【Mac】Homebrew での Vim インストール、アンインストール、使用開始設定の手順メモ

スポンサードリンク

Homebrew での Vim インストールでのポイント

  • インストール後、ターミナルの再起動で使用できるようになる(または新しいタブで作業開始しても反映される)
  • 事前準備として Homebrew をアップデートしなくても、自動的に Auto-updated Homebrew! が実行された。
# 準備
brew update

# Homebrew を使った Vim インストール
# ターミナル再起動または新規タブでの利用でも反映される。
brew install vim

# パス設定を確認
which vim
# バージョン確認
vim --version

# Homebrew の Vim アンインストール
brew uninstall vim

“【Mac】Homebrew での Vim インストール、アンインストール、使用開始設定の手順メモ” の続きを読む

【Mac】【Homebrew】Python 3 をインストールする手順【かなり試行錯誤した】

ポイント

  • デフォルトで Mac にインストールされる Python と Homebrew でインストールする Python 2、Python 3 のコマンドやパスに注意。これらは互いを上書きしない、競合しない。
  • Mac デフォルト Python
    • コマンド: python
    • パス: /usr/bin/python
  • Homebrew Python 2
    • コマンド: python2
    • パス: /usr/local/bin/python2
  • Homebrew Python 3
    • コマンド: python3
    • パス: /usr/local/bin/python3

環境

  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2012)
  • OS X El Capitan バージョン 10.11.3
  • Homebrew 0.9.5 (git revision 0fe95; last commit 2016-03-21)

“【Mac】【Homebrew】Python 3 をインストールする手順【かなり試行錯誤した】” の続きを読む


スポンサードリンク

【Mac】brew cask 管理を外れた Evernote アプリを戻すまで試行錯誤

ポイント

  • brew cask でインストールしたアプリは、brew update でアップデートすること
  • brew cask からでなくアプリ内からアップデートすると、そのアプリは brew cask list には残るが、brew cask info では管理対象から外れてしまう。
  • brew cask からでなくアプリ内からアップデートすると、その後 brew cask updatebrew cask uninstall はできなくなる。
  • brew cask からでなくアプリ内からアップデートしても、brew cask zap は可能でそのアプリ Caskroom 配下のファイルを削除することできる。
  • brew cask zap してもアプリの関連ファイル、フォルダは残るため、Evernote では brew cask install でアプリを再インストールするとログインや同期不要で簡単に再開できた。

はじめに

Evernote が 6.4 にアップデートされたということで、早速バージョンアップしたいですの!

ただ、わたくしたちは Evernote アプリを brew cask で管理しております。

ですので brew cask からアップデートしようとしましたら、、、できません><。

今回は、再び brew cask で Evernote を管理し、最新版を使いはじめられるようにするまでをメモいたします♪

“【Mac】brew cask 管理を外れた Evernote アプリを戻すまで試行錯誤” の続きを読む

【Mac】brew cask doctor のエラー (error: legacy install. Run “brew uninstall –force brew-cask”.) に対処した記録♪

そもそも Homebred-cask を何のために使っているか?

アプリをコマンドで管理したくて使い始めましたの♪

バージョンアップ時に思い通りに行きませんので、少し不満がございますけれども。。。

遭遇したエラーは?

$ brew cask doctor
... 略 ...
==> Homebrew-cask Install Location:
/usr/local/Cellar/brew-cask/0.60.0 (error: legacy install. Run "brew uninstall --force brew-cask".)
... 略 ...
$

“【Mac】brew cask doctor のエラー (error: legacy install. Run “brew uninstall –force brew-cask”.) に対処した記録♪” の続きを読む

【Mac】brew cask 管理下アプリのアップデート時の挙動

2015年12月11日時点での動きですの。紛らわしく、あまりよいとは感じられません><。

ですので、少しでも整理しようと存じます。

brew cask アプリのアップデートポイント

  • brew cask 下でずっとアプリを管理したい場合は、アップデートは brew cask uninstall XXXXX && brew cask install XXXXX で行う。アプリの設定はおそらく消える。
  • brew cask 管理を外れてもよい場合は、アップデートはアプリメニューの「アップデートを確認」などから行う。brew cask uninstall XXXXX はエラーとなり削除できなくなる。

“【Mac】brew cask 管理下アプリのアップデート時の挙動” の続きを読む

【Mac】El Capitan のクリーンインストールに一度失敗したけれども、もう一度クリーンインストールして成功した記録!

まとめ

  • iTunes 、Macを探すの認証解除忘れてた。。。
  • iTunes は自動的に認証が解除されていたように見えた。iPhone に繋ぐと、コンピュータの認証を求めてきた。
  • Macを探すも自動的に解除されていたようで、クリーンインストール時にMacを探すを有効にすればそれでよかった。
  • 一度失敗した。外付けドライブを USB 接続したままにした行ったためだろうか?
  • 一度クリーンインストールに失敗すると、工場出荷時の OS をインストールしてから El Capitan にアップグレードし、それから再度クリーンインストールする必要があった。

失敗した手順

“【Mac】El Capitan のクリーンインストールに一度失敗したけれども、もう一度クリーンインストールして成功した記録!” の続きを読む

【Mac】OS X El Capitan へのアップグレードで Homebrew で所有者エラーが発生。対処したメモ!

OS X El Capitan バージョン 10.11 にアップグレードして、Homebrew でエラーが発生しましたので対処の記録を残しておきます。

エラー対処のコマンド

# brew update でエラー。
# パーミッションで権限が足りなかった。
# ユーザー:admin に所有者を変更した
# $(whoami) には現在のユーザ名が代入される。
sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local

“【Mac】OS X El Capitan へのアップグレードで Homebrew で所有者エラーが発生。対処したメモ!” の続きを読む

【Mac クリーンインストール計画】 3. 環境設定、アプリインストール、同期

バッテリー持続時間改善、ハードディスク容量を増やすために Mac に OS X をクリーンインストールした記録を残しております。前回、【Mac クリーンインストール計画】 2. OS X 再インストール | oki2a24 にて OS X のインストール完了まで行ったのでした。

今回は、解除した認証を再度行ったり、アプリをインストールしたりの記録となります。

特徴として、アプリのインストールは Homebrew Cask を使用して行いました。コマンドの実行だけで (アプリによってはアカウントパスワードを求められる場合あり) アプリをインストールできるので、便利です。

コマンドをすべて残しておけばこれがそのままリストとなるため、次にクリーンインストールするときに何がインストールされているか調べる手間が省けます♪

起動後作業流れ

  1. 外付けドライブ接続
  2. App Store
  3. バックアップファイル・フォルダを復元
  4. Finder の設定
  5. iTunes のフォルダ復旧、サインイン、コンピュータを認証
  6. 写真アプリのライブラリ復旧
  7. システム環境設定。iCloud ログイン、Mac を探すオン
  8. ターミナル
  9. Homebrew Cask を使ったアプリインストール
  10. Lightroom 5 のカタログと写真データの復旧
  11. Android Studio のために、JDK をインストール
  12. ドックの整理
  13. スクリーンロック

“【Mac クリーンインストール計画】 3. 環境設定、アプリインストール、同期” の続きを読む

Mac に homebrew で Node.js などをインストールした方法と、nodebrew を使わなかった理由

nodebrew ではなく、homebrew を使って Node.js をインストールした理由

  • 複数バージョンの Node.js を使い分ける予定が無いため。
  • つまり、最新の Node.js さえあれば良い
  • Yeoman で Angular.js 開発がしたい。Node.js そのものを使ってシステム開発はしないため、nodebrew は不要。

ちなみに、それぞれどんなものであるか、本家リンクを貼っておきます。

AngularJS 開発を効率的に進めていくために、次のものをインストールしていきます。

前提

  • Mac であること。ちなみに実践したのは OS X Yosemite バージョン 10.10.5
  • homebrew がインストール済み
  • ターミナルで操作

コマンドまとめ

brew install node
node --version && npm --version

npm install --global npm@latest
npm --version

npm install --global yo bower grunt-cli
yo --version && bower --version && grunt --version

npm install --global generator-angular

“Mac に homebrew で Node.js などをインストールした方法と、nodebrew を使わなかった理由” の続きを読む

【Mac】Homebrew で Git をインストール時にエラー発生><。Homebrew 再インストールして Git までインストールできた記録♪

タイトル通りですの。なんとか Mac に Git をインストール出来ましたので、そのときの試行錯誤を記録しておきますの♪

概要は次のとおりとなります。

  1. git をインストール出来ない。
  2. brew doctor の結果も、同じエラー><
  3. homebrew の再インストールを試す。
  4. homebrew を一旦削除
  5. Homebrew を(再)インストール
  6. インストール成功したようなので、問題を診断
  7. 問題に対処1。シンボリックリンクが壊れているのを除去
  8. 問題に対処2。コミットされていない修正が Homebrew にある、、、ということらしいです。。。
  9. Homebrew の update も行ってインストール準備完了♪
  10. Homebrew で git インストール
  11. git バージョン確認でインストール確認
  12. 最後にもう一度 homebrew update
  13. おわりに

“【Mac】Homebrew で Git をインストール時にエラー発生><。Homebrew 再インストールして Git までインストールできた記録♪” の続きを読む