生パスタの作り方1、タネ編。2013年夏、気温は35℃だ!暑いですの!

スポンサードリンク


パスタのタネづくり気おつけたこと♪

次の料理工程、捏ねてカットするのをやりやすくしたい!を念頭に、次のことに気をつけてパスタの種を作りました。

  • ドロドロではダメですけれども、水分量を多めにして、ある程度柔らかいタネを作る。
  • 前夏のタネづくりでは塩卵水 400 g で気温 27.5 ℃ 湿度 83 % でちょうど良い感じとあります。そのさらに前のパスタのタネづくりでは、塩卵水 420 g で温度 22 ℃ 湿度 55 % で少し水分が少なかった感じ。
  • 今までの経験を踏まえ、気温 34 ℃ 湿度 52 % の今回は、塩卵水 430 ml 用意し、9 割くらい加えて混ぜて様子を見て、足りなければ少しずつ足していくやり方を採用してみます。

パスタのタネづくり材料!条件!器具!

“生パスタの作り方1、タネ編。2013年夏、気温は35℃だ!暑いですの!” の続きを読む

CentOS でユーザ追加してパスワード設定してグループ設定して削除する、、、まとめ♪

ユーザー関係コマンドまとめ

# ユーザの追加
useradd testuser
# ユーザへパスワード設定または変更
passwd testuser

# ユーザ所属のグループを表示
id testuser

# testuser ユーザが所属するグループを group1 group2 に置換
usermod -G group1,group2 testuser
# testuser ユーザが所属するグループに group3 にを追加
usermod -a -G group3 testuser

# testuser を削除する。
userdel -r testuser

ひとつひとつ実際に試してみます。

“CentOS でユーザ追加してパスワード設定してグループ設定して削除する、、、まとめ♪” の続きを読む

Mac でスクリーンロックするにはキーチェーンアクセスが大事♪

スクリーンショット 2013-08-07 22.36.12.png

Mac でスクリーンロックする方法

  • メニューバーのキーチェーンロックから「スクリーンをロック」を選択

これでかなりお手軽にスクリーンをロックすることができるようになります。ですがデフォルトではメニューバーにキーチェーンロックが表示されておりません。

表示させるには、次のようにいたします。

メニューバーにキーチェーンアクセスを表示する手順

“Mac でスクリーンロックするにはキーチェーンアクセスが大事♪” の続きを読む

PHP 開発時にデバッグするのにいつも使う関数♪

error_log(print_r('zzz', true)); // TODO
  • PHP: error_log – Manual
  • PHP のエラーログの出力先を Apache と分離していなければやめたほうがよいかも。分離していれば、たとえば tail -f /var/log/php_errors.log などとしてリアルタイムにログ内容を見ることができる。
  • PHP: print_r – Manual
  • print_r の2つ目の引数に true を渡すことがポイント。指定しない(false)場合、表示しようとするため、ログの関数に渡されない。
  • 行末に TODO コメントを入れることで、開発終了時に発見しやすくします。

“PHP 開発時にデバッグするのにいつも使う関数♪” の続きを読む

【PostgreSQL】文字コードがテンプレートの ENCODING と異なるデータベースを作成するときは、TEMPLATE template0 を追加したらエラー回避できました♪

文字コードがテンプレートの ENCODING と異なるデータベースを作成するためにTEMPLATE template0 を追加する SQL の例

CREATE DATABASE testdb WITH OWNER testuser ENCODING 'UTF8' TEMPLATE template0;

よく使う SQL は、DB、ユーザ、ユーザにパスワードを設定する SQL でございまして、次はその例ですの♪

-- ユーザの作成(スーパーユーザ無効、DB作成無効、ユーザ作成無効、パスワード設定)。データベースの作成
-- デフォルト ENCODING と異なる文字コードでDB作成する場合は、TEMPLATE template0 を追加
CREATE USER testuser WITH NOSUPERUSER NOCREATEDB NOCREATEROLE PASSWORD 'testpassword';
CREATE DATABASE testdb WITH OWNER testuser ENCODING 'UTF8';

PostgreSQL  8.4で新しいデータベースを作成しようとしましたら、次のようなエラーとなってできませんでした><。

メッセージはうろ覚えですので間違っているかもしれませんが、大体次のようなメッセージでした。

“【PostgreSQL】文字コードがテンプレートの ENCODING と異なるデータベースを作成するときは、TEMPLATE template0 を追加したらエラー回避できました♪” の続きを読む

【Google AdSense】BAN からの復活!、、、できましたの♪

スクリーンショット 2013-08-05 20.52.15.png

以前、お金にまみれた投稿が本ブログにあったとのことで、Google AdSense での広告配信の停止措置をいただいてしまいましたの><。ですので早速、理解、見直し修正、申し立て、をいたしました。

無事に広告配信が再度有効化されましたの♪

時系列振り返り

“【Google AdSense】BAN からの復活!、、、できましたの♪” の続きを読む

Lightroom 5 を買うお店を検討します♪

2013年8月13日追記 Amazon のパッケージ版のお値段は、変動いたしますね!今時点で12822円でございます。安い時を狙えば幸せにお買い物できそうです♪

その1。本家 Adobe のオンラインショップ

ダウンロード版になります。

スクリーンショット 2013-08-04 11.27.33.png

その2。Amazon。ただしパッケージ版

“Lightroom 5 を買うお店を検討します♪” の続きを読む

★8★レポートのメールタイトルの見方ですとか、たとえばこんな結果【Tripwire】わたくしだって WordPress サーバの改ざん検知したい!【CentOS】

Tripwire の扱いにも大分慣れてきましたの♪日々、次の投稿のコマンドを使ってチェックしております。

さて、yum で次のパッケージをアップデートいたしました。

  • libxml2-2.6.26-2.1.21.el5_9.3.i386
  • mysql-libs-5.5.33-1.el5.remi.i386
  • mysql-server-5.5.33-1.el5.remi.i386
  • mysql-5.5.33-1.el5.remi.i386

本来であれば、ここで Tripwire のベースラインデータベースをアップデートし、他のファイルの不正な改ざんを監視しやするべきなのですけれども、あえてこのまま放っておいて、MySQL をアップデートいたしますと Tripwire のレポートにどのように改ざん検知され、そして表現されるのか、見てみたいと思います。

レポートのメールタイトルを見てみます。

  • TWReport oki2a24.com 20130803020041 V:69 S:100 A:2 R:2 C:65

全体で 69 もの違反検知(V:violations)があり、そのうち追加(A:Added)が 2 つ、削除(R:Removed)が 2 つ、変更(C:Modified)が 65 でした。とても多いですね。中身を見てみましょう。

“★8★レポートのメールタイトルの見方ですとか、たとえばこんな結果【Tripwire】わたくしだって WordPress サーバの改ざん検知したい!【CentOS】” の続きを読む

★7★日々の運用コマンド【Tripwire】わたくしだって WordPress サーバの改ざん検知したい!【CentOS】

Tripwire 運用時のベースラインデータベースのアップデートコマンド

# 言語を翻訳しないに変更
export LANG=C
# 言語変更の確認
# LANG=C と表示されれば OK
env | grep LANG
# Tripwire のベースラインデータベースを更新
tripwire -m u -r /var/lib/tripwire/report/oki2a24.com-201308dd--hhmmss.twr

問題ない時の日々のコマンドとなります。

“★7★日々の運用コマンド【Tripwire】わたくしだって WordPress サーバの改ざん検知したい!【CentOS】” の続きを読む

「xdebug var_dump 省略」されてしまうのをされないように設定メモ♪

設定ファイルに追記する 3 つの設定

xdebug.var_display_max_children = -1
xdebug.var_display_max_data = -1
xdebug.var_display_max_depth = -1

これで var_dump 関数の内容が省略されずにすべて表示されるようになりました。

“「xdebug var_dump 省略」されてしまうのをされないように設定メモ♪” の続きを読む