【Google AdSense】BAN からの復活!、、、できるでしょうか?

スポンサードリンク


サイトへの AdSense 広告配信が停止されています

Google さんから広告表示を停止する措置のメールをいただきました♪内容をきちんと理解して、対処をして、もう大丈夫だから安心してくださいましね♪と Google さんへ申告するまでのメモを残しておきます。

違反の詳細 〜 違反の内容を理解する♪

違反ですよ!の内容を見てみます。以下、ポイント部分をメールから引用です。なお、太字はわたくしたちによるものです。

リンクや広告のクリック、メールの購読、他のウェブサイトの閲覧を行ったユーザーに報酬を与えるプログラムに関するコンテンツを含んでいるサイト

オートサーフ サイトや有料購読メール、ユーザーにクリックを促して報酬を支払う各種プログラムやアフィリエイトの比較サイト、情報商材やこれらに誘導しているコンテンツなども含まれます。

さらなる詳細があるとのことで、こちらのページも見てみます。

再び、これ!と思った部分を引用します。

報酬を提供するサービスにトラフィックを誘導したり同種のサービスを紹介したりすることを主な目的としているサイトでは、広告の表示が許可されません。

なるほどです。おそらく次の理解でよいでしょう♪

  • お小遣いサイトや、アフィリエイトサイトへの促し、紹介、リンクを載せてはいけない。

わたくし達のブログで具体的にダメなページ

と、紹介しようとしたのですけれども、よくよく考えてみれば紹介できませんね><。そうですわね、、、「E メール」「ポイント」「懐」「暖かい」、こんなかんじのコンテンツでした。

Google AdSense 広告配信の停止への対処として行うべきことポイント 〜 サイト全体を見直す♪

このページに何かいたしますが、何をすればよいか、少し考えましょうか♪

最初に思ったことが、「違反ページだけ、Google AdSense の広告を取り除けばよいのでしょうか?」でした。しかしこれは誤りと気が付きます。メールでは再三、「ウェブサイト」と本ブログ全体を意識した書き方をされております。そしてその中に違反するページがあるがために BAN !なのです。

よって、違反ページから Google AdSense を削除するしないは関係なく、oki2a24.com に違反ページがある事自体が問題なのだと結論づけました。

メール本文にもございました。次がポイントのひとつですわね。

このウェブサイトの他のページやお客様の他のサイトにも同様の違反が発生している可能性があります。

やはり、本サイトの他のページも見なおす必要がありますのよ!ということでよさそうです。

では、漏れなく削除するためには、どうすればよいでしょうか?

1.違反ページのリスト化

どうやって、違反ページを拾いましょうか。。。本ブログは関連する投稿を拾っていただける WordPress プラグイン「Yet Another Related Posts Plugin」を使用させていただいております。

Yet Another Related Posts Plugin により表示される違反ページと関連するページを精査いたしまして、今回の BAN の原因とつながるようでしたら違反ページリストに加えます。

続いての調査方法が、Google AdSense ヘルプでも紹介されているこの方法です。

要約いたしますと、本サイトを対象として違反キーワードで Google 検索してください!キーワードは自分で考えてくださいましね♪という事です。

具体的には次のようなテキストを検索フォームに入れ、検索します。「キーワード」に違反関連の言葉を入れます。

  • site:oki2a24.com キーワード

以上2つの調べ方で、全部で3つの投稿を違反ページのリストといたしました。思ったよりも少ないですの。

2.違反ページの削除

WordPress で投稿を削除するにはいくつかの方法があります。

  • 投稿の編集ページの「公開」で、ステータスを「公開」以外にする。
  • 投稿の編集ページの「公開」で、「公開状態」を「非公開」に設定する。
  • 投稿の編集ページの「公開」で、「ゴミ箱へ移動」する。

2番目の方法を採用いたしました。1番目の方法、ステータスをたとえば「下書き」にするのは、おかしいです。今後、忘れた頃に他の投稿を公開にする際に同時にうっかり公開にしてしまう可能性があります。

3番目は、、、これでもよいのですけれども、わたくしの人生の一部分の時間をかけて書いたものを抹消してしまうことは、なかなかできません><。あなたもそうでありませんこと?たとえ、いわゆる黒歴史だとしても残しておきたい、今はそんな気持ちでいますの。。。

ですので、2番目です。非公開にすることで、次の状態になればよろしいですわね♪

  • 本サイトに違反投稿のほんの一部分も表示されない。
  • 本サイトのどこからも違反投稿へ辿れない。
  • 直に URL を打っても違反投稿が表示されない。
  • sitemap.xml からも違反投稿の URL を除外する。

2−1.WordPress の投稿を「非公開」にする方法

  1. 「投稿の編集」ページに移動
  2. 「公開」ブロックの「公開状態」で「非公開」のラジオボタンを選択
  3. 「OK」をクリック(実はこれは行わなくても非公開にできた)
  4. 「更新」をクリック

この操作を行った後、投稿のほんの一部分も表示されませんし、本サイトのどこからも辿れませんし、たとえ直に URL を打ち込んだとしてもアクセスできなくなったことを確認いたしました。

2−2.sitemap.xml から違反ページを除外

本ブログは sitemap.xml の作成にプラグイン「Google XML Sitemaps」を使用させていただいております。このプラグインの設定ページから、手動で xml を作成して上書きします。

そして同じく設定ページから xml ページを開き、違反ページの URL が無いことを確認しました。

次に、ウェブマスター ツール – ホームへ移動します。

そして クロール > サイトマップ から「サイトマップの追加/テスト」をクリックし、先ほど開いた xml ページの URL を指定します。

これで、本ブログに対する対処は完了です♪

Google へ申告 〜 説得力のある審査リクエストを送信する♪

Google さん、お待たせいたしました♪次のページから審査リクエストを送らさせていただきます。

このページにございます、「審査をリクエストするうえで重要なポイント」も見直しました。

  • 違反の内容を理解する
  • サイト全体を見直す
  • 説得力のある審査リクエストを送信する

最後のひとつはこれからですけれども、対処しましたので送ってみます♪

…はい、送りました。

メッセージ欄には、「報酬を提供するサイトの紹介を探す観点でサイト全体を見直し、違反ページを含む下記ページを削除しました」という旨の文章と、実際の違反ページのタイトルと URL を記載して送信しました。

これでおしまいです♪

おわりに

以上でわたくしたちの本ブログに掲載しております、Google AdSense の広告配信が停止されてから、それを理解し、サイト全体を見直し、説得力のある審査リクエストを送信する手順はおしまいおしまいですの。

再び認められ、再び広告掲載が始まるかどうか、わかりませんけれども大変充実した、楽しい時間を過ごすことができました。

あら?はやくもリクエストを受け取った旨のメールが Google さんから届きました。審査ガンバロ!

以上です。

“【Google AdSense】BAN からの復活!、、、できるでしょうか?” への1件の返信

コメントを残す