PHP で require、include したくないので Composer のオートロード (autoload) に入門する

スポンサードリンク


環境

Docker の PHP 上で試しました。

  • OS バージョン
    • cat /etc/issue: Debian GNU/Linux 9 \n \l
    • cat /etc/debian_version: 9.5
  • PHP バージョン
    • php -v:
      PHP 7.2.9 (cli) (built: Aug 22 2018 23:59:10) ( NTS )
      Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
      Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
      root@794dbcc792c6:~# cat /etc/issue

“PHP で require、include したくないので Composer のオートロード (autoload) に入門する” の続きを読む

PHP GD をインストールするための Dockerfile の少し複雑な内容メモ

GD を使える php:5.6-apache の Dockerfile 内容

FROM php:5.6-apache
RUN  apt-get update && apt-get install -y \
    libfreetype6-dev \
    libjpeg62-turbo-dev \
    libpng-dev \
    && docker-php-ext-install gd pdo_mysql mysqli mbstring \
    && apt-get clean \
    && rm -rf /var/lib/apt/lists/* \
    && a2enmod rewrite
COPY ./php.ini /usr/local/etc/php/
COPY ./000-default.conf /etc/apache2/sites-available/000-default.conf

ポイント

“PHP GD をインストールするための Dockerfile の少し複雑な内容メモ” の続きを読む

【Docker】メモ。php:5.6-apache の httpd バージョンは 2.4.25 (Debian)

まとめ

  • php:5.6-apache
    • Apache/2.4.25 (Debian)
    • PHP 5.6.37

“【Docker】メモ。php:5.6-apache の httpd バージョンは 2.4.25 (Debian)” の続きを読む

Nginx + PHP-FPM で unix ドメインソケットを使ったシンプルな docker-compose.yml を書きました。

はじめに

TCP/IP の 9000 ポートで Nginx から PHP へ接続することができるようになりました。これを、Unix ドメインソケットに変更したい、そんな中で得たことを残します。。

“Nginx + PHP-FPM で unix ドメインソケットを使ったシンプルな docker-compose.yml を書きました。” の続きを読む

【Ansible】最新 LEMP 環境構築プレイブックを作成するときに得られたものまとめ

はじめに

次の CentOS 7 の最新 PHP および MariaDB の LEMP 環境を構築する Ansible プレイブックを作成する際に躓いたことや得たことのノートです。

“【Ansible】最新 LEMP 環境構築プレイブックを作成するときに得られたものまとめ” の続きを読む

【WordPress】お手軽なデバッグ方法メモ

お手軽デバッグコードのポイント

echo '<pre>'; var_dump($arg); echo '</pre>';

var_dump 前後を echo を使って pre タグで囲むのがポイントですわね。

“【WordPress】お手軽なデバッグ方法メモ” の続きを読む

【Windows】【Visual Studio Code】PHP ファイルを開くと表示される ‘php.validate.executablePath’ エラーに対処する

ポイント

  • php.exe を指定してやれば解決できる。
  • エラー回避が目的で、Windows で PHP を実行することが目的ではない。
    そのため、PHP の種類、バージョンや、環境変数を厳密に設定しない。
  • PHP は Non Thred Safe 版をダウンロードした。
    これは、IIS (Internet Infomation Services) で PHP を使用する場合に利用するとのこと。
  • PHP バージョンを出来るだけ開発環境に合わせようと思ったが、開発環境のバージョンが低すぎてダウンロードできなかったため、この時点で最も低いバージョンである 5.5 をダウンロードした。
  • PHP のパス、つまり環境変数 PATH の設定はしていない。

“【Windows】【Visual Studio Code】PHP ファイルを開くと表示される ‘php.validate.executablePath’ エラーに対処する” の続きを読む

【phpmig】【MySQL】マイグレーション時に文字化けする時の修正方法

ポイント

  • PDO をインスタンス化する際に、文字コードを指定する。
  • PHP バージョンによって指定方法が異なることに注意

環境

  • PHP 5.3.3 (cli) (built: Aug 11 2016 20:33:53)
  • mysql Ver 14.14 Distrib 5.1.73, for redhat-linux-gnu (x86_64) using readline 5.1

“【phpmig】【MySQL】マイグレーション時に文字化けする時の修正方法” の続きを読む

【PHP】phpmig で MySQL のマイグレーションをするまでの導入手順

ポイント

  • Pimple もインストールすること。さもないと、phpmig migrate 時に Fatal error: Class ‘Pimpli¥Container’ not found in … とエラーになった。
  • Pimple インストール方法については、phpmig の README には記載されていないので注意。

“【PHP】phpmig で MySQL のマイグレーションをするまでの導入手順” の続きを読む

【苦労した】【CentOS 5 64bit】PHP 5.2.17 をビルドするために Lemon Parser をインストールする手順

PHP 5.2.17 をソースからビルドした時、Lemon Parser がなかったために、出た警告を解消するのに、すごく苦労いたしました。

なぜなら、yum で簡単にインストール、、、できなかったからですの><。

最終的にはほうっておくことにしたのですけれども、試行錯誤を残しておきますわ。

環境

  • CentOS release 5.11 (Final)
  • x86_64

ポイント

  • Lemon Parser がない場合、PHP 5.2.17 コンパイル時に警告が出る。
  • yum や rpm でインストールすることができない。
  • コードをダウンロードし、自分自身で Lemon Parser をビルドする必要がある。
  • The LEMON Parser Generator
    の lemon リンクから最新ソースへと移動できる。
  • Lemon Parser ダウンロード: SQLite: Artifact Content
  • 上記ページの [Download] からコードを入手可能。

“【苦労した】【CentOS 5 64bit】PHP 5.2.17 をビルドするために Lemon Parser をインストールする手順” の続きを読む