macOS Catalina をクリーンインストール (再インストール) しようとしてハマってトラブってサポートに電話して解決したノート

作業を進めるにあたって、そして問題を解決するにあたって参照したもの

BootCamp パーティションを、 macOSユーティリティからパーティション内部を削除したのが問題か? と疑いましたけれども、最終的には macOSユーティリティそのものを削除してしまったことが原因だったようです。

解決方法

  • 基本的には公式ページのとおりでよい。しかし、公式ページのアップデートが追いついていないことはある。
  • ‎「Apple サポート」をApp Storeで アプリから、問題解決するためにサポートから電話してもらうことができる。問題の内容を入力し、電話してもらう日時を予約するだけ。おそらく AppleCare が必要。 -> 製品の保証状況とサービス期間を確認する – Apple サポート
  • トラブルに備えて、 Wi-Fi でインターネットにつながる環境を用意 しておく。ウェブページでの認証が必要なフリーな回線では難しいと思う。
  • macOSユーティリティで Mac のディスクを消去すると、 macOSユーティリティも削除されてしまうのか、使用できなくなった、
  • macOSユーティリティが起動できない場合は、 Mac の電源を入れて、その直後に option + command (⌘) + R を組み合わせて押し続ける。回転する地球儀とその下に Wi-Fi 選択が表示される。 Wi-Fi を選択してインターネットにつながるようになれば、 macOSユーティリティがインストールされ、使えるようになった
    • macOSユーティリティを起動するには何種類か方法があるので、うまくいかない場合は順に試していくと良いと思う。

トラブルが発生するまでにやっていたこと

  1. macOS 復元から macOS を再インストールする方法 https://support.apple.com/ja-jp/HT204904
  2. macOS 復元から起動する macOS 復元から起動するには、Mac の電源を入れて、その直後にキーボードの以下のキーを組み合わせて押し続けます。通常は (Mac を macOS Sierra 10.12.4 以降にアップグレードしたことがない場合は特に)「command + R」が推奨されます。 command (⌘) + R
  3. ディスクを消去 (フォーマット) する Mac のディスクを消去する方法 https://support.apple.com/ja-jp/HT208496
  4. macOS 復元の「ユーティリティ」ウインドウから「ディスクユーティリティ」を選択します。「続ける」をクリックします。
  5. 同じ名前の「Data」ボリューム (「Macintosh HD – Data」など) を探します。そうしたボリュームがある場合は選択し、メニューバーから「編集」>「APFS ボリュームを削除」を選択するか、ディスクユーティリティのツールバーにあるボリューム削除ボタン (-) をクリックします。「Macintosh HD」という名前のボリュームを除いて、起動ディスク上にあるほかのボリュームも同様に削除します。
  6. Bootcamp Windows も同様に削除した。フォーマットは APFS を選択した。
  7. 終わったら、ディスクユーティリティを終了して、「ユーティリティ」ウインドウに戻ります。
  8. macOS をインストールする macOS 復元から起動した後で、ユーティリティウインドウで「macOS を再インストール」(または「OS X を再インストール」) を選択します。「続ける」をクリックし、画面の案内に従って、ディスクを選択してインストールを始めてください。
  9. 続ける。クリック後、で止まって進まなくなった。
  10. 再起動すると、 macOS 復元が起動できなくなった。

おわりに

zsh を Mac のデフォルトシェルにするまでの記録 – oki2a24 にて OS を再インストールをする際、実はトラブルとなり、ヒヤヒヤしながらなんとか解決しましたので、ここに記録しました。

以上です。

コメントを残す

コメントを残す