入門!CakePHP2 の一番簡単なサンプルを試します♪

前提

  • CakePHP 2.1.3 導入済み。
  • ドキュメントルート/cake/sample/(ここにCakePHP が入ってます。app ディレクトリとか、.travis.yml ファイルとか。)

もっともシンプルな CakePHP のウェブアプリケーションと、CakePHP の MVC を利用したもっともシンプルなウェブアプリケーションを作ってみて、いくつか学びたいと思います。

もっともシンプルな CakePHP のウェブアプリケーション

webrroot に静的 HTML ファイルを置くだけ。なにが重要かというと、CakePHP のドキュメントルートがどこであるか、認識できるようになります!

cake/sample/app/webroot/index.html

<!DOCTYPE HTML>
<html lang="ja-JP">
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<title></title>
</head>
<body>
	<p>てすとですよ!</p>
</body>
</html>

http://localhost/cake/sample/index.html にアクセスします。http://localhost/cake/sample/ ではないですよ、注意。

localhostcakesampleindex.html - Google Chrome 20120703 235835.jpg

はい、これで CakePHP のドキュメントルートは app/webroot であることがわかりました。

簡単ですね。

CakePHP の MVC を利用したもっともシンプルなウェブアプリケーション

コントローラ1つあればいい♪ようです。

  • Model モデル DBアクセス ← 不要
  • View ビュー 表示 ← 不要
  • Controller 制御、ロジック ← 絶対必要!

やってみます。

cake/sample/app/Controller/HaskapController.php

<?php

class HaskapController extends AppController {

	// コントローラー名
	public $name = 'Haskap';
	// モデルを指定しない
	public $uses = null;
	// ビューを使わないように設定
	public $autoRender = false;

	public function index() {
		echo "こんにちはっ!ハスカップだよっ!";
	}
}

?>

http://localhost/cake/sample/haskap にアクセスします。

localhostcakesamplehaskap - Google Chrome 20120703 235819.jpg

おお、出ましたね!CakePHPの最大のルールは命名規則だそうで、次の4箇所を同じにしないといけないようです。しかも、ほぼ1文字目は大文字。

  • ファイル名 HaskapController.php の Haskap (ただし1文字目は大文字)
  • クラス名 HaskapController の Haskap (ただし1文字目は大文字)
  • $name の Haskap (ただし1文字目は大文字)
  • URL http://localhost/cake/sample/haskaphaskap

ちなみに、URL を http://localhost/cake/sample/Haskap  としても同じページにアクセスできました。ですが、URL に大文字小文字を混ぜて複雑にするのは面倒でよろしくないように感じますので、すべて小文字でよいと思います。

おわりに

勉強しています。ウェブでサンプル見つけて、とも思ったのですが、電波も電池もないところでも勉強したいので、本にしました。またいつか、本の感想について投稿できたらいいな、と思います。

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントを残す

コメントを残す