★届いた!開封♪設置!ポイント♪★【無印良品】ワーキングチェア グレー

スポンサードリンク

IMG_0921.jpg

開封・組み立てのポイント!

  • 組立・取扱説明書には多くのパーツがあるが一見不足しているように見える。だが組立工程のなかで背部、座部を分解すると、全てのパーツが揃うようになっている。
  • 組立・取扱説明書の 2-② で背もたれから 12 固定ピンを抜くとき、2-① で分解した 07 バネ受け皿で 12 固定ピンを開くと作業がし易い。
  • 座に取り付けるバネ受け皿は向きに注意。凸部がバネ側になるようにする。
  • 座に取り付ける時、ハンドルからネジ棒が 1 mm 以上飛び出すようにする。

今回組み立てたもの♪

無印良品のこちらの椅子です。

ダンボールには次のように書かれておりました。

  • 無印良品
  • ワーキングチェア WORKING CHAIR
  • グレー GRAY
  • 幅55.5×奥行き53×高さ74/84cm
  • MADE IN CHINA
  • JAN.4548718121298
  • 株式会社 良品計画

それでは、次の順番に組立完了まで記録していきますの♪

  1. 梱包した状態にいつか戻せるように開封した状態をメモ♪
  2. 実際に組み立ててみた時の流れとポイント♪…の前に!
  3. 脚部の組み立て
  4. 座部、背部を分解!
  5. そしてドッキングして座部 + 背部へ♪パーツ一体感!

1.梱包した状態にいつか戻せるように開封した状態をメモ♪

と言いましても、戻すことはありませんけれどもね、てへ♪椅子レベルの大きさ、質の梱包の参考や、純粋な興味、から残したいと思いましたの♪

梱包ダンボールですわ。電子レンジの梱包よりも一回り大きいような印象です!

IMG_0912.jpg

梱包の一番上に背もたれ部分

IMG_0913.jpg

梱包の次に座部。途中で分解するパーツや、組立・取扱説明書などの書類もありました。

IMG_0914.jpg

梱包の一番下に脚部です。ダンボールで包まれた中には何が入っているのかしら?

IMG_0915.jpg

写真右が、シリンダーカバー、左もガスシリンダー

IMG_0916.jpg

2.実際に組み立ててみた時の流れとポイント♪…の前に!

同梱の組立・取扱説明書に従うだけですわ。特に懇切丁寧に解説いたしません。大まかな流れと、注意したいポイントのみ、記してまいります。

そもそも組み立てる前に、パーツ・チェックリストと付きあわせてみますと、明らかに足りません><。どうしたものかと思いましたけれども、座部や背部にすでに取り付けられておりました♪

ほっといたしましたわ。

3.脚部の組み立て

一番下に梱包されていた脚部を取り付けるだけでしたわ。細かいパーツや力はまったく不要で楽ちん♪

IMG_0917.jpg

4.座部、背部を分解!

まずは分解です。組立・取扱説明書の 2-② で固定ピンを抜くとあります。ですが、大変固く、素手では勢い余って怪我をしてしまいそうです。

そこで、2-① で分解した座部の 07 バネ受け皿を使いまして固定ピンを開きました。

IMG_0918.jpg

5.そしてドッキングして座部 + 背部へ♪パーツ一体感!

10 背もたれの 11 シャフトを座受金具のパイプに通して 12 固定ピンでロックいたしました。11 シャフトは手前から?奥からかしら?どちらでもよいかしら?とわからなくなりました。

ですけれども、組立・取扱説明書の図を見れば 11 シャフト、12 固定ピンの位置関係がわかりましたのでそれに従い写真のようになりましたわ。

IMG_0919.jpg

05 座から取り外した 06 ハンドル、07 バネ受け皿、08 バネ、09 バネカバーを取り付けて固定。

バネ受け皿は向きに注意です。凸部がバネ側になるようにいたします。

またハンドルからネジ棒が 1 mm 以上飛び出すようにする点も忘れてはいけませんわ。

IMG_0920.jpg

最後に脚部と座部 + 背部をドッキングして完成です!

おわりに

このワーキングチェアは 15000 円以下で買えます。この価格帯の椅子にしてはデザインも座り心地も良いと存じます。

4 〜 5 万円の予算でしたら、おそらく別の椅子を選択すると思いますわ♪

最後に、少し調べてみましたら、組立・取扱説明書がネットにありましたのでリンクを残しておきますの。

以上です。


スポンサードリンク

“★届いた!開封♪設置!ポイント♪★【無印良品】ワーキングチェア グレー” への1件の返信

コメントを残す