【Ansible】【Redmine】db:migrate がエラーで終了してしまう問題に対処する

スポンサードリンク


ポイント

“【Ansible】【Redmine】db:migrate がエラーで終了してしまう問題に対処する” の続きを読む

【Ansible】【Redmine】バージョンの高い PostgreSQL をインストールして発生した bundle エラーを解消する

ポイント

  • PostgreSQL yum postgresql といった形ではなく、をリポジトリを導入して yum postgresql96-server などとした場合に発生した。
  • 事前に bundle config することが重要だった。
  • 具体的には、bundle config build.pg --with-pg-config=/usr/pgsql-9.6/bin/pg_config を行い、次に今まで失敗していたインストールコマンド bundle install --without 'development test' --path vendor/bundle を行うことで、無事にインストールできた。

“【Ansible】【Redmine】バージョンの高い PostgreSQL をインストールして発生した bundle エラーを解消する” の続きを読む

【Ansible】rbenv でインストールした gem を使って bundler をインストールするコツ

ポイント

  • rbenv でインストールした gem を Ansible モジュールから使う場合は、executable に gem の場所を指定する。

失敗

“【Ansible】rbenv でインストールした gem を使って bundler をインストールするコツ” の続きを読む

【Ansible】PostgreSQL スーパーユーザにパスワード設定後のユーザや DB 追加操作する時のコツ

  • login_user、login_password を設定する。
  • インストール直後など、スーパーユーザにパスワードが設定されていない場合、PostgreSQL 関連モジュールでは自由に設定が可能
  • しかし、一度パスワードを設定すると、今後はそのパスワードがないと PostgreSQL への変更が行えない。
  • そこで、まだパスワードが設定されていなくても、login_user、login_password を明示的に指定することでこの問題を回避し、冪等性を保つことができる。

“【Ansible】PostgreSQL スーパーユーザにパスワード設定後のユーザや DB 追加操作する時のコツ” の続きを読む

【Ansible】設定ファイルで一部書き換えには、patch コマンドのモジュールが使える

patch モジュールの使い方例

“【Ansible】設定ファイルで一部書き換えには、patch コマンドのモジュールが使える” の続きを読む

【Ansible2.3】when で変数を使用するときは jinja2 テンプレートデリミタの {{ }} を使用しないべきとの警告に対処

次のような警告が出るようになりました。

TASK [ruby-sw : Install Ruby via rbenv] ****************************************
 [WARNING]: when statements should not include jinja2 templating delimiters
such as {{ }} or {% %}. Found: "{{ ruby_version }}" not in
installed_ruby_versions.stdout

コードの修正

“【Ansible2.3】when で変数を使用するときは jinja2 テンプレートデリミタの {{ }} を使用しないべきとの警告に対処” の続きを読む

【Ansible】【Vagrant】CentOS 7 での rbenv を使った Ruby 環境構築するプレイブック作成メモ

を作るにあたって、今回も情報源や、勉強になったことなどをノートしていきます♪

“【Ansible】【Vagrant】CentOS 7 での rbenv を使った Ruby 環境構築するプレイブック作成メモ” の続きを読む

【Ansible】【Vagrant】CentOS 7 での PostgreSQL 9.6、phpPgAdmin 環境構築メモ

を作るにあたって、情報源や、勉強になったことなどをノートしていきます♪

“【Ansible】【Vagrant】CentOS 7 での PostgreSQL 9.6、phpPgAdmin 環境構築メモ” の続きを読む

【Ansible】【Vagrant】デバッグしながらプレイブックを作るときに使っているテクニック

まとめ

  • debug モジュールを使って状況を出力
  • Vagrantfile で Ansible の実行状況を詳しく出力
  • Vagrant の snapshot 機能を利用
  • Vagrant の provision 機能を利用

“【Ansible】【Vagrant】デバッグしながらプレイブックを作るときに使っているテクニック” の続きを読む

【Ansible】yum リポジトリや GPG キーのインストール方法の整理

ポイント

Ansible を使ったリポジトリのインストール方法とそれぞれの特徴。

  • プレイブックの files フォルダ等にリポジトリファイルを用意し、copy モジュールを使って配置する。
    • メリット: インストールが楽。
    • デメリット: アップデートには追従できない。
  • yum モジュールを使用してインストールする。
    • メリット: アップデートは楽
    • メリット: state: present に設定すれば、冪等性を保つことができる。
    • デメリット: yum で扱えるリポジトリが限られる。
    • デメリット: state: latest に設定する場合、インストールに yum モジュールを使用するが、インストール済みの場合にプレイブックを実行するとエラーとなる。
  • yum_repository モジュールを使用してインストールする。
    • リポジトリファイルの内容を把握し、設定を自分自身でプレイブックに書いていく必要がある。
    • デメリット: そのため記述量が多くなる。
    • メリット: 逆に、詳細なリポジトリ設定と制御と、詳細なプレイブックの管理が可能。

GPG キーのインストール方法とそれぞれの特徴。

  • プレイブックの files フォルダ等に GPG キーファイルを用意し、copy モジュールを使って配置する。
    • メリット: インストールが楽。
    • デメリット: アップデートには追従できない。
  • rpm_key モジュールを使用して GPG キーをインストールする。
  • yum_repository モジュールの gpgkey オプションにパスまたは URL を指定する。
    • デメリット: パスを指定する場合は、GPG キーファイルを別途用意する必要があり、そのために別途プレイブックのタスク記述が必要となる。

“【Ansible】yum リポジトリや GPG キーのインストール方法の整理” の続きを読む