【Excel VBA】2 次元配列の各要素とインデックスを取り出すスニペットコード

スポンサードリンク

ポイント

  • 配列の要素数を意識しないで、かつ、インデックスを取得してループする。
  • LBound でインデックスの最小値を、UBound でインデックスの最大値を取得する。
  • LBound、UBound 関数で n 次元目のインデックスを取得するには 2 つ目の引数に n を指定する。
    • 1 次元目: LBound(values, 1) UBound(values, 1)
    • 2 次元目: LBound(values, 2) UBound(values, 2)

VBA コード

' 2 次元配列 values(1 To n, 1 To m) の各要素を取り出すコード
Dim i As Long
Dim j As Long
For i = LBound(values, 1) To UBound(values, 1)
    For j = LBound(values, 2) To UBound(values, 2)
        ' values(i, j) に対して処理を行う
    Next j
Next i

' 例えば、2 次元配列 values(1 To n, 1 To m) の
' 2 次元目のインデックス 3 の要素を取り出すコード
For i = LBound(values, 1) To UBound(values, 1)
    ' values(i, j) に対して処理を行う
Next i

おわりに

LBound、UBound を使用した 2 次元配列の操作をよく行うわりに、いつもコードを忘れてしまいますの><。

ですので今回まとめました♪

いままで、次の投稿で使用しておりました!

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す