【初めての】vimdiff コマンドでファイルの差分を確認する方法メモ

まとめ

  • Vim を開いてから行うのではなく、ターミナル等のコマンドライン上で vimdiff コマンドを実行する点に注意。
  • 追加削除業は、ぱっと見で判断可能。
  • 変更行は、カラースキームによると思うが見落とす可能性があり、注意が必要。行頭に差分ありのマークが出るが、見辛い。

具体的な使い方

$ vimdiff styles/markdown.css /Users/oki2a24/Library/Application\ Support/Code/User/markdown.css 
2 files to edit
$

Vim で差分が表示されました。:q で閉じていったわけですが、両側を閉じるために 2 回行う必要がありました。

vimdiff 中の操作

通常の vim と同じです。

  • hjkl で左上下右の移動
  • CTRL-ww で左右のウインドウを移動
  • ]c で次の差分へ移動、[ c で前の差分へ移動

おわりに

vimdiff は今まで使ったことがあったのかも知れません。ですけれども、すっかり忘れていました。

コマンドで diff -up file1 file2で Git の差分の用に表示しようとしても、diff" -y file1 file2 で左右に並べて表示しようとしても、全行異なるとみなされうまくいきませんでした。改行文字あたりが異なるのでしょう、きっと。

差分は少ししか無いはず、Mac では他にはどのようなツールがあるだろうか、、、などと調べていましたら、vim を思い出しました。vimdiff というのが使えるとのこと、早速 vim を起動してやってみますと、、、うまくいきません。それはそのとおりで、コマンドラインから vimdiff を実行しなければならないことに、少し時間がかかったのでした><。ですので、今回、起動の方法と、簡単な使用方法をまとめました。

最後に、参考ページです、ありがとうございます!

以上です。

コメントを残す

コメントを残す