いままでiTunesを使ったことがない人のiPhoneのiOSを4から5にアップデートしました

頼まれました。パソコンにiTunesは入っていました。ただし、これでiPhoneを管理しているわけではなく、ただ入っている、という状況。どうしたらいいかわからない、下手に操作して連絡帳のデータが消えたらいや、というのが頼んだ動機のようです。そのお気持ち、非常によくわかります。iPhoneはすっごく面白いけど、それよりも電話に入っている連絡先のほうが重要ですものね。願いに答えるべく、では早速やってみた記録をつけていきます。

まずはバックアップをとります。

iTunesを立ち上げて、iPhoneをパソコンにUSB接続します。左メニューのデバイスのiPhoneのところで右クリックし、バックアップを選択します。これは、失敗しても良いようにアップデート前のiPhoneをまるまるバックアップです。次のページが参考になりました、さすが本家。

左メニューのデバイスのiPhoneを再び右クリックして「購入した項目を転送」をクリックします。、そうするとiPhoneから購入した項目をパソコンに転送します。

この調子でどんどんiPhoneの状態をパソコンに反映していって、ゆくゆくは作業しているパソコンで日々同期を取れるようにしていこうと思っていました、このときは。さて、続けます。デバイスでiPhoneを選択、上部メニューのAppを選択します。Appを同期にチェックし、右下の適用をクリック、次に同期をクリックします。

ここで問題発生です!!!!!

iPhoneのアプリが消えたり順番が変わって最後のページに移動したり( ゚д.∵:・..ヒデブ!!しかしあわてない、こんなことではあわてない。すかさずバックアップから復元を行い、元に戻そうと試みます。。。あれ!あわわ。パソコンにつなぐ前と微妙に異なる(。-_-。)。あわわ。

iOSを4から5にアップデートします。

とタイトルを掲げつつ、いきなり諦めてます。ちょっと休憩して、打開策がないか、ぐぐってみます。SoftBankのページを見つけました。

これが予想以上に秀逸で、下手なブログを参考にするより良さそうです。こっちに従ってやってみます。

・・・9番までの手順を実施しております。しばらくお待ちください・・・

終わった!と思ったら、iPhone側でいろいろ設定してくださいと注文されました・・・

  1. まずはアップルのIDとパスワード。
  2. 次はiCloudです、iCloudは使うを選択しました。
  3. バックアップは?PCを選択し、Wi-Fiは使わないを選びました。
  4. 最後に、アップルに情報 を、送らないを選択!

完了しました!最低限の確認として、連絡先をチェックします。OK!アップデート前と変わらず。ほっとしました。これで電話は今までどおり使えます。

次にメッセージアプリの設定をします。設定 > メッセージと進みます。次の設定でメールも使えるようになりました。

  • iMessegeをオンにします。
  • SMSで送信をオンに。
  • 受信用宛先をiPhoneの電話番号に設定(国際電話バージョン)に。
  • MMSメッセージ、件名欄表示、文字数をいずれもオンにします。
  • MMSメールアドレスに前から使っているソフトバンクのアドレスを設定します。

これでおしまい。ようこそ!よきiPhoneライフを!!!!!

コメントを残す

コメントを残す