カテゴリー
Linux

WordPress サイトヘルスの critical issue 2 つを解決したメモ

まとめ

  • Nginx 設定に proxy_set_header X-Forwarded-Port $server_port; を追加することで解決できた。

WordPress サイトヘルスの critical issue 2 つの内容

oki2a24 is not connected.: 200 Jetpack Jetpack サポートにお問い合わせください。

想定外のサーバーポート値です。 Jetpack お使いの wp-config.php ファイルに次の記述を追加してみてください。 define( ‘JETPACK_SIGNATURE__HTTPS_PORT’, 0 );

修正内容

/etc/nginx/conf.d/default.conf を次のように修正しました。

$ diff -up default.conf.201912190747 default.conf
--- default.conf.201912190747   2019-12-19 07:47:11.111428000 +0900
+++ default.conf        2020-02-12 08:37:31.557622747 +0900
@@ -32,6 +32,7 @@ server {
     proxy_set_header X-Forwarded-Host $host;
     proxy_set_header X-Forwarded-Server $host;
     proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
+    proxy_set_header X-Forwarded-Port $server_port;
     proxy_cache_valid 200 404 1d;

     location ~ /\. {deny all; access_log off; log_not_found off; }
$

原因の考察

本ブログのサーバは、 Nginx でウェブブラウザからのリクエストを受付け、それを PHP-FPM へリバースプロキシします。 PHP-FPM はたらいまわしされてきたリクエストを処理し、レスポンスを返します。

今まで、リバースプロキシするときに、 Nginx のポートの情報を PHP-FPM へ渡していませんでした。これが原因で、 JetPack プラグインではポートの情報を処理できず、サイトヘルスにエラーを表示していたのだと思います。

修正にたどり着くまでに調べたこと

[JETPACK_SIGNATURE__HTTPS_PORT] で JetPack のコードを検索しました。

It’s better to configure the proxy to send the X-Forwarded-Port header.

とあります。これは Nginx 設定だろうと、 [X-Forwarded-Port] で検索し、修正へとつながりました。

おわりに

動いているからいいか、と放置していたエラーでしたけれども、ようやく原因に納得がいき、修正までたどり着くことができました。

嬉しいです♪

以上です。

「WordPress サイトヘルスの critical issue 2 つを解決したメモ」への1件の返信

コメントを残す