【Mac】本体の故障!?バッテリー持続時間が短いので Apple Hardware Test 診断を試しました。やり方などメモ♪

スポンサードリンク


バッテリーの持続時間が短く、60% 台になると突然電源が落ちてしまいます><。

OS X Yosemite バージョン 10.10.5 の問題かと思ったのですけれども、Boot Camp の Windows 10 でも同じ症状です。Boot Camp は Mac OS 上の仕組みなのかどうかは存じませんが、もしかしたらハードウェアで障害が起きているのかもしれません。

そこで、アップルストアに持ち込む前にハードウェアを診断してみました。今回はその方法と気がついたこと、結果を残しておきますわ♪

Apple Hardware Test ポイント

  • D を押しながら電源を入れることで Mac のハードウェア診断を実行できる。
  • Wi-Fi 接続を選択できた。SSID は都度入力する必要あり。
  • 診断は通常のテストと全テストの 2 種類を選択できる。

詳しい内容、診断の手順について

公式の次のページを見るのがよいと存じます。

ここで気になるのが、対象となる Mac が 2013 年 6 月以降に発売されたものであるかどうかです。発売時期により、実施されるテストの種類が異なるようですの。

  • 2013 年 6 月以降に発売された Mac → Apple Diagnostics
  • 2013 年 6 月より前に発売された Mac → Apple Hardware Test (AHT)

ただ、ハードウェア診断の手順自体はどちらのテストでも同じでしたわ。

自分の Mac の発売時期を調べる方法

  1. 上のメニューバーのアップルアイコン > この Mac について
  2. OS バージョンの下のハードウェア情報を確認

以上の手順で確かめられますわ♪簡単!

わたくしたちの Mac のバージョンは、「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2012)」ですので、Apple Hardware Test を実施することになりますわ♪

Apple Hardware Test の実施

  1. Mac 本体の電源を切る。
  2. D キーを押しながら電源を入れる。
  3. ネットワークを選択。Wi-Fi 選択
    Apple Hardware Test の実施。ネットワークを選択する。
  4. Wi-Fi の SSID の入力
  5. Apple Hardware Test が起動する。「主に日本語を使用する」を選択して「→」
    Apple Hardware Test の実施。日本語を選択
  6. 「全テストを実行します(より時間を要します)。」をチェックし、「テスト」
  7. 完了したら、「再起動」または「システム終了」で終了する。

トラブルと対処

次のようなトラブルに出くわしてしまいました><。
Apple Hardware Test 起動中のトラブル。-5010D

  • なにも進展しなくなり、電源を切るしかなくなった。
  • Apple Hardware Test 起動中に次のように表示された。

apple.com/support
-5010D

再度同じ手順を試みる対処で、Apple Hardware Test を行うことができました。毎回発生するわけではなく、ときどき発生するトラブルのようですの。

  • 電源を切り、再度 D キーを押しながら電源をいれて Apple Hardware Test を起動

テスト結果

  • 問題は発見されませんでした。
  • 総テスト時間: 36分 13秒

Apple Hardware Test 結果。問題なし。 Apple Hardware Test 結果。問題なし。

おわりに

問題なしの結果でしたけれども、バッテリー持続時間が短い問題はそのままです><。アップルストアに持ち込んだほうがよいのかしら。。。

以上です。

コメントを残す