【Git BASH】.bashrc を新規作成すると警告とともに .bash_profile が作成されたので調べました。

スポンサードリンク


Git BASH で .bashrc を新規作成すると次の警告

【Windows】Git BASH のカラーテーマを Solarized にするメモ – oki2a24 にて、次のように設定を .bashrc に書き出すようにしました。

.bashrc はまだ存在していなかったため、新規ファイルとして作成されました。

cat << 'EOF' >> ~/.bashrc
source $LOCALAPPDATA/mintty-colors-solarized/sol.dark
eval `dircolors $LOCALAPPDATA/dircolors-solarized/dircolors.ansi-dark`
EOF

そして、Git BASH を再度起動すると、次のメッセージが出力されているではありませんか!

WARNING: Found ~/.bashrc but no ~/.bash_profile, ~/.bash_login or ~/.profile.

This looks like an incorrect setup.
A ~/.bash_profile that loads ~/.bashrc will be created for you.

警告の内容

~/.bash_profile、 ~/.bash_login または ~/.profile が見つからないので、~/.bashrc を読み込む ~/.bash_profile を作っておいたよ!

といった内容のようです。

~/.bash_profile に書かれている内容

では、と思って ~/.bash_profile を見ますと次のようになっていました。

# generated by Git for Windows
test -f ~/.profile && . ~/.profile
test -f ~/.bashrc && . ~/.bashrc

どうやら、~/.bash_profile は ~/.profile と ~/.bashrc を読み込んでいるようです。

~/.bash_profil と ~/.bashrc のどちらに書くべきかを考えた

では、今回の設定は ~/.bash_profil と ~/.bashrc のどちらに書くべきでしょうか?

.bash_profile ? .bashrc ? いろいろあるけどこいつらなにもの? – Qiita を見ますと次のようにあります。

~/.bash_profile
ログイン時に一度設定すればいいもの

~/.bashrc
bashを起動するたびに設定する必要のあるもの

自信はないのですが、Git BASH の場合、Git BASH を起動することがログインでしょうか。そして、Git BASH 上で bash コマンドを実行することが、bash の起動でしょうか。

どちらにせよ、Git BASH の場合は ~/.bashrc に書けば両方のケースに対応できるためこちらに書けば良さそうです。

なお、Git BASH は ~/.bashrc 作成時点で ~/.bash_profile が無ければ作成し、自動的に ~/.bashrc を読み込むようにしてくれている、という点には注意すべき でしょうね♪

ちなみに

mavnn/mintty-colors-solarized には、.bashrc を編集してね、とありました。

おわりに

次のページが参考になりました。ありがとう存じます!

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です