VBA】シートを追加してそのシートを変数に入れて扱うコードの書き方

VBA コード

【Excel VBA】要素数、インデックス開始番号の不明な配列から配列へ値を詰め替えるコードの書き方

条件 配列 A から配列 B へ値を詰めたい。 どちらの配列も、要素数とインデックスの開始番号が不明 エラーが発生しないようにしたい。 Step は 1 ずつ増える。 ポイント ループしない方の配列のインデックス開始番号 […]

【Excel VBA】配列の次元数を取得する関数コード

ポイント わざとエラーを発生させ、次元数の判定に用いる。 On Error Resume Next でエラー発生時もコードの実行を継続させる。 UBound 関数を用いて次元を判定する。

【Excel VBA】Range.Value (2 次元配列) の行・列を操作するクラスのコード

このクラスでできること 何種類もの表に対して、定期的に、同じ内容の編集を何度も繰り返し行う場合に役立つと存じます。同じ手作業を繰り返し行わなくて済むようになりますので、楽ができますの♪ 行 指定行の除去 指定行の抽出 指 […]

【Excel VBA】配列をフラットなコレクションに変換する関数コード

Excel VBA には map reduce がございません。使いたいです (使いこなせているかどうかは別として)!これらのページ等を参考にすればできそうですの♪ Excel VBA を学ぶなら moug モーグ | […]

【Excel VBA】文字列内の半角カタカナのみを全角カタカナへと変換する関数コード!

ポイント StrConv(string, vbWide) では半角英数記号も全角へ変換されてしまうため一工夫必要 CreateObject(“VBScript.RegExp”) を使用して正規表現 […]

【Excel VBA】指定ブックのワークシートの範囲から文字列が一致する場所を返すクラスのコード!

仕様。何ができるクラスなの? 検索文字列は複数渡すことができる。 検索は完全一致、部分一致の両方に対応する。 結果は A1 参照形式、R1C1 参照形式のどちらでも得られる。例えばこんなイメージ。 A1 参照形式: (& […]