Google Adsense 違反になりそうですので修正いたしましたの♪

スポンサードリンク

ネット徘徊、ネットお散歩しておりましたら次のページが目に止まりました。

Google Adsense からの引用をわたくしが引用で孫引きですけれども、次がポイントです。

たとえば、スクロールしなければ見えない位置にコンテンツが押しやられ、コンテンツと Google 広告が区別しにくくなるレイアウト

これが、いけませんの。でも、本当でしょうか?ヘルプを見て確かめてみます。

確かに、ダメですわね。ではわたくしたちのブログはいかがでしょうか?

IMG_9716-2.png

はい、アウトですわね。直していきましょう。

  • 投稿最初の広告は小さめに。閲覧者が投稿を見やすくなるようにすることが大事。
  • 投稿最後の広告は変化させない。読み終わってから表示されるから、閲覧者の利便性を損なっていないはず、と考える。
  • WordPress プラグイン、Quick Adsense の設定を修正する。

WordPress プラグイン、Quick Adsense の設定内容変更

WordPress 管理画面で、設定 > Quick Adsense Setting と進みます。

Options ブロック、は変更いたしません。

Adsense Codes ブロックの Ads on Post Body : 部分を変更していきます。

Ads1 : を次のように変更しました。お断りですが、「XXXXXXXXXXXXXXXX」と「YYYYYYYYYY」はダミーです。

そしてポイントですけれども、最後に <hr> タグを追加しております。広告スペースであり、投稿とは区別して認識する部分であることの強調です。

変更前です。300× 250 – レクタングル(中)の広告でした。

<script type="text/javascript"><!--
google_ad_client = "ca-pub-XXXXXXXXXXXXXXXX";
/* 300× 250 - レクタングル(中) */
google_ad_slot = "YYYYYYYYYY";
google_ad_width = 300;
google_ad_height = 250;
//-->
</script>
<script type="text/javascript"
src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>
<hr>

変更後です。

レスポンシブ広告の場合、次のページにもありますけれども、広告サイズを調整する必要がございます。

広告サイズは 1 ヵ所だけ変更しました。最初の .my_adslot { width: 290px; height: 50px; } ですが、変更前は .my_adslot { width: 320px; height: 50px; } でございました。

この変更した部分は、スマホで表示した時の横幅です。短くして、全体が表示されるようにいたしました。

他の 2 つは変更しておりません。実は投稿からはみ出してしまい、大変ダサいのですけれども、短くすると広告の背景部分が露出してしまい、これまたダサいですので、同じダサいでしたら広告が大きく表示される最初の方を採用いたしました。

<style>
.my_adslot { width: 290px; height: 50px; }
@media(min-width: 500px) { .my_adslot { width: 468px; height: 60px; } }
@media(min-width: 800px) { .my_adslot { width: 728px; height: 90px; } }
</style>
<script async src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- レスポンシブ -->
<ins class="adsbygoogle my_adslot"
     style="display:inline-block"
     data-ad-client="ca-pub-XXXXXXXXXXXXXXXX"
     data-ad-slot="YYYYYYYYYY"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
<hr>

これで、どうでしょうか?

IMG_9718.png

よさそうですわね。

Google Adsense での広告コードの入手方法

広告コードを新しく作ったわけですけれども、久々ですので忘れてしまいました><。ですのでこれもメモしておきます。

  1. 上部メニュー「広告の設定」 > 左メニュー「広告ユニット」
  2. 新しい広告ユニットの作成
  3. 次を設定した
    • 名前 → レスポンシブ
    • 広告サイズ → レスポンシブ広告ユニット(ベータ版)
    • 広告タイプ → テキスト広告とディスプレイ広告
    • 代替広告 → 空白スペースを表示
    • カスタムチャネル → 特に何もしない
    • 広告のスタイル(AdWords 広告のみ) → 広告スタイルを選択
  4. 「保存してコードを取得」をクリック

おわりに

WordPress プラグイン、Quick Adsense については以前次の投稿をいたしました。

今回はその続きの位置づけとなりますわね。また、今回対応いたしましたのは、以前 Google Adsense を BAN された経験からですの。

それにいたしましても、今回の変更はお散歩で拝見しましたページに大きな感謝でございます。わたくし自身、スマホで自身の投稿を見ていた時に、うっとおしさを感じておりました。

広告が、大きすぎる、と。

Google もそれを問題視しており、規制をかけ、それに対応いたしておりました次のページにありがとう存じます。やっぱり、読みやすいのが一番ですの。広告は、オマケですわ♪

そういえば、だいぶん前のお話となりますけれども、次のページでも広告サイズを利用して、広告費を稼ぐ手法が紹介されておりました。大変みみっちく、わたくしたちのブログもそのようでありましたね。

もっとも、ページ下部の広告には手を加えておりませんので、みみっちいままともいえますけれども♪

以上です。


スポンサードリンク

“Google Adsense 違反になりそうですので修正いたしましたの♪” への1件の返信

コメントを残す