カテゴリー
コンピューター

指定フォルダにあるファイル一覧(再帰的に)をフルパスで取得する方法♪(コマンドプロンプト)

コマンド

やり方その1

# 一覧を作成したいフォルダまで移動
cd C:\pleiades\xampp\htdocs\cake05\app

# ファイル一覧を再帰的にフルパスで作成
dir /b /s

やり方その2

dir /b /s C:\pleiades\xampp\htdocs\cake05\app

コマンド解説

コマンドプロンプトで、「help dir」でヘルプを見ました。

  • /B          ファイル名のみを表示します (見出しや要約が付きません)。
  • /S 指定されたディレクトリおよびそのサブディレクトリのすべてのファイルを表示します。
また、そもそも dir コマンドとは何かも転載します。

ディレクトリ中のファイルとサブディレクトリを一覧表示します。
DIR [ドライブ:][パス][ファイル名] [/A[[:]属性]] [/B] [/C] [/D] [/L] [/N]
[/O[[:]ソート順]] [/P] [/Q] [/R] [/S] [/T[[:]タイムフィールド]] [/W] [/X] [/4]
[ドライブ:][パス][ファイル名]
一覧表示するドライブ、ディレクトリ、またはファイルを指定します。

不満

  • ファイル一覧といいつつ、フォルダへのフルパスも作成されてしまう。

おわりに

こちらのページが参考になりました。というより、内容は同じで自分が今まで何回か調べなおしていたので今回投稿とした次第です。大変参考になりました。ありがとうございます。

コメントを残す