WordPress の自作子テーマを GitHub にホスティングする記録

スポンサードリンク


概要

今まで作成した WordPress 子テーマを使ってきました。それらは WordPress を運用しているサーバに置いてあります。

このままではサーバに障害が起きて、なにかの拍子に消えてしまいます。別構いませんけれども、せっかくなので保存しておきたいのです。

そこで、GitHub にホスティングしました。

今回はその記録です。

ライセンス

WordPress 本体と同じ、次としました。

  • GPLv2。正式名称は GNU General Public License, version 2

以下、参考ページです。

準備など

  • WordPress をホスティングしているサーバで作業する。
  • yum install git で git をインストールしておく。
  • git に ユーザ名とメールアドレスと登録しておく。
git config --global user.email oki2a24@gmail.com
git config --global user.name oki2a24

作成済み WordPress テーマを GitHub へホスティングする手順

次のテーマを例として進めます。

  • テーマ名: oki2a24.com, Twenty Sixteen Child
  • テーマのディレクトリ: oki2a24com-twentysixteen-child
  1. GitHub で GPL ライセンスでリポジトリを作成する。
  2. WordPress サーバへ SSH ログインし、子テーマのディレクトリへ移動する。
  3. 次のコマンドで WordPress サーバの作成済み子テーマと GitHub のリポジトリをつなぐ。
    git init
    git remote add origin https://github.com/oki2a24/oki2a24com-twentysixteen-child.git
    git fetch
    git checkout master
    
  4. スクリーンショットがある場合は README.md を編集する。
  5. 次のコマンドでコミットする
    git add -A
    git status
    git commit
    
  6. 次のコマンドで、GitHub へ反映する。
    git push origin master
    

おわりに

Twenty Seventeen の子テーマから、WordPress サーバで直接 Git を使いながら GitHub へホストし、子テーマを作成していました。

GitHub での公開をリリースととらえるならば、開発とリリースが同時にできるのはとてもおもしろい体験でした。

今回は、そうしてこなかった今までのテーマを GitHub へホストするという記録です。別のサーバへ引っ越し、そこで子テーマを作成する際、今回の記録が役に立つことでしょう。

以上です。

コメントを残す