さくらます寿司475円

スポンサードリンク

IMG_7710.JPG

夏です!暑いです!夜になっても、いや、夜になったら結構涼しいです!そんな夜のホームで食べる半額弁当♪最高です!

今回は、こちら!

さくらます寿司!950円のところ、475円でのご提供です~!

“さくらます寿司475円” の続きを読む

CakePHP2 でログインページをたくさん作る方法を考えました!

◆2012年10月17日、追記。◆

CakePHP2 でログインページをたくさん作る方法再び♪ | oki2a24 にてまったく違う考え方でログインページをたくさん作る方法をメモしました。

この投稿が参考になった!!!とコメントを残してくだすった方がいらっしゃいましたので、ほかにもお求めの方がいらっしゃいましたら併せて閲覧いただき、何かの参考になればうれしく存じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウェブサービスを作っていると、たとえば先生用のログインページはログインフォームだけでよいけれど、生徒用のログインページでは「新規登録はこちら!」のリンクも付けたい、、、ということがあると思います

ただし、ログイン処理はすべて同じとしたいのです。

しばらく悩んだのですが、prefix ルーティングで実現できそうです。

ポイント

  • appConfig/core.php の Routing.prefixes を修正して設定します。
    例:array(‘admins’, ‘editors’, ‘authors’)
  • コントローラーのアクション名で prefix ルーティングを使用することを知らせます。
    書き方は、ルーティング名 + アンダースコア + アクション名
    例:admins_login、editors_login、authors_login
  • ビューは、prefix ルーティング用に作成したアクションに対応するように作成します。
    例:admins_login.ctp、editors_login.ctp、authors_login.ctp

“CakePHP2 でログインページをたくさん作る方法を考えました!” の続きを読む


スポンサードリンク

ポイント3つ!phpDocumentor を Pleiades All in One 日本語ディストリビューションで使うための設定!!!

Pleiades All in One 日本語ディストリビューションで phpDocumentor を使うためのポイント3つ。

  • コマンドプロンプトを管理者特権で実行します(Windows7)。
  • phpDocumentor を一度アンインストールしてから再度インストールします。
  • php.ini の読み込むライブラリ(Dynamic Extensions)に php_xsl.dll を追加します。

“ポイント3つ!phpDocumentor を Pleiades All in One 日本語ディストリビューションで使うための設定!!!” の続きを読む

CakePHP2 認証、Auth コンポーネントのサンプルを世界一シンプルを目指して作ります。

2014年10月11日追記

再び勉強してみましたの♪今度は bake を使用してもっと楽にサンプルを作成することができましたわ♪

★認証のお勉強内容

ログインしないとページにアクセスできないようにする、認証機能を勉強します。同時に、認証が不要なページを設ける方法も確かめます。できるだけシンプルな構造でいきます!

では、次のような認証前後でアクセスできるできないページ、を作成してみます。ログイン用のユーザは、1人だけ作ります。

URL はこんな感じです。

  • ログインページ
    • http://localhost/cakesample3/users/login
  • ログイン前後でアクセスできたりできなくなったりするページ
    • http://localhost/cakesample3/apples
    • http://localhost/cakesample3/beets
    • http://localhost/cakesample3/cherries

今回のサンプルを動かすと、ログイン前後でどのページにアクセスできて、どのページにアクセスできないのかをまとめた表です。

ページ ログイン前にアクセスできる ログイン後にアクセスできる
apples ×
beets ×
cherries

“CakePHP2 認証、Auth コンポーネントのサンプルを世界一シンプルを目指して作ります。” の続きを読む

CakePHP2 で Model::saveAssociated を使って1回で複数のテーブルにデータを保存します♪

CakePHP2 を勉強してきて、1つのテーブルにデータを入れるには Model::save を使えばよいし、やってみた記録を残してくださっている方々のページも見つかって心強いのです。

けれどもじゃあ、表示したページのフォームにいろいろデータを入力して、登録!とかクリックしまして処理を走らせたときに、2つのテーブルに1度に綺麗にスマートにデータベースに Insert する方法は、意外と見つかりません。

ですので、やってみました。記録を残します。

ポイント

  • アソシエーション設定済みの複数モデルのテーブルに1度にデータを保存するには、Model::saveAssociated を使う。
  • ちなみに、Model::saveMany はひとつのモデルに複数行を登録するときに使う、らしい(未検証)。
  • ちなみに、Model::saveAll は Model::saveMany または、Model::saveAssociated が実行される。慣れないうちは明確に saveMany、saveAssociated を使い分けたほうが無難かも。

“CakePHP2 で Model::saveAssociated を使って1回で複数のテーブルにデータを保存します♪” の続きを読む

CakePHP2 を Eclipse で開発するまでのセットアップ手順をメモします♪

今更なのですが、わたくしが Eclipse (使っているのは Pleiades All in One 日本語ディストリビューション)で CakePHP の調べ物をしたりするときに、お手軽にセットアップしている方法をメモしておきます。

“CakePHP2 を Eclipse で開発するまでのセットアップ手順をメモします♪” の続きを読む

Eclipse で CakePHP2 のビューの .ctp ファイルを扱うときのちょっとしたコツメモ

設定 20120725 230642.jpg

ビューファイル(*.ctp)を PHP ファイルと同等に開くための Eclipse 設定方法

  1. ウィンドウ(W) > 設定(P)
  2. 一般 > コンテンツ・タイプ
  3. テキスト > PHP コンテンツ・タイプ
  4. 追加
  5. 「*.ctp」 > コンテンツ・タイプの関連付けを追加のOK
  6. 設定のOK

“Eclipse で CakePHP2 のビューの .ctp ファイルを扱うときのちょっとしたコツメモ” の続きを読む

コマンドプロンプトで一時的にパス path を通します。

普段だったら、コンピューターのプロパティからシステムのプロパティを表示し、環境変数のシステム環境変数の path から設定する「パス」をコマンドプロンプトから設定します。

なお、今回の設定はコマンドプロンプトを閉じると無効になります

コマンドプロンプトで一時的にパスを通す方法

  • 現在のパスの確認方法 path
  • パスを通す方法 set path=%path%;C:\pleiades\xampp\php
    「;」が必要かどうか、事前に現在のパスを確認すること

“コマンドプロンプトで一時的にパス path を通します。” の続きを読む

CakePHP2 で掲示板アプリ作り!不満をメモに残します!勉強しました!

CakePHP のアソシエーション!モデルを連携させて複数テーブルからデータを取得する勉強します! | oki2a24 の続きの投稿となります。

本を参考に、掲示板アプリを勉強しました。ただ、こう変えたほうがいいかもしれない、という点がいくつかありましたので、メモして残しておきます。

ポイント

  • 引数が必要だったり入らなかったりするアクションの場合、関数の定義で引数を書きますけれども引数がなかった場合に備えて null などを設定します。そうしないと、エラーが出ます。
    たとえば、public function edit($param = NULL) などとします。
  • FormHelperHtmlHelper をきちんと使いたい。直にタグを書いてごり押さないようにしたいです。

“CakePHP2 で掲示板アプリ作り!不満をメモに残します!勉強しました!” の続きを読む

時不知の手まり寿司490円

IMG_7684.JPG

半額でも490円!定価980円の高級お弁当です!写真がへたっぴですけれども、おいしかったです!

“時不知の手まり寿司490円” の続きを読む