【解決】Google Authenticator を有効にしたまま iPhone WordPress にログインする方法♪

スポンサードリンク


Google Authenticator を有効にしたまま iPhone アプリの WordPress にログインする方法♪

  1. WordPress 管理画面の、ユーザー > あなたのプロフィール
  2. Google Authenticator Settings の Enable App password にチェック、「Create new password」をクリック、表示されたパスワードをコピーして「プロフィールの更新
  3. iPhone の WordPress アプリの設定 > ブログを選択 > パスワードにコピーしたパスワードを貼り付け、保存

以上で、iPhone アプリの WordPress アプリに無事にログインできました♪

注意点を3つほど♪

なお、パスワードをコピーする際、4文字ごとに半角スペースが入りますけれども、取り除く必要はございませんでした。半角スペースが残ったままパスワードに貼り付けても、おそらく自動で取り除かれるのでしょう、無事にログインできましたの。

また、あなたのプロフィールページにも明記されますが、Enable App password のチェック部には警告が表示されておりますの。

Enabling an App password will decrease your overall login security.

簡単に訳しますと「アプリケーションパスワードを有効にすると全体的にログインセキュリティ強度が下がると思うよ!」です。

ここをどう捉えるか、ですわ。

実際に Enable App password のチェックを打ちますと、次のメッセージが現れます。

Password is not stored in cleartext, this is your only chance to see it.

これも簡単に訳しますと「パスワードは平文では保存されないの。だから今、まさにこの瞬間こそ!このパスワードを見られる唯一のチャンスだよ!」ですの。

ですから、アプリケーションパスワードを有効にすることによってログインできる方法が増え、それはその分セキュリティリスクが上がる、という警告はごもっともと存じます。

それで、わたくしたちはどうするか?ですけれども、Enable App password を有効にしたまま、しばらく過ごしてみようと思いますの♪

それでまた不都合が起き、その時の対処の面倒さ加減が有効にした時と無効にした時で変わらないようでしたら、無効にしてセキュリティ強度を上げればよい、そのように考えております。

おわりに

やっとわかりましたの♪

以前この方法で WordPress アプリにログインしましたけれども、この方法ですと面倒ですわ!オフにしている間はセキュリティ強度が下がりますし!うっかりオンにし忘れますと下がりっぱなしですし!余計にリスキーですの。

まだ今回のアプリケーションパスワードを有効にし、利用したほうがうっかりによるリスク上昇を抑えられてよいように感じます♪

以上です。

コメントを残す