コマンドプロンプトで一時的にパス path を通します。

スポンサードリンク

普段だったら、コンピューターのプロパティからシステムのプロパティを表示し、環境変数のシステム環境変数の path から設定する「パス」をコマンドプロンプトから設定します。

なお、今回の設定はコマンドプロンプトを閉じると無効になります

コマンドプロンプトで一時的にパスを通す方法

  • 現在のパスの確認方法 path
  • パスを通す方法 set path=%path%;C:\pleiades\xampp\php
    「;」が必要かどうか、事前に現在のパスを確認すること

実際にやってみるとこうなりました。

パスの確認

path

結果

PATH=C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Windows Live;C:\windows\system32;C:\windows;C:\windows\System32\Wbem;C:\windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files\Windows Live\Shared;C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_25\bin;C:\app\ant\bin;C:\Program Files\QuickTime\QTSystem\

パスを設定

set path=%path%;C:\pleiades\xampp\php

先ほどのコマンドでパスの確認

PATH=C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Windows Live;C:\windows\system32;C:\windows;C:\windows\System32\Wbem;C:\windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\;C:\Program Files\Windows Live\Shared;C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_25\bin;C:\app\ant\bin;C:\Program Files\QuickTime\QTSystem\;C:\pleiades\xampp\php

パスを通す前と後で比較しました。

  • パスを通す前
    • C:\pleiades\xampp\php\php.exe -v 動いた。バージョンが表示された。
    • php -v 動かなかった。
  • パスを通した後
    • C:\pleiades\xampp\php\php.exe -v 動いた。バージョンが表示された。
    • php -v 動いた。バージョンが表示された。

つまり語弊を恐れず言うと、「パスを通す」と「コマンドを短縮できる」のですね。


スポンサードリンク

コメントを残す