yum インストールした nginx の logrotate 設定を読み解きます♪

スポンサードリンク


nginx の logrotate 設定ファイル「/etc/logrotate.d/nginx 」

/var/log/nginx/*.log {
        daily
        missingok
        rotate 52
        compress
        delaycompress
        notifempty
        create 640 nginx adm
        sharedscripts
        postrotate
                [ -f /var/run/nginx.pid ] && kill -USR1 `cat /var/run/nginx.pid`
        endscript
}

/etc/logrotate.d/nginx の各行の意味

  • /var/log/nginx/*.log {
    「/var/log/nginx/」ディレクトリの、ファイル名が「.log」で終わるファイルを対象とする
  • daily
    日ごとにログファイルを置き換える。
  • missingok
    ログファイルがなければエラーメッセージを出力しない
  • rotate 52
    ログを 52 世代分残す
  • compress
    ログを圧縮する。
  • delaycompress
    ローテートの 1 世代目は圧縮しない
  • notifempty
    元のログファイルが空なら、ローテーションしない
  • create 640 nginx adm
    ローテーション実行後、空の新規ログファイルを属性を指定(パーミッション 640 ユーザ nginx、グループ adm)して作成する。
  • sharedscripts
    複数指定したログファイルに対し、postrotate または prerotate で記述したコマンドを実行
  • postrotate 〜 endscript
    ローテーション終了後に postrotate から endscript までの処理を実行する。
  • [ -f /var/run/nginx.pid ] && kill -USR1 `cat /var/run/nginx.pid`
    馴染みがなくてわからないが、おそらく nginx を再起動するような感じ?

“yum インストールした nginx の logrotate 設定を読み解きます♪” の続きを読む

【nginx】WordPress の cron アクセスをログに残さないのは諦めて nginx 設定ファイルを整理!

wp-cron.php へのアクセスログを残さないようにできなかった。。。失敗のポイント!?

  • プロキシではなくウェブサーバの server コンテキストに wp-cron のログを残さないための location ディレクティブを書いた。
  • try_files は wp-cron の location ディレクティブと並ぶ同じ階層にあるが、これによって URL が書き換わり、wp-cron の location ディレクティブの条件に一致しなくなるのではないか?
  • try_files をウェブサーバ server コンテキストからプロキシサーバの server コンテキストに移してみた。。。パーマリンクのリライトが上手く働かず、エラーとなった。

以上の失敗を経て、wp-cron 部分に関する nginx 設定を削除いたします。ついでですので、別の箇所も少し見なおして修正いたしました♪

/etc/nginx/conf.d/default.conf の整理した内容♪

“【nginx】WordPress の cron アクセスをログに残さないのは諦めて nginx 設定ファイルを整理!” の続きを読む

【nginx】WordPress の wp-cron.php が動きませんの!!!→直しましたわ♪【ただし不完全】

wp-cron.php を動かすことには成功しましたが、ログへの記録を残らないようにする点について、失敗しています><。

wp-cron.php を再び動かすポイント

  • 【nginx】【WordPress】wp-cron.php アクセス時はログに残さないようにしました♪ | oki2a24 の投稿で、wp-cron.php アクセス時のログを記録しないように変更した、つもりだった
  • 実際には、ログに記録しない後、なにも記述しない = ないも動作しない、という意味であった
  • location ディレクティブ内に入ると、内部の設定を処理した後は処理が終了する。ディレクティブ外の処理を続けて実行しない
  • プロキシサーバ側に wp-cron.php のログを残さない設定を書いていたが、ウェブサーバ側に wp-cron.php の設定を移動した

/etc/nginx/conf.d/default.conf 修正ポイント!

“【nginx】WordPress の wp-cron.php が動きませんの!!!→直しましたわ♪【ただし不完全】” の続きを読む

【nginx】WordPress でキャッシュしてはいけないページ(ファイル、ディレクトリ)設定!!!

ポイント

  • WordPress 関係のクッキーを使用している場合はキャッシュしない
  • WordPress プラグイン Nginx Cache Controller に必要な設定を維持する必要がある。今回の場合は、proxy_cache_key
  • 「POST はキャッシュしない」と「GET 以外はキャッシュしない」は異なる。GET をキャッシュするよう明確にしたいので「GET 以外はキャッシュしない」設定にする。
  • キャッシュファイルを Linux コマンドから削除する場合は、最新の注意を持って!nginx 以外に、PHP-FPM を再起動したほうがよい

“【nginx】WordPress でキャッシュしてはいけないページ(ファイル、ディレクトリ)設定!!!” の続きを読む

【nginx】【WordPress】wp-cron.php アクセス時はログに残さないようにしました♪

★追記★本投稿の設定により、 wp-cron アクセスのログは残らないようになりますが、wp-cron も動かなくなります><。

はじめに

Logwatch ログを拝見しておりましたら、次のようなログがたくさん見られました。

    499 (undefined)
       /wp-cron.php?doing_wp_cron=1403803446.1112749576568603515625: 2 Time(s)
… 略 …

wp-cron は記事の自動公開や BackWPup のトリガーなど、スケジュール周りで動いてくださる、大変便利な存在です♪

決して攻撃ではありません。ですけれども、Logwatch さんは少し誤解しているようですの><。

ですから、Logwatch にキャッチされる以前に、nginx のログとして残さないようにいたしますわ♪

“【nginx】【WordPress】wp-cron.php アクセス時はログに残さないようにしました♪” の続きを読む

【nginx】WordPress 用のパーマリンク設定を修正しました♪

追記。次の投稿で、一部 nginx 設定ファイルを修正しております。

ポイント

  • nginx ウェブサーバ設定の server コンテキストに try_files $uri $uri/ /index.php?q=$uri&$args; を記述する

try_files $uri $uri/ /index.php?q=$uri&$args; の意味

“【nginx】WordPress 用のパーマリンク設定を修正しました♪” の続きを読む

【Logwatch】nginx 用の設定を作ってログを監視します!

ポイント

  • Apache 用の設定をひな形にすると非常に速く作成できる。
  • 必要ファイルのコピー先は元ファイルの場所とは違う場所にする。(おそらくアップデート時に削除されるのを防ぐため)

nginx 用の Logwatch 設定を作成する記録

“【Logwatch】nginx 用の設定を作ってログを監視します!” の続きを読む

【WordPress プラグイン】Nginx Cache Controller を入れてキャッシュの削除を確認しました♪

Nginx Cache Controller の「すべてのキャッシュを削除」が動いているかを確認する方法

  • Linux コマンド du -s /var/cache/nginx/ でキャッシュ増減を見て、Nginx Cache Controller のキャッシュ削除機能が働いているであろうことを確認できた
  • 記事修正直後にログアウトして確認した所、修正した内容が直ちに反映されていたためキャッシュが削除されている、つまりプラグインが正常に動いていることが確認できた

“【WordPress プラグイン】Nginx Cache Controller を入れてキャッシュの削除を確認しました♪” の続きを読む

Nginx Cache Controller を使うためにヘッダーについて勉強!設定編集いたしました♪

WordPress › Nginx Cache Controller « WordPress Plugins を使うには、WordPress から nginx のキャッシュを操作するために、nginx のキャッシュ設定を変更する必要があるとのことですわ。

その中の一部分、次のヘッダについて調べましたのでメモいたします。

  1. X-Accel-Expires
  2. X-Accel-Redirect
  3. X-Accel-Buffering
  4. X-Accel-Charset
  5. X-Accel-Limit-Rate
  6. /etc/nginx/conf.d/default.conf の fastcgi_pass_header を編集してこうなりました♪
  7. おわりに

“Nginx Cache Controller を使うためにヘッダーについて勉強!設定編集いたしました♪” の続きを読む

【nginx】プロキシキャシュディレクトリを変更して再起動すると前のディレクトリはどうなる?

ポイント

  • キャッシュ保存場所を変更するときは、proxy_cache_path の keys_zone の値と、proxy_cache の値を一致させる
  • 前のキャッシュ保存ディレクトリは残る
  • キャッシュのディレクトリは削除して問題なかった
  • キャッシュが動作するとキャッシュディレクトリが作成された

プロキシキャッシュのディレクトリ変更実践

“【nginx】プロキシキャシュディレクトリを変更して再起動すると前のディレクトリはどうなる?” の続きを読む