【Git】difftool を複数設定する方法

スポンサードリンク

経緯

WinMerge はフォルダを指定して一度に再帰的に比較ができ、便利ですの♪

けれども、再帰的な比較はできないながら、インデントのみの変更は差分としない Visual Studio Code の diff をしばらくメインに使用したいですの。

git difftool でどちらも使用できましたら嬉しいですわ!

今回、これを実現できましたので、ノートいたします!

なお、環境は次となります。

  • Visual Studio Code: 1.9.1
  • WinMerge: 2.14.0.121+jp-121

“【Git】difftool を複数設定する方法”の続きを読む

【TortoiseSVN】自分の環境でだけ無視したいフォルダ、ファイルを設定する手順

目的

  • ローカルで Subversion に無視させたいバージョン管理外のファイルを、コミットダイアログなどで表示されないようにする。
  • とにかく特定のフォルダ、ファイルを Subversion のバージョン管理に含めたくない。

設定方法

Subversion の設定ファイルに記述を追加します。
“【TortoiseSVN】自分の環境でだけ無視したいフォルダ、ファイルを設定する手順”の続きを読む


スポンサードリンク

【Git】ブランチ分岐元から現在までの変更点を確認する git diff の指定方法

ポイントとコマンド

  • トリプルドットで「現在いるブランチの最新コミット」と「指定した二つのブランチの共通の先祖」とを比較

“【Git】ブランチ分岐元から現在までの変更点を確認する git diff の指定方法”の続きを読む

【Git】Windows でエディタを GVim を設定する手順

前提

GVim は次の場所にインストールしているといたします。

  • C/Users/username/AppData/Local/vim/gvim.exe

Git エディタ変更手順

“【Git】Windows でエディタを GVim を設定する手順”の続きを読む

【WordPress】Twenty Seventeen の子テーマ作り記録♪

去年の、【WordPress】TwentySixteen の子テーマ作り記録♪ – oki2a24 と同様、WordPress の公式テーマ TwentySeventeen をベースとした子テーマを作り、切り替えました♪

その内容を、ノートいたします!

“【WordPress】Twenty Seventeen の子テーマ作り記録♪”の続きを読む

【Git】cherry pick を理解する。そして各コミットを別々のブランチに振り分ける実践例

やりたいこと

  • ブランチ A のいくつかのコミットを、ブランチ B、ブランチ C に分けたい。
  • 具体的に言うと、ブランチ A に含まれるコミット A1 をブランチ B に、ブランチ A に含まれるコミット A2 をブランチ C に分けたい。
  • 誤解語弊を恐れず直感的にに言えば、マージの逆の操作をしたい。

cherry pick コマンドと使い方まとめ

# commit1、commit2、commit3 があるとする。
# commit3 を適用したい (commit2 から commit3 の変更を取り込みたい)
git cherry-pick commit3

# 次に紹介する使い方をよりよく理解するために。
# git cherry-pick commit3 は始点と終点のうち、始点を省略した形となる。
# commit3 の適用は、次のコマンドでも全く同じ結果となる。
git cherry-pick commit2..commit3

# コミット範囲を複数して cherry pick する時
# git cherry-pick <古いコミット>..<新しいコミット>
# commit2 および commit3 を適用したい。
# (commit1 から commit2 および commit2 から commit3 の変更を取り込みたい)
git cherry-pick commit2..commit3

具体的に、実践

$ # やりたいこと
$ # import-another ブランチに e34b043 コミットを適用したい
$ # testing ブランチに f72bf5b と 0e27219 コミットを適用したい
$
$ # 作業前の状態を確認
$ git log --all --decorate --graph --online
* 0e27219 (origin/feature11) デフォルト表示を変更
* f72bf5b test 画面の追加
* e34b043 インポート機能追加 問い合わせのため未完成
* 38fe6f1 (HEAD -> master, import-another, testing) feature10 リリース
... 略 ...
$ # これより、作業開始!
$
$
$
$ # import-another ブランチに e34b043 コミットを適用したい
$ # 適用したいブランチ import-another にチェックアウト
$ git checkout import-another
Switched to branch 'import-another'
$ # cherry pick で 38fe6f1 から e34b043 の差分を適用
$ git cherry-pick e34b043
[import-another 806b3c9] インポート機能追加 問い合わせのため未完成
Author user1 <user1@example.com>
Date: Wed Dec 7 19:39:00 2016 +0900
7 files changed, 1477 insertions(+)
create mode 100644 application/controllers/imp.php
... 略 ...
$ # 適用を確認し、OK!
$ git log --all --decorate --graph --online
* 806b3c9 (HEAD -> import-another) インポート機能追加 問い合わせのため未完成
| * 0e27219 (origin/feature11) デフォルト表示を変更
| * f72bf5b test 画面の追加
| * e34b043 インポート機能追加 問い合わせのため未完成
|/
* 38fe6f1 (master, testing) feature10 リリース
... 略 ...
$
$
$
$ # testing ブランチに f72bf5b と 0e27219 コミットを適用したい
$ # 適用したいブランチ testing にチェックアウト
$ git checkout testing
Switched to 'testing'
$ # cherry pick で e34b043 から f72bf5b および f72bf5b から 0e27219 の差分を適用
$ # git cherry-pick <古いコミット>..<新しいコミット> を使用するが、
$ # 次は誤り: git cherry-pick f72bf5b..0e27219
$ # 次が正しい: git cherry-pick e34b043..0e27219
$ git cherry-pick e34b043..0e27219
[testing dacd843] test 画面の追加
Author user1 <user1@example.com>
Date: Wed Dec 7 20:39:00 2016 +0900
11 files changed, 75 insertions(+), 5 deletions(-)
[testing 545fda4] デフォルト表示を変更
Author user1 <user1@example.com>
Date: Wed Dec 8 18:39:00 2016 +0900
5 files changed, 14 insertions(+), 14 deletions(-)
$ # 適用を確認し、OK!
$ git log --all --decorate --graph --online
* 545fda4 (HEAD -> testing) デフォルト表示を変更
* dacd843 test 画面の追加
| * 806b3c9 (import-another) インポート機能追加 問い合わせのため未完成
|/
| * 0e27219 (origin/feature11) デフォルト表示を変更
| * f72bf5b test 画面の追加
| * e34b043 インポート機能追加 問い合わせのため未完成
|/
* 38fe6f1 (master, testing) feature10 リリース
... 略 ...

おわりに

次のページが参考になりました。ありがとう存じます!

以上です。

CentOS 5 に Git をインストールしたときのバージョンは 1.8.2.3-1.el5

環境

  • CentOS release 5.11 (Final)

CentOS 5 への Git インストールコマンド

yum --enablerepo=epel install git

EPEL リポジトリを指定しませんと、簡単気軽にはインストールできませんの><。

“CentOS 5 に Git をインストールしたときのバージョンは 1.8.2.3-1.el5″の続きを読む

【Git Bash】Windows でもっと簡単にファイルを tail -f する方法

コマンド

tail /c/Path/To/logFile.log | iconv -c -f SJIS

“【Git Bash】Windows でもっと簡単にファイルを tail -f する方法”の続きを読む

【Mac】Homebrew インストールの Git でタブ補完、ブランチ表示をする設定

環境

Homebrew でインストールした Git ですの。

$ brew info git
git: stable 2.10.1 (bottled), HEAD
... 略 ...

Git のタブ補完、ブランチ表示する設定コマンド

# Git のタブ補完、ブランチ表示する設定を追記
cat >> ~/.bashrc <<'EOF'
# ターミナルでタブ補完を有効
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-prompt.sh
source /usr/local/etc/bash_completion.d/git-completion.bash
# ターミナルにブランチ名を表示
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
export PS1='\h\[\033[00m\]:\W\[\033[31m\]$(__git_ps1 [%s])\[\033[00m\]\$ '
EOF

# 反映
source ~/.bashrc

“【Mac】Homebrew インストールの Git でタブ補完、ブランチ表示をする設定”の続きを読む

【Git】bare リポジトリで無いならば、push を受け入れないことを知りました

ポイント

“【Git】bare リポジトリで無いならば、push を受け入れないことを知りました”の続きを読む