【Vim】マークダウンのシンタックスハイライトをどんなファイルでも好きなタイミングで有効にする手順

スポンサードリンク

Vim を使用している時に、テキストファイルですけれども、マークダウン記法で記述する機会がございました。マークダウンのシンタックスハイライトをしたいと思いましたの。

そもそもマークダウンのシンタックスハイライトが Vim には含まれていないようでしたので導入と、好きなタイミングで自由にシンタックスハイライトを切り替える方法についてまとめました♪

環境

  • Windows7 Professional 32 bit
  • GVim

マークダウンのシンタックスハイライトを導入

" markdown のハイライトを有効にする
set syntax=markdown
au BufRead,BufNewFile *.md set filetype=markdown

_vimrc ファイルに書き込むときはいつも、先頭のコロン : が不要であることを忘れてしまいますの><。

Windows で GVim を使用しておりますので、_vimrc ファイルですけれども、Mac や Linux では .vimrc と存じます。

いつでも好きなタイミングでシンタックスハイライトを切り替える

:set filetype=markdown

または次の短縮形を打ち込みます。

:setf markdown

確認は、次のコマンドです。

:set filetype

おわりに

次のページが参考になりました。ありがとう存じます!

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す