【Mac】Time Machine バックアップが失敗する HDD をフォーマットして再度使えるようにいたしました♪

スポンサードリンク


困ったことが起きました><

外付け HDD(ハードディスク)への Time Machine バックアップが失敗するようになってしまいましたの><。

スクリーンショット 2014-05-01 6.54.14.png

今回は、この状態から復旧させたいと思いますわ。

現在の環境の状態

取り組む前に、Mac でいつも行っております、Time Machine の状態を整理いたします。

  • 外付け HDD を 2 台を Time Machine のバックアップ先に指定していた。
  • その内 1 台へのバックアップができなくなった。
  • その HDD には、Time Machine のバックアップデータ以外にあまり使用しないデータも入れていた。

外付け HDD への Time Machine バックアップ復活の手順!

問題の HDD の内容を、Time Machine のバックアップ以外のデータを別の場所にコピーして退避しておきました。これで想定外の事が起きても安心ですの♪

まずは、Time Machine での操作ですわ。システム環境設定 > Time Machine > バックアップディスクを追加/削除…。問題の HDD を選択して「ディスクを削除」、「このディスクの使用を停止」。

ディスクを削除を見ますとデータまで消えるのかしらと身構えてしまいますけれど、削除されません。ホッといたしました♪

スクリーンショット 2014-05-01 9.13.07.png

次は、問題 HDD のフォーマットですの。内容が全部消えますので、要注意ですわ。アプリケーション > ユーティリティ > ディスクユーティリティ.app で該当 HDD を選択。「消去」へ行き、フォーマット「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択して「消去…」、「消去」です。

スクリーンショット 2014-05-01 9.25.47.png

最後に、Time Machine での操作です。システム環境設定 > Time Machine > ディスクを選択(バックアップ先ディスクが1つになったため、「ディスクを選択」へ変化)。該当 HDD を選択し、「ディスクを使用」。「両方を使用

これで無事、失敗しておりましたバックアップば無事に行われるようになりました。最初に退避しておいた Time Machine バックアップ以外のデータも戻しまして、これにて完了ですわ!

おわりに

フォーマットというメニューがございませんでしたので、「消去」でフォーマットできるのかどうか、ずいぶんと悩みましたわ。

また、フォーマットの形式もあらためて考えてみますとどれが良いのか判断できませんでした><。ですのでこちらの公式ページを理解して、「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」にいたしました。

また、今回の内容を実行する前に、HDD の検証なども行いました。意味はなかったのですけれども><。そのとき、以前書いたこの内容を参考にいたしました。

なんにせよ、復旧できてよかったですの♪

以上です。

コメントを残す