【ウマ過ぎ注意】のローストビーフの作り方♪

スポンサードリンク


PA213374.JPG

レシピまとめ

  1. 塩、コショウを牛肉にすり込み30分ほどおく。
  2. 70℃のお湯に入れ、30分以上おく。

材料など

PA213359.JPG

  • 牛肉ブロック
  • コショウ
  • ビニール袋(牛肉がきちんと入るサイズ)

実際の流れ

冷凍牛肉でしたので、解凍しました。

PA213360.JPG

肉に霜がついてしまっていたので、まずはそのまま水にさらして霜を取りました。

PA213361.JPG

次に水を切ってビニール袋に移して張った水に沈めます。30分後に水を取り替えて1時間ほどかけて解凍しました。

結局、肉の中までは解凍されていませんでしたが、数時間かかりそうでしたので1時間ほどで引き上げました。焼くとき、低温調理するときに火が通ると思うので良しとします。

PA213362.JPG

塩、コショウをまぶします。牛肉をキッチンペーパーの上に置き、牛肉374g に対して塩大匙1をかけもみ込みました。ちょっと塩が多すぎるかもしれません。

PA213364.JPG

30分ほどおいて、フライパンで強火で焼きます。表面に焼き色がつけば OK です。また、今回の牛肉は脂身が結構入っているので油は引かず、そのまま焼きました。

PA213366.JPG

PA213368.JPG

焼いた牛肉を袋に入れます。一方で、お湯を沸かします。

炊飯器に沸かしたお湯を入れ、牛肉を入れた袋を入れます。保温にして待ちましょう。

お湯についてですが、本来なら70℃まで冷ましたほうがよいのですけれども、肉の中は冷たいままですのでお湯は冷まさず使えばちょうどよい温度まで下がるでしょう。

PA213369.JPG

保温にすることうっかり忘れて2時間。。。本当は1時間ほどでよいと思います。とにかく炊飯器から引き上げます。牛肉を取り出し、スライスします。

PA213370.JPG

PA213372.JPG

PA213373.JPG

やはり2時間も経つと火が通り過ぎました。ほんの少しだけレアな感じです。

PA213375.JPG

完成です♪ちなみに、真空調理、つまり低温調理していても肉汁は出ますのでこれは捨ててもよいのですが、もったいないのでスープの出汁に使ってもよいと思います。

おわりに

【ウマすぎ注意】炊飯器で作るローストビーフが最高に美味しい!肉汁を逃さず調理できる超簡単「真空調理法」 | Pouch[ポーチ] を参考にして、以前【ウマすぎ注意】炊飯器で作る漬けておくだけ異次元鶏手羽先料理法【作りおきレシピ】 | oki2a24 をやってみました。今回はその元ページのローストビーフを作ってみました。

 

コメントを残す