自分用の PowerShell コーディングスタイル

スポンサードリンク


まとめ

  • Windows PowerShell ISE のスタイルに従う
    • ツール > オプション、の、色とフォントタブの、サンプル
    • 右クリック > スニペットの開始 (Ctrl+J)

もうすこし具体的に

  • 改行コードは CRLF (\r\n, dos) とする。
  • 文字コードは utf-8 BOM付き、とする。
  • 括弧の { または } に 1 行使用する。
  • クラス名、プロパティ名、メソッド名はパスカルケース (先頭を大文字の単語から始め、文節ごとに大文字で始めた単語を連結) とする。
  • メソッドの引数、メソッド内の変数はキャメルケース (先頭を小文字の単語から始め、文節ごとに大文字で始めた単語を連結) とする。

Windows PowerShell ISE には無いが、こうしようと思ったもの

  • PowerShell スクリプトファイル名はスネークケース (先頭を小文字の単語から始め、文節を半角アンダースコアで連結) とする。

おわりに

を書いているとき、そういえば PowerShell のコーディングスタイル、規約はどんなだっけ?と調べてみたものの、これといったものが見つかりませんでした。

Windows 10 Pro に付属の Windows PowerShell ISE の機能を見てみましたら、お手本にできそうなことがいろいろと見つかりました♪

忘れないうちにまとめておいたのが、本投稿となります。

以上です。

コメントを残す