Ansible コントロールノードからターゲットノードへの疎通確認メモ

スポンサードリンク


はじめに

検索をしてみても、Ansible 入門はさまざまありますけれども、理屈は抜きにして Ansible でコントロールする側 (コントロールノード) からコントロールされて構築される側 (ターゲットノード) の、Hello World 的なシンプルな手順がなかなかわかりませんでしたので、今回自分のためにメモいたしました。

“Ansible コントロールノードからターゲットノードへの疎通確認メモ” の続きを読む

Gradle と Maven で Excella を使えるようにするメモ

はじめに

を見ると、次のようにあります。

4.Maven repository
mavenの依存ライブラリとして追加する場合、pom.xmlに下記のリポジトリを追加してください。
… 略 …

しかし、Maven 素人でかつ Gradle を使いたい Gradle 素人の私にとっては、これだけではわかりません><。

そこで今回、どのようにすれば Gradel および Maven プロジェクトで Excella を使えるようになるのかを調べましたのでノートします。

“Gradle と Maven で Excella を使えるようにするメモ” の続きを読む

【Windows】コマンドプロンプトとエクスプローラーを行ったり来たりする。【Mac】ターミナルからファインダーを立ち上げる。

【Windows】コマンドプロンプトとエクスプローラーを行ったり来たりする。

コマンドプロンプトからエクスプローラーを立ち上げる

explorer .
start .

なお、これら 2 つのコマンドには、実用上の大きな違いを感じました。
“【Windows】コマンドプロンプトとエクスプローラーを行ったり来たりする。【Mac】ターミナルからファインダーを立ち上げる。” の続きを読む

【Gradle】Windows 環境で、Java 7 でプロジェクトをビルド、テストする方法を少し掘り下げる

はじめに

の通りに設定しても、Windows 環境でエラーとなりました。

C:\Users\oki2a24\CompilingAndTestingJava7WithGradleInWindows>gradlew.bat build

FAILURE: Build failed with an exception.

* Where:
Build file 'C:\Users\oki2a24\CompilingAndTestingJava7WithGradleInWindows\build.gradle' line: 21

* What went wrong:
A problem occurred evaluating root project 'CompilingAndTestingJava7WithGradleInWindows'.
> There is no javadoc executable in C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_80\bin. Expression: executable.exists()

* Try:
Run with --stacktrace option to get the stack trace. Run with --info or --debug option to get more log output. Run with --scan to get full insights.

* Get more help at https://help.gradle.org

BUILD FAILED in 1s

C:\Users\oki2a24\CompilingAndTestingJava7WithGradleInWindows>

修正内容と、その原因・理由をノートします。

また、修正したコードは次のリポジトリとしてアップしています。

修正のポイント

“【Gradle】Windows 環境で、Java 7 でプロジェクトをビルド、テストする方法を少し掘り下げる” の続きを読む

【Git BASH】追加したコメントを除くステップ数を数える方法

やりたいこと

  • Git のコミット間の実行ステップ数を調べたい。
    • 追加行をカウントしたい。
    • 削除行はカウントしたくない。
    • コメント行はカウントしたくない。

環境

  • Windows 7 Professional 32 bit
  • Git BASH

カウントするコード

  • git diff: 修正箇所で最終的に残っている実行行をカウントする。
  • awk: カウントする行を抽出する。
    • ^+: + で始まる行を残す。
    • 次の条件に当てはまる行を除外する。
    • ^---a: — a で始まる行
    • ^+++ b: +++ b で始まる行
    • ^(+|-)$: + または – のみの行
    • ^(+|-)(¥t| )*(<%|¥/|¥*): + または – で始まり、0 個以上のタブまたはスペースがあり、続いて <% または / または * のある行

実際のコードは次のようになりました。

# ステップ数カウント
# 修正箇所で最終的に残っている実行行をカウントする。

# 差分を全てそのまま取得
git diff before after > step-all .txt
# カウントする行のみを抽出
awk  '/^+/ && (!/^---a/ && !/^+++ b/ && (!/^(+|-)(¥t| )*(<%|¥/|¥*)/) && !/^(+|-)$/) { print $0 }' step-all.txt > step-edited.txt
# ステップ数を出力
wc -l step-edited.txt

# ワンライナー
git diff before after  | awk '/^+/ && (!/^---a/ && !/^+++ b/ && (!/^(+|-)(¥t| )*(<%|¥/|¥*)/) && !/^(+|-)$/) { print $0 }' | wc -l

おわりに

参考ページです。ありがとうございます!

  • Regexper
  • [svn 差分 ステップ数] で検索
  • [git 差分 ステップ数] で検索

以上です。