【rbenv】ウェブアプリの場合は rbenv で Ruby バージョンを切り替えただけじゃダメでしたの!

スポンサードリンク

ポイント

  • ウェブアプリは Apache で設定した、Passenger をインストールした Ruby を使用する。rbenv で指定した Ruby は使用されない。

ポイントから言えそうなこと!

  • rbenv local でディレクトリにバージョンを設定しても、Apache の Passenger 設定が有効になってしまう。
  • rbenv local や rbenv global で設定した Ruby バージョンと Apache の Passenger 設定とを連携させられれば理想的。誰か実現していそうなものだが。。。

まとめの位置づけで、実際に起きた現象を説明しますの♪

“【rbenv】ウェブアプリの場合は rbenv で Ruby バージョンを切り替えただけじゃダメでしたの!”の続きを読む

【Ruby】Gem インストール!RMagick インストール出来ない、動かないエラー記録!

bundle install --without development test

Redmine で使用する Gem を上記コマンドでインストールいたします。。。なのですけれども、エラーのためにうまく行きません。

  • CentOS 5.10
  • RMagick がインストールできない

今回は、そのエラーの記録と、対処メモを記録いたします。

下記はエラーまとめですわ。

  • ImageMagick がインストールされていないためダメ
  • ImageMagick のバージョンが低いためダメ
  • ImageMagick-lib の依存性を無視して ImageMagick、ImageMagick-devel をインストールしたらダメ
  •  2 つ以上 ImageMagick があると「警告」
  • PKG_CONFIG_PATH が設定されていないからダメ

また、bundle console でもエラーとなりました。

  • ダイナミックリンクライブラリのパス設定がなくてbundle console エラー

これにも、対処いたしましたの。

“【Ruby】Gem インストール!RMagick インストール出来ない、動かないエラー記録!”の続きを読む


スポンサードリンク

【ImageMagick】ソースからインストールする経過を淡々と記録!

ポイント

  • アンインストールも make で可能なため、/tmp で行うのではなく、/root などにダウンロード、解凍して make まで行い、アンインストールする日に備えるべきである。

環境

  • CentOS 5.10

今回は、ソースからのインストール時のログをただ記録しただけの投稿となります。次回、ソースから ImageMagick をインストールする時、躓いたら参考にいたしますわ♪

“【ImageMagick】ソースからインストールする経過を淡々と記録!”の続きを読む

ImageMagick をソースからインストールして Ruby の Gem の RMagick が動くまで実践!

本投稿のクライマックス

「試行錯誤。最終手段その2!パッケージ管理できなくなることを許容してソースからインストールしてみます♪★【成功】★」を実践すれば OK ですの。

ただし、本投稿のやり方では ImageMagick の yum や RPM でのパッケージ管理はできません。

きっかけ。Gem パッケージのインストールが失敗する

Gem(Ruby のライブラリ)の依存関係解決ツールである Bundler を利用して、Redmine に必要な Gem をインストールしたいのです!

その時に、ImageMagick のそこそこバージョンが新しい物が必要でした><。簡単にインストール出来ませんでしたので、その奮闘記を残します!

“ImageMagick をソースからインストールして Ruby の Gem の RMagick が動くまで実践!”の続きを読む