tmux のプラグインを導入したので使いこなすために覚えておきたいことをチートシート的にメモ

スポンサードリンク


導入したプラグイン一覧

  • tmux-plugins/tpm
  • tmux-plugins/tmux-sensible
  • tmux-plugins/tmux-yank
  • tmux-plugins/tmux-resurrect
  • tmux-plugins/tmux-continuum
  • tmux-plugins/tmux-cpu

tmux-plugins/tpm

  • tmux-plugins/tpm: Tmux Plugin Manager
  • tmux のプラグインマネージャー。
  • 初回導入後は、 tmux source ~/.tmux.conf でファイルをリロードし、 tpm を有効にする。
  • prefix + I (大文字 i 、 Install の i) で ~/.tmux.conf をリロードし、記述した新しいプラグインをインストールする。
  • prefix + U で、プラグインをアップデートする。
  • prefix + alt (mac では option ⌥) + u (小文字 u 、 uninstall の u) で ~/.tmux.conf から記述を削除したプラグインをアンインストールする。

tmux-plugins/tmux-sensible

  • tmux-plugins/tmux-sensible: basic tmux settings everyone can agree on

  • 全てのユーザーにおすすめできる設定を行うプラグイン。

  • 自分の書いた設定がこのプラグインよりも優先される。

  • tmux-sensible により設定されるオプション一覧

  • bind C-p previous-window, bind C-n next-window, ということなのだが、よくわからない。前のウインドウへ移動: prefix + p = Ctrl-p 、後ろのウインドウへ移動: prefix + n = Ctrl-n 、とするのだと思うのだが、やってみても予想通りに動かない。該当部分の解説を読むと、これは思い違いだろうと思いいたるのだが、それでも書いてある通りにしても、ウインドウの移動がよくわからない。

    Above bindings enhance the default prefix + p and prefix + n bindings by allowing you to hold Ctrl and repeat a + p/a + n (if your prefix is C-a), which is a lot quicker.

    Ctrl キーを押しながら a + p / a + n (あなたの prefix が C-a の場合) を繰り返すことを可能にすることでデフォルトの prefix を強化する。

  • prefix + R: ~/.tmux.conf をリロードする。

  • prefix + b (b は動的。 prefix するために Ctrl の次に押すキーが該当する。デフォルトでは b): 今いる直前にいたウインドウへ移動

tmux-plugins/tmux-yank

tmux-plugins/tmux-resurrect

tmux-plugins/tmux-continuum

tmux-plugins/tmux-cpu

おまけ。現在の ~/.tmux.conf

# マウス操作を有効にする
set-option -g mouse on

# コピーモードのキーバインドはvi
set-window-option -g mode-keys vi

# カレントディレクトリを引き継いで、新しいウインドウ作成
bind c new-window -c '#{pane_current_path}'
# カレントディレクトリを引き継いで、ペインを左右に分割
bind % split-window -h -c '#{pane_current_path}'
# カレントディレクトリを引き継いで、ペインを上下に分割
bind '"' split-window -v -c '#{pane_current_path}'

## WSL でコピー時、マウスドラッグ時にクリップボードにもコピー
#if-shell "uname -a | grep Microsoft" '\
#  bind-key -T copy-mode-vi y send-keys -X copy-pipe-and-cancel "clip.exe"; \
#  bind-key -T copy-mode-vi Enter send-keys -X copy-pipe-and-cancel "clip.exe"; \
#  bind-key -T copy-mode-vi MouseDragEnd1Pane send-keys -X copy-pipe-and-cancel "clip.exe"\
#'

# List of plugins
set -g @plugin 'tmux-plugins/tpm'
set -g @plugin 'tmux-plugins/tmux-continuum'
set -g @plugin 'tmux-plugins/tmux-cpu'
set -g status-right '#{cpu_bg_color} CPU: #{cpu_icon} #{cpu_percentage} | %h/%d(%a) %H:%M '
set -g @plugin 'tmux-plugins/tmux-resurrect'
set -g @plugin 'tmux-plugins/tmux-sensible'
set -g @plugin 'tmux-plugins/tmux-yank'

# Other examples:
# set -g @plugin 'github_username/plugin_name'
# set -g @plugin 'git@github.com/user/plugin'
# set -g @plugin 'git@bitbucket.com/user/plugin'

# Initialize TMUX plugin manager (keep this line at the very bottom of tmux.conf)
if-shell "[[ -d ~/.tmux/plugins/tpm ]]" '\
  run -b "~/.tmux/plugins/tpm/tpm" \
'

おわりに

tmux-yank を入れれば以前行った設定を楽してできる!と思って調べ始めてふと気がつくと、あれもこれも入れてしまいました♪

一度にたくさん入れましたので、覚えておきたいことをノートいたしました。

以上です。

コメントを残す

コメントを残す