【CentOS7】SDKMAN! をシステムワイド (全ユーザが使えるよう) にインストールする方法

スポンサードリンク

root ユーザで SDKMAN! を使ってインストールした Java や Grails を、他のユーザ使用できるのならシステムワイドにインストールする必要はない。

そのように考え試してみましたところ、ダメ!

具体的には root ユーザで Java をインストールして、別ユーザで java コマンド確認したら無いって言われてしまいました。

  • 全ユーザが sdk コマンドで SDK をインストール等できる。
  • 全ユーザが sdk コマンドで使用可能にした Java 等を利用できる。

という環境を作成してみました。

まずは従来の普通の方法を見た後、システムワイドに SDKMAN! をインストールする方法書いていきます。

“【CentOS7】SDKMAN! をシステムワイド (全ユーザが使えるよう) にインストールする方法” の続きを読む

CentOS 7 に PostgreSQL 9.2 をインストール、設定のノート

インストール

yum -y install postgresql-devel postgresql-server

特にリポジトリの追加等は行っておりません。

次のバージョンがインストールされました。

# psql --version
psql (PostgreSQL) 9.2.15
#

初期設定

CentOS 6 では、initdb は postgresql-setup ではなく、service postgresql initdb でした。

CentOS 7 となり、サービスの起動等以外にも変更となり、この点がとくに分かり辛く、調べるのに時間を使ってしまいました><。

# 初期化
postgresql-setup initdb
# 自動起動を有効
systemctl enable postgresql.service
# 起動
systemctl start postgresql.service

設定ファイル編集 1. パスワード認証へ変更

# バックアップ
cp -a /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf.org
# パスワード認証へ変更
sed -i -i 's|local   all             all                                     peer|local   all             all                                     md5|' /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
sed -i -i 's|host    all             all             127.0.0.1/32            ident|host    all             all             127.0.0.1/32            md5|' /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
sed -i -i 's|host    all             all             ::1/128                 ident|host    all             all             ::1/128                 md5|' /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf

次のように変更されました♪

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     peer
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            ident
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 ident

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     md5
# IPv4 local connections:
host    all             all             127.0.0.1/32            md5
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 md5

設定ファイル編集 2. パスワード暗号化 (設定変更せず)

password_encryption (boolean)
ENCRYPTEDもしくはUNENCRYPTEDの指定なしで、CREATE USER もしくはALTER USERにてパスワードが指定されている場合、このパラメータはパスワードを暗号化するか否かを決定します。 デフォルトはon(パスワードを暗号化)です。

デフォルトでオンのため、次の修正は行いませんでした。

# バックアップ
cp -a /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf.org
# パスワード暗号化
sed -i -e 's/#password_encryption = on/password_encryption = on/' /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf

設定ファイル編集 3. スーパーユーザに (postgres) にパスワード設定

ヒアドキュメントを使って、シェルから実行しました。

su - postgres <<EOT
psql -U postgres
ALTER USER postgres encrypted password 'vagrant';
\q
exit
EOT

確認は、次の SQL で行うことができました。

SELECT * FROM pg_shadow;

設定変更の反映

PostgreSQL を再起動して、変更した設定を反映させています。

# 再起動して設定反映
systemctl restart postgresql.service

おわりに

次の Vagrant のテンプレート作成のために、久しぶりに PostgreSQL のインストールを行いました。

調べる中で覚えておきたいこともございましたので、Github にコードを反映させる以外にノートいたしました。

以上です。


スポンサードリンク

【Vagrant】最小限の CentOS 7 から Web サーバ環境の整った Vagrant Box の Provisioning シェルファイルを作る

方針

進め方

  1. 最小限の CentOS 7 の Vagrant Box を立てる。
  2. Web サーバを構築していくコマンドをシェルファイルに記録していく。
  3. vagrant up 時にシェルファイルがプロビジョニングされるようにする。

構築内容

次と同様とする。

“【Vagrant】最小限の CentOS 7 から Web サーバ環境の整った Vagrant Box の Provisioning シェルファイルを作る” の続きを読む

【Linux】「sudo: sudo を実行するには tty がなければいけません。すみません」への対応。改行コードに注意!

エラー内容

  • Windows 10 マシンで packer を使用して CentOS 7 の Vagrant Box を作成し、動作を確認した。
  • 別のマシンで vagrant up するとエラーが発生した。
    vagrant ssh は正常に動き、ログインできた。
  • 改行コードが CRLF のコードで packer build を実行してしまったことが原因

“【Linux】「sudo: sudo を実行するには tty がなければいけません。すみません」への対応。改行コードに注意!” の続きを読む

CentOS 7 インストール後に Packer から SSH で繋がらないエラーにつまづくことなく Vagrant ボックスを作る手順

手順ポイント

  1. packer を使用せず手動で仮想マシンを作る。
  2. 仮想マシンをからキックスタートファイルを入手
  3. 入手したキックスタートファイルをそのまま Vagrant ボックス作成に使う。
  4. ボックスを作れたことを確認してから、カスタマイズ

“CentOS 7 インストール後に Packer から SSH で繋がらないエラーにつまづくことなく Vagrant ボックスを作る手順” の続きを読む

【CentOS7】yum の $releasever、$basearch と $infra を知る方法

環境

  • CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)

知りたいこと

... 略 ...
[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates&infra=$infra
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
... 略 ...

の変数 $releasever、$basearch と $infra の値が知りたいですの!調査して、まとめた結果をノートいたします。

“【CentOS7】yum の $releasever、$basearch と $infra を知る方法” の続きを読む

【CentOS7 Minimal】VirtualBox Guest Additions のインストールでの試行錯誤の記録

にて VirtualBox Guest Additions のインストールを行いました。ことの時の投稿では、トライアルアンドエラーのポイントのみを紹介いたしました。

今回は、その裏側の試行錯誤を残しておきますわ♪

環境

  • OS X 10.11.4 (15E65)
  • VirtualBox バージョン 5.0.20 r106931
  • Vagrant 1.8.1
  • CentOS-7-x86_64-Minimal-1511.iso

“【CentOS7 Minimal】VirtualBox Guest Additions のインストールでの試行錯誤の記録” の続きを読む

【Vagrant】【CentOS7 Minimal】スクラッチからの新しいボックスの生成

CentOS7 Minimal の ISO イメージファイルから Vagrant Box をスクラッチで作成する手順の記録ですの!最後には vagrant box addvagrant upvagrant sshvagrant destroy、と確認しております。

環境は Mac で、Vagrant のプロバイダーは VirtualBox ですわ♪

なお、次の書籍の手順を基盤としております。

“【Vagrant】【CentOS7 Minimal】スクラッチからの新しいボックスの生成” の続きを読む

【VirtualBox】【Mac】【CentOS7】LAMP (ただし Nginx) 環境を整える

環境

  • MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2012)
  • OS X El Capitan 10.11.3(15D21)
  • VirtualBox バージョン 5.0.14 r105127

構築するもの

  • CentOS7 仮想マシン
  • 仮想マシン IP アドレス: 192.168.56.111
  • 仮想マシンへの SSH 接続環境
  • chrony (インターネット時刻同期) と Vim
  • ファイアウォールは SSH と HTTP のみ開放
  • Nginx ← 最新版
    • ドキュメントルートは /var/www/html/ とする。
    • PHP-FPM を導入する。
    • プロキシキャッシュ設定は行わない。
  • MariaDB ← 最新版
    WordPress 用に次の内容の DB を作る。

    • データベース: wpdb
    • ユーザー: wpuser
    • パスワード: wppass
  • PHP ← 最新版
    最低限と思われる次をインストールする。

    • php: PHP 本体
    • php-gd: 画像処理
    • php-mbstring: マルチバイト文字取り扱い
    • php-mysqlnd: MariaDB 接続
    • php-opcache: キャッシュ
  • WordPress
    • http://192.168.56.111
    • リビジョンは 3 に設定
    • WordPress ユーザー名: wploginuser
    • WordPress パスワード: wploginpass

“【VirtualBox】【Mac】【CentOS7】LAMP (ただし Nginx) 環境を整える” の続きを読む

【CentOS7】インターネット時刻同期ソフト chrony の導入方法

ポイント

  • ntpd (CentOS6 までのスタンダード) と chrony (CentOS7 のスタンダード) は同時に使えない。
  • 手軽に時刻同期だけしたいなら、インストール後に起動するだけでよい。

“【CentOS7】インターネット時刻同期ソフト chrony の導入方法” の続きを読む