Docker を Mac に Homebrew を使って簡単にインストールする手順

スポンサードリンク


Docker を Mac に Homebrew を使ってインストールするコマンドまとめ

# インストール
brew cask install docker
# ↓不要
#brew install docker-compose

# 起動(メニューバーの Docker アイコンが落ち着いたら次の工程へ)
open /Applications/Docker.app/

# インストール確認
docker --version
docker-compose --version

# 動作確認
docker run hello-world
cat <<EOF > docker-compose.yml
version: '3'
services:
  hello:
    image: hello-world
EOF
docker-compose up
docker-compose down

実際に作業した記録

$ # インストール
$ brew cask install docker
==&gt; Satisfying dependencies
==&gt; Downloading https://download.docker.com/mac/stable/26399/Docker.dmg
######################################################################## 100.0%
==&gt; Verifying checksum for Cask docker
==&gt; Installing Cask docker
==&gt; Moving App 'Docker.app' to '/Applications/Docker.app'.
🍺  docker was successfully installed!
$
$
$
$ brew install docker-compose
==&gt; Installing dependencies for docker-compose: docker
==&gt; Installing docker-compose dependency: docker
==&gt; Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/docker-18.06.0.sierra.bottle.tar.gz
Already downloaded: /Users/oki2a24/Library/Caches/Homebrew/docker-18.06.0.sierra.bottle.tar.gz
==&gt; Pouring docker-18.06.0.sierra.bottle.tar.gz
Error: The `brew link` step did not complete successfully
The formula built, but is not symlinked into /usr/local
Could not symlink bin/docker
Target /usr/local/bin/docker
already exists. You may want to remove it:
  rm '/usr/local/bin/docker'

To force the link and overwrite all conflicting files:
  brew link --overwrite docker

To list all files that would be deleted:
  brew link --overwrite --dry-run docker

Possible conflicting files are:
/usr/local/bin/docker -&gt; /Applications/Docker.app/Contents/Resources/bin/docker
==&gt; Caveats
Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completions have been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions
==&gt; Summary
🍺  /usr/local/Cellar/docker/18.06.0: 8 files, 52.3MB
==&gt; Installing docker-compose
==&gt; Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/docker-compose-1.22.0.sierra.bottle.tar.gz
Already downloaded: /Users/oki2a24/Library/Caches/Homebrew/docker-compose-1.22.0.sierra.bottle.tar.gz
==&gt; Pouring docker-compose-1.22.0.sierra.bottle.tar.gz
Error: The `brew link` step did not complete successfully
The formula built, but is not symlinked into /usr/local
Could not symlink bin/docker-compose
Target /usr/local/bin/docker-compose
already exists. You may want to remove it:
  rm '/usr/local/bin/docker-compose'

To force the link and overwrite all conflicting files:
  brew link --overwrite docker-compose

To list all files that would be deleted:
  brew link --overwrite --dry-run docker-compose

Possible conflicting files are:
/usr/local/bin/docker-compose -&gt; /Applications/Docker.app/Contents/Resources/bin/docker-compose
==&gt; Caveats
Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completions have been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions
==&gt; Summary
🍺  /usr/local/Cellar/docker-compose/1.22.0: 886 files, 9.4MB
==&gt; Caveats
==&gt; docker
Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completions have been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions
==&gt; docker-compose
Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completions have been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions
$
$
$
$ # 起動(メニューバーの Docker アイコンが落ち着いたら次の工程へ)
$ open /Applications/Docker.app/
$
$
$
$ # インストール確認
$ docker --version
Docker version 18.06.0-ce, build 0ffa825
$ docker-compose --version
docker-compose version 1.22.0, build f46880f
$
$
$
$ # 動作確認
$ docker run hello-world
Unable to find image 'hello-world:latest' locally
latest: Pulling from library/hello-world
9db2ca6ccae0: Pull complete 
Digest: sha256:4b8ff392a12ed9ea17784bd3c9a8b1fa3299cac44aca35a85c90c5e3c7afacdc
Status: Downloaded newer image for hello-world:latest

Hello from Docker!
This message shows that your installation appears to be working correctly.

To generate this message, Docker took the following steps:
 1. The Docker client contacted the Docker daemon.
 2. The Docker daemon pulled the &quot;hello-world&quot; image from the Docker Hub.
    (amd64)
 3. The Docker daemon created a new container from that image which runs the
    executable that produces the output you are currently reading.
 4. The Docker daemon streamed that output to the Docker client, which sent it
    to your terminal.

To try something more ambitious, you can run an Ubuntu container with:
 $ docker run -it ubuntu bash

Share images, automate workflows, and more with a free Docker ID:
 https://hub.docker.com/

For more examples and ideas, visit:
 https://docs.docker.com/engine/userguide/

$
$
$
$ cat &lt;&lt;EOF &gt; docker-compose.yml
> version: '3'
> services:
>   hello:
>     image: hello-world
> EOF
$ docker-compose up
Creating network &quot;oki2a24_default&quot; with the default driver
Creating oki2a24_hello_1 ... done
Attaching to oki2a24_hello_1
hello_1  | 
hello_1  | Hello from Docker!
hello_1  | This message shows that your installation appears to be working correctly.
hello_1  | 
hello_1  | To generate this message, Docker took the following steps:
hello_1  |  1. The Docker client contacted the Docker daemon.
hello_1  |  2. The Docker daemon pulled the &quot;hello-world&quot; image from the Docker Hub.
hello_1  |     (amd64)
hello_1  |  3. The Docker daemon created a new container from that image which runs the
hello_1  |     executable that produces the output you are currently reading.
hello_1  |  4. The Docker daemon streamed that output to the Docker client, which sent it
hello_1  |     to your terminal.
hello_1  | 
hello_1  | To try something more ambitious, you can run an Ubuntu container with:
hello_1  |  $ docker run -it ubuntu bash
hello_1  | 
hello_1  | Share images, automate workflows, and more with a free Docker ID:
hello_1  |  https://hub.docker.com/
hello_1  | 
hello_1  | For more examples and ideas, visit:
hello_1  |  https://docs.docker.com/engine/userguide/
hello_1  | 
oki2a24_hello_1 exited with code 0
$
$ docker-compose down
Removing oki2a24_hello_1 ... done
Removing network oki2a24_default
$

おわりに

brew install docker-compose で docker もインストールされます。ですので、これだけで良いのではないかと思ったのですけれども、brew cask docker をしなければ動きませんでした><。

cask の方は、Docker.app がインストールされます。これを実行しなければ、docker が使えませんでした。

cask で無い方の docker を、起動する方法がわかれば、cask の Docker をインストールしなくても良いのでしょうか?

気になりますけれども、今回の手順で動きましたので、これでよしといたします。

次のページを見ますと、cask の docker のみで大丈夫のようですけれども、、、よくわかりません。

追記(2018年7月28日12時42分)

cask で無い方の docker、docker-compose のインストールは不要でした。cask でのインストーしても動かないと思っていたのは、おそらくインストール後に Docker を起動していなかったからです><。

以上です。

【Docker】nginx:latest と nginx:alpine の違いを少し整理しました

nginx:latest と nginx:alpine のバージョンは同じ?

  • 結論: 同じ
  • それぞれのバージョン(2018年7月28日時点)
    • nginx:latest: 1.15.2
    • nginx:alpine: 1.15.2

以下、調べた方法です。

“【Docker】nginx:latest と nginx:alpine の違いを少し整理しました” の続きを読む

Mac の Visual Studio Code を SDKMAN での Java と連携して動作確認する設定メモ

VS Code で sdkman の Java を使えるようにする設定方法

やりたいこと

“Mac の Visual Studio Code を SDKMAN での Java と連携して動作確認する設定メモ” の続きを読む

【初めての】vimdiff コマンドでファイルの差分を確認する方法メモ

まとめ

  • Vim を開いてから行うのではなく、ターミナル等のコマンドライン上で vimdiff コマンドを実行する点に注意。
  • 追加削除業は、ぱっと見で判断可能。
  • 変更行は、カラースキームによると思うが見落とす可能性があり、注意が必要。行頭に差分ありのマークが出るが、見辛い。

“【初めての】vimdiff コマンドでファイルの差分を確認する方法メモ” の続きを読む

git commit でエラー、を解消しようとあれやこれや試しましたが、結局 git config –global core.editor vim しました

問題

Mac で git commit するとエラーとなり、コミット完了できません。

以下、git commit 時の出力です。

“git commit でエラー、を解消しようとあれやこれや試しましたが、結局 git config –global core.editor vim しました” の続きを読む

【Mac】【IntelliJ IDEA】SDKMAN の Java を設定する方法

隠しディレクトリを Finder で開いて指定したいディレクトリを IntelliJ IDEA のディレクトリ指定ウインドウへとドラッグする

困ったこと

IntelliJ IDEA をインストールし、 Java プロジェクトを Gradle からインポートしました。

さてなにかを開発しようと思った矢先、使用する SDK を指定してねと言われます。

わたくしは、SDKMAN で Java をインストールしておりますので、JDK home path として /Users/oki2a24/.sdkman/candidates/java/current を指定しようとしました。

ところが、ディレクトリが表示されません><。

SDKMAN の Java は、~/.sdkman/ 以下にあります。

.sdkman は隠しディレクトリです。

すると、IntelliJ IDEA のディレクトリ設定時に指定できないのです><。

この困った問題をクリアしましたのでメモします。

IntelliJ IDEA のディレクトリ指定ウインドウで隠しフォルダを指定する方法まとめ

  • 隠しディレクトリを Finder で開いて指定したいディレクトリを IntelliJ IDEA のディレクトリ指定ウインドウへとドラッグする

“【Mac】【IntelliJ IDEA】SDKMAN の Java を設定する方法” の続きを読む

【Mac】brew のアップデートでいつも実行するコマンドメモ

brew のアップデートコマンド

  • コマンドの意味の詳細は brew [option] -h
  • brew update: brew のパッケージリストを最新化
  • brew upgrade: brew でインストールしているパッケージをアップグレード
  • brew cleanup: インストールしたパッケージで古いバージョンのものを削除
    brew update; brew upgrade; brew cleanup; date
    

“【Mac】brew のアップデートでいつも実行するコマンドメモ” の続きを読む

【Mac】Anaconda をアンインストールして Python3 をインストールし PyCharm の設定を整える

はじめに

  • Python3 は勉強したい。
  • 科学計算のパッケージは今のところ、別にいらない。
  • Python 環境のセットアップはどうしたらコスパがよいのかよくわからなかった。
  • できるだけ王道でシンプルな方法が良い。
  • Anaconda はお手軽なのでこれを入れていた。
    • しかし homebrew 管理できないのが煩わしい。
    • しかも、homebrew でワーニングが出る。詳細は次の段落参照。
  • Pythonの環境構築を自分なりに整理してみる – Aki Ariga – Medium を読んで、この方法にしてみようと思った。今回やってみる。

“【Mac】Anaconda をアンインストールして Python3 をインストールし PyCharm の設定を整える” の続きを読む

Vim のタブ設定

まとめ

  • タブを使用しないで半角スペース2つに統一した。

次のようにしてみました。

" 常にタブラインを表示
set showtabline=2
"タブ入力を複数の空白入力に置き換え
set expandtab
" タブ表示時の幅
set tabstop=2
" (自動)インデントの各段階に使われる空白の数
set shiftwidth=2
"連続した空白に対してタブキーやバックスペースキーでカーソルが動く幅
set softtabstop=2
"改行時に前の行のインデントを継続する
set autoindent
"改行時に入力された行の末尾に合わせて次の行のインデントを増減する
set smartindent

編集後、Vim から次のコマンドで即時反映しました。

:source ~/.vimrc

“Vim のタブ設定” の続きを読む

【Mac】.vimrc の編集メモ

Mac 用の .vimrc ファイルをいじり始めました。今回はその内容と参考にしたページなどをメモします。なお、.vimrc 自体は、カラースキームやプラグインを入れたいと以前に次の投稿で作成しています。

.vimrc の全体

“【Mac】.vimrc の編集メモ” の続きを読む