iPhone 6s Plus のバッテリーが突然切れる問題が突然解決した記録

スポンサードリンク


iPhone 6s Plus のバッテリーが突然切れる

  • この iPhone を使用し始めてまだ 3 か月程度なため、バッテリーに問題があるとは考え辛い。
  • 2 月中旬くらいから発生
  • 最初はバッテリー残量 40 %くらいで突然電源が切れた。日が経つにつれ徐々に切れる時点の%が上がっていき、3 月中旬時点では約 70 %で切れるようになった。
  • 電池残量 100 %は放置状態で3〜4時間持つときがあった。
  • 満充電→突然の電池切れ、のサイクルで充電するようにした。というよりせざるをえなかった。
  • Apple Store に持ち込んでみた。異常なしと診断され、何も対応はなかった。

1 日で電池切れになってしまいましたし、低電力モードにも切り替わることなく突然シャットダウンしてしまいます。困っておりました。

“iPhone 6s Plus のバッテリーが突然切れる問題が突然解決した記録” の続きを読む

【ASP.NET】【MVC5】メール送信時にサーバ接続エラー、送信アドレス誤りエラーを取得したい

ポイント

  • 送信アドレス誤りは同イントラ内限定で検出できた。別ドメインへのメール送信エラーは制御出来ない。
  • 複数のアドレスに送信するときにアドレス誤りを検出するには、SmtpFailedRedipientsException と SmtpFailedRecipientException の両方でキャッチする必要がある。
  • 1 つのアドレスにだけ送信する場合は、SmtpFailedRecipientException のみでよい。
  • 送信できなかったメールアドレスは、SmtpFailedRecipientException.FailedRecipient に格納されている。
  • Host、Port、userName、password に原因がある (つまりサーバに接続できない) 場合は SmtpException でキャッチできる。

他のポイント

  • メールを送るには、MailMessage クラス、SmtpClient クラスの 2 つが必要
  • MailMessage クラスはメール自体を扱うクラス
    • From、To、CC、BCC、添付ファイル、件名、本文などを扱う。
    • メールアドレスの追加は、MailAddress クラスにメールアドレス文字列を渡してインスタンス化したものを使う。
  • SmtpClient クラスはメールを送るときの認証情報を扱うクラス。
    • SMTP サーバ名、ポート番号、ユーザー名、パスワード、SSL の使用などを扱う。
    • ユーザ名、パスワード の追加は、NetworkCredential クラスにユーザー名、パスワード文字列渡してインスタンス化したものを使う。

“【ASP.NET】【MVC5】メール送信時にサーバ接続エラー、送信アドレス誤りエラーを取得したい” の続きを読む

【ASP.NET】【MVC5】SMTP サーバとして Hotmail を使ってメールを送信するサンプル♪【レベル1】

プロジェクト情報・進め方

  • .NET Framework 4.6.1
  • Visual C#
  • ASP.NET Web アプリケーション
  • MVC 5
  • 認証なし
  • Homecontroller の Index アクション、ビューを修正していく
  • SMTP サーバには Hotmail を利用した。Google アカウントは2段階認証や、アプリケーションパスワードなど、面倒事が多いため。

“【ASP.NET】【MVC5】SMTP サーバとして Hotmail を使ってメールを送信するサンプル♪【レベル1】” の続きを読む

【Excel VBA】コレクションを 2 次元配列へ変換するいくつかの関数コード

ポイント

  • 配列の要素数がコレクションの要素数より多い場合、コレクション要素を入れられない配列要素には Empty が設定される。
  • 配列のインデックスは 1 次元目、2 次元目とも 1 から始まる。Range.Value に代入することを想定

“【Excel VBA】コレクションを 2 次元配列へ変換するいくつかの関数コード” の続きを読む

【Excel VBA】ダックタイピングでマップを実装するコード

【Excel VBA】Range.Value (2 次元配列) の行・列を操作するクラスのコード – oki2a24 にて RangeValue インスタンスに関数名を引数に渡してマップ処理をできるようにしてみました。けれども、支障があるくらい遅かったですの><。ですので結局マップで回す部分を取り出して、別の関数に渡してやり、結果を RangeValue インスタンスの元の場所に戻してやる、という方法を取りました。

別の方法として、ダックタイピングで関数をもつオブジェクトを RangeValue インスタンスに渡すのはどうかしら?と思いつきました。今回はその記録ですの♪

ポイント

  • ダック・タイピング – Wikipedia
  • ダックタイピングを試す前は、CallByName を使って擬似的にマップを実現した。
  • CallByName は遅かった。
  • 引数にオブジェクトを渡し、関数内でオブジェクトにあるはずの関数を呼び出してはどうか? → ダックタイピング
  • ダックタイピングでのマップも、思ったほど早くなかった。CallByName よりもわずかに早い程度。比較方法がよくないか?

“【Excel VBA】ダックタイピングでマップを実装するコード” の続きを読む

【Excel VBA】要素数、インデックス開始番号の不明な配列から配列へ値を詰め替えるコードの書き方

条件

  • 配列 A から配列 B へ値を詰めたい。
  • どちらの配列も、要素数とインデックスの開始番号が不明
  • エラーが発生しないようにしたい。
  • Step は 1 ずつ増える。

ポイント

  • ループしない方の配列のインデックス開始番号を予め取得し、インクリメントを自分で行う。
  • ループしている配列の現在のループ回数を、ループしない配列の要素数と比較することでインデックス外へのアクセスを防止する。

“【Excel VBA】要素数、インデックス開始番号の不明な配列から配列へ値を詰め替えるコードの書き方” の続きを読む

【Vim】【Windows】_gvimrc、_vimrc の置き場所をユーザーの設定ファイルを置く場所に変更しました♪

今まで

  • グローバルな設定ファイル格納場所に置いていた。
  • gvim.exe のあるフォルダ(Kaoriya 版 Vim)
    C:¥Program Files¥vim74-Kaoriya-win32¥

変更後

  • 個人の設定ファイル格納場所に移動した。
  • C¥:Users¥username¥

“【Vim】【Windows】_gvimrc、_vimrc の置き場所をユーザーの設定ファイルを置く場所に変更しました♪” の続きを読む