Windows の Git Bash から Docker や Docker Compose をうまく動かすための .bashrc

ポイント

  • コマンドの前に winpty をつければ動くようになる。例えば、 winpty docker ... など。
  • winpty を毎回つけるのは手間なため、 .bashrc などに alias を定義すると便利

私の ~/.bashrc の記述

for name in docker docker-compose
do
  case "$(type -p "$name".exe 2>/dev/null)" in
  ''|/usr/bin/*) continue;;
  esac
  alias $name="winpty $name.exe"
done

コマンド解説

補足

.bashrc の記述は、 <Git installed Directory>/etc/profile.d/aliases.sh にある次の記述をそのままの形で使用しました。

# Some good standards, which are not used if the user
# creates his/her own .bashrc/.bash_profile

# --show-control-chars: help showing Korean or accented characters
alias ls='ls -F --color=auto --show-control-chars'
alias ll='ls -l'

case "$TERM" in
xterm*)
        # The following programs are known to require a Win32 Console
        # for interactive usage, therefore let's launch them through winpty
        # when run inside `mintty`.
        for name in node ipython php php5 psql python2.7
        do
                case "$(type -p "$name".exe 2>/dev/null)" in
                ''|/usr/bin/*) continue;;
                esac
                alias $name="winpty $name.exe"
        done
        ;;
esac

おわりに

以前次の投稿をしました。

今回は、これのまとめともいえる内容となったと思います。

自分で調べてやっとたどりついた答えは、実はすでに最初からそば (インストールした Git 自身) にあった、そんなお話でした。

ちょっとした物語を感じ、少し感慨深かったです。

以上です。

コメントを残す

コメントを残す