【Vagrant】ansible_local プロビジョナーを使った環境構築。最初の一歩!

スポンサードリンク

はじめに

  • Vagrant で Ansible を使って、プレイプックの記述内容を反映するはじめの一歩を踏み出したい。いわば Hello World!。Vagrant 環境を Ansible で構築する入門、環境の確認。
  • vagrant up で起動した時に Ansible を使ってパッケージを構成していきたい。Ansible かを学習するためにホスト用、ゲスト用の仮想マシンとか複数の仮想マシンは要らない。
  • ベストプラクティスな記述方法、ディレクトリ構成でなくてよい。

“【Vagrant】ansible_local プロビジョナーを使った環境構築。最初の一歩!” の続きを読む

【Git】difftool を複数設定する方法

経緯

WinMerge はフォルダを指定して一度に再帰的に比較ができ、便利ですの♪

けれども、再帰的な比較はできないながら、インデントのみの変更は差分としない Visual Studio Code の diff をしばらくメインに使用したいですの。

git difftool でどちらも使用できましたら嬉しいですわ!

今回、これを実現できましたので、ノートいたします!

なお、環境は次となります。

  • Visual Studio Code: 1.9.1
  • WinMerge: 2.14.0.121+jp-121

“【Git】difftool を複数設定する方法” の続きを読む


スポンサードリンク

【Vim】マクロを使って変数を上から順に連番に変換する手順

動機

Oracle の PL/SQL に書かれている、動的 SQL を PostgreSQL で動かしたいですの♪

パラメータ値は、:paraA、:paraB、といった形ですわ。

によりますと、パラメータ値は $1、$2 といった形に変換する必要があるそうですの!

したがいまして、:paraA → $1、:paramB → $2 と変換する必要がございます。

1つ2つなら手作業で問題ありませんが、100、200となりますと手作業では行なえませんの><。

今回、Vim のマクロ機能を使いましてこの問題を解決できましたのでノートいたします♪

“【Vim】マクロを使って変数を上から順に連番に変換する手順” の続きを読む

【TortoiseSVN】自分の環境でだけ無視したいフォルダ、ファイルを設定する手順

目的

  • ローカルで Subversion に無視させたいバージョン管理外のファイルを、コミットダイアログなどで表示されないようにする。
  • とにかく特定のフォルダ、ファイルを Subversion のバージョン管理に含めたくない。

設定方法

Subversion の設定ファイルに記述を追加します。
“【TortoiseSVN】自分の環境でだけ無視したいフォルダ、ファイルを設定する手順” の続きを読む

【Git】ブランチ分岐元から現在までの変更点を確認する git diff の指定方法

ポイントとコマンド

  • トリプルドットで「現在いるブランチの最新コミット」と「指定した二つのブランチの共通の先祖」とを比較

“【Git】ブランチ分岐元から現在までの変更点を確認する git diff の指定方法” の続きを読む