volley を Android Studio 1.1.0 のライブラリとして読み込ませる方法!★試行錯誤を超えて★Mac

スポンサードリンク


おそらく「950ページ超え! Androidアプリの開発入門テキストが完全無料公開中! | うえぶまなぶ」で火の着いた教材、

こちらを実践しております。

  • Vol.4 ステップアップ編 Chapter 10
  • 第10章 ユーティリティによる実践
  • 著:高橋憲一
  • ダウンロード

この PDF の P106と印字されたページ(34 / 53)、10-2 ユーティリティによる実践(2)著:高橋憲一、の 10 -2 -1 ネットワーク経由でデータを取得する、にて Volleyの取得と追加を行っております。

この通りに進めましょうと始めたのですけれども、Eclipse のやり方が Android Studio では使えず進められませんの><。

そこで、試行錯誤を経て、Volley の取得と追加ができましたので、その記録を残しておきますの♪

環境

  • Mac OS X Yosemite 10.10.2
  • Android Studio 1.1.0
  • インポート先のプロジェクト: Syllabus
  • インポートするライブラリ: Volley

Mac に Git をインストール

次の投稿でこちらも躓きながら試行錯誤の果てに Git をインストールいたしました。。。ちょっと表現がおおげさでしたわね、てへ♪

Volley の取得!

volley を導入したいプロジェクトにターミナルで移動いたしました。

$ cd AndroidStudioProjects/Syllabus/

volley を git clone コマンドでダウンロードいたします。

$ git clone https://android.googlesource.com/platform/frameworks/volley
Cloning into 'volley'...
remote: Counting objects: 52, done
remote: Finding sources: 100% (52/52)
remote: Total 2851 (delta 248), reused 2851 (delta 248)
Receiving objects: 100% (2851/2851), 1.13 MiB | 1000.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (248/248), done.
Checking connectivity... done.
$

ダウンロードされたことを確認してみますと、確かに volley ディレクトリとして取得されております!

$ ls -l
total 64
-rw-r--r--   1 okitsuatsushi  staff   828  3 28 09:06 Syllabus.iml
drwxr-xr-x  10 okitsuatsushi  staff   340  3 28 09:52 app
drwxr-xr-x   3 okitsuatsushi  staff   102  3 28 09:52 build
-rw-r--r--   1 okitsuatsushi  staff   436  3 28 09:05 build.gradle
drwxr-xr-x   3 okitsuatsushi  staff   102  3 28 09:05 gradle
-rw-r--r--   1 okitsuatsushi  staff   855  3 28 09:05 gradle.properties
-rwxr--r--   1 okitsuatsushi  staff  5080  3 28 09:05 gradlew
-rw-r--r--   1 okitsuatsushi  staff  2404  3 28 09:05 gradlew.bat
-rw-r--r--   1 okitsuatsushi  staff   442  3 28 09:05 local.properties
-rw-r--r--   1 okitsuatsushi  staff    15  3 28 09:05 settings.gradle
drwxr-xr-x  14 okitsuatsushi  staff   476  3 28 15:47 volley
$

Android Studio に Volley をインポートする前に躓いたこと><。そして解決方法!

結論から申しますと、Volley のダウンロード先は、Volley をインポートしたいプロジェクトのルートディレクトリではダメですの!

Android Studio のプロジェクトを置くディレクトリに、Volley を置く必要がございました。

この結論に至るまでの試行錯誤を記してまいります。

Volley をダウンロード後、Android Studio に切り替えました。

ところが、ディレクトリ volley が Syllabus プロジェクトに認識されません。

上部メニューの File から、

  • Syncronize しても、
  • Invalidate Caches / Restart… しても

同じ結果となり、volley がプロジェクトに認識されることはございませんでした><。

そこで、File > Import module… を試してみました。

Source directroy に volley ディレクトリを指定したら、エラーとなりました><。すでに volley の名がついたプロジェクトを含んでいるからダメ、ということのようですわ。

それであれば、volley ディレクトリをまったく別の場所に移動してから、再びインポートすればどうかしら?

まずは移動ですの。volley ディレクトリを、プロジェクトを置くディレクトリに移動しました。今はプロジェクトのルートディレクトリに置いてありますので、1つ上のディレクトリに移動させればよいですわね。

$ mv volley/ ../volley

再び Import module… を試したところ、行けそうでしたので「Finish」!

how-to-import-volley-to-android-studio-1-1-0-in-mac1.png

無事取り込めたようですの♪

Android Studio に Volley をインポートしてからの試行錯誤><。そしてその解決手順♪

ところが、インポート後にエラーとなりました><。

how-to-import-volley-to-android-studio-1-1-0-in-mac2.png

SDK が足りていないということなのでリンクをクリックしてインストールすればよさそうですの♪

参考ページでは、volley内にあるbuild.gradleのbuild Tools revisionが「buildToolsVersion = 19」古過ぎるためエラーが発生するとありました。念のため同じ箇所を確認しましたが、「buildToolsVersion “22.0.0”」とあり、問題なさそうですわ。

ですので当初の予定通り、リンクをクリックして Android SDK Platform 19 をインストールいたしました。インストール後、Gradle によるビルドが自動で始まりました。

先ほどのエラーは出なくなり、解決しました!しかし、別のエラーが出ました。

how-to-import-volley-to-android-studio-1-1-0-in-mac3.png

Build Tools 21.1.0 のインストールが必要とのこと。リンクをクリックして、これもインストールいたしました。

ふたたび Gradle によるビルドが自動で始まります。無事にビルドが終了し、エラーが出なくなりました♪

インポート先のプロジェクトで Volley が使えるか、確認!

実際にインポートした Volley が使えるかどうか、確認いたしました。

MainActivity.java の onCreate メソッドの最後で、「Volley」と打ち、エラーが出ます。

カーソルを「Volley」の何処かに合わせて、option + enter。エラー解決方法として、Add dependency module ‘volley’ を選択いたしました。

how-to-import-volley-to-android-studio-1-1-0-in-mac4.png

MainActivity.java に、import com.android.volley.toolbox.Volley;
が追加されたことを確認!

さらに、Volley のメソッドなどを呼べるようになったことも確認いたしました!

how-to-import-volley-to-android-studio-1-1-0-in-mac5.png

これで、これでついに volley が使えるようになりましたの!

アプリを起動 (Run ‘app’) しようとしたら、Gradle Build でエラーが出た!そしてその解決方法♪

Volley を使用しアプリ開発を続け、アプリを実行してみようと Run ‘app’ しますと Gradle Build で次のようなエラーが><。

how-to-import-volley-to-android-studio-1-1-0-in-mac6.png

解決方法は、Syllabus/app/build.gradle の dependencies に次を追加いたします。

compile project(':volley')

Syllabus/build.gradle ではなく、Syllabus/app/build.gradle ですのでファイルを間違えないように注意ですの!

コーディング中はエラーとなりませんでしたのでびっくりいたしました。

おわりに

次のページが、インストールの流れ、確認方法の指針として、とても役に立ちました。ありがとう存じます!

import library がメニューに無いけど、何を選べばいいのかしら? → import module でよさそう!と思えるようになったページですの♪ありがとう存じます!

これで進められますわ♪

以上です。

コメントを残す