中国料理 布袋 赤れんがテラス店

スポンサードリンク


IMG_2563.jpg

札幌市中央区南1条西9丁目にザンギと麻婆麺で有名な中華料理屋さん「布袋」があります。

この度、赤れんが庁舎出たところにある赤レンガテラス(札幌市中央区北2条西4丁目)の3階、フードコートにもできたとのことで、行ってきましたわ♪

まとめ

  • 25人程並んでいたが15分位で注文できた。
  • 混んでいたが、1人2人ならすぐに席が確保できた。
  • 大通りにある「布袋」と同じ迫力のザンギが食べられる!
  • ザンギは550円で5個テイクアウトもできる♪(2014年12月13日追記)

11:45、レジに並びます。

IMG_2555.jpg

フードコートですのでお会計は食べる前でしたの。お昼近くでしたので、すでに25人くらい並んでおりました。

IMG_2556.jpg

12:00、もうすぐ注文。あと2人終われば自分の注文の番。お腹すいた!

12:07、ザンギ6個の Aランチを注文♪

Aランチ(ザンギ6ヶ)は ¥890ですの。注文したのは12:07。Edy支払いもできましたの。

ワンタッチコール受信機を渡され、出来上がったら呼び出されるシステム。その間に席を確保しました。

12:11、呼出しがかかり、ランチを取りに行きます!

IMG_2561.jpg

5分くらいで料理ができたとのこと、ポケベルが鳴りました。取りに行く間に席が取られてしまってはご飯が食べられませんので、レシート、セルフのお水で席取りアピールです。。

ご飯を受け取る場所にザンギのタレが置いてありましたが、最初からランチの皿にもついていたので使いませんでした。足りなくなったら取りに来ましょうね。(最後まで取りに行く必要はありませんでした)

IMG_2564.jpg

いただきます!

ハフハフ熱くて美味い。といいますか、熱くてザンギの味がわかりません><。でも大きくて、見ただけで食欲が刺激されるのは相変わらずですの♪

他のおかずも食べてみます。

付け合せのエビは冷めきっていて、ザンギと対照的です。そのせいか美味しさが感じられず、残念さが際立つように思いました。

奥の和え物(写真右下)は、なにかしら?白い麺のような謎の食材ですの。乾物?アッサリとしていて箸休めにいいですわね。

冷めてくるとザンギの味がわかるようになります。ザンギと言いつつ、ほとんど味付けされておりません。布袋のザンギは薄い塩味を感じる程度ですの。これはこれで好き♪そして合間にザンギのタレをつけていただくのです。美味しい。

ただ、はっきり申しまして6個も食べると口の中が脂っこくなって辛いですわ><。でも辛くなってきたここで酸っぱいザンギのタレが大活躍!くどくなってもさらに食べる、全く、飽食の時代であることですわね。

また、いくら最初熱々とはいえ6個もあるため最後は冷たくなるかと思いましたけれども、大きいからでしょう、ザンギは最後まで温かかったですわ。

最後に少し残しておいた味噌汁で口のすすいでごちそうさま。中華スープでなく、味噌汁というのも布袋らしさ、と思いますの。

12:37、ごちそうさまでした。

IMG_2565.jpg

ザンギを箸でつまんで笑顔な布袋さまが迫ってくる手拭きで綺麗にして、帰りましょう。

12:44、下膳して帰ります。

食器はレジ向かって左奥に下げる場所がございました。スタッフさんが受け取ってくれたので、ごちそうさまと伝えて去りました。

なおこの時間でも、まだ18人並んでおりました。他の店とは違いましたの。人気店!

おわりに

お腹いっぱいになりました。毎日毎日は少し辛いですけれども、1ヶ月に一度程のペースでしたら、行きたいですわ♪

布袋のザンギは一般的なザンギとは少し違うように感じますけれども、札幌を代表するザンギと思いますの。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です