【Windows】Go 言語をインストールし、動作の確認、開発準備を整える手までの手順

スポンサードリンク

次からあっさりと Go 言語開発環境をセットアップできるようになることを目的に、本投稿で手順を残しますわ♪結構つまづきましたの、てへ。

環境

  • Windows7 Professional 32bit

Go 言語インストール

  1. Downloads – The Go Programming Language
    32bit 版は、一番上ではなく [Stable version] の中にあった。
  2. go1.6.windows-386.msi を実行。インストール先は C:¥Go のままとした。
  3. コマンドプロンプトで go version を実行し、バージョン情報が表示されることを確認。

Go 言語で Hellow World

  1. どのフォルダでもよいので次のコードを書いたファイルを作成
    package main
    
    import "fmt"
    
    func main() {
        fmt.Printf("hello, world\n")
    }
    
  2. コマンドプロンプトで hello.go を置いたフォルダへ移動し、go run hello.go を実行する。[hello, world] と表示されれば OK

ワークスペース設定

本格的に Go 言語を始めるためには、ワークスペースを設定する必要があるとのこと。次の場所に決めましたの。

  • C:¥GoWork

次の手順で環境変数を設定いたしました。

  1. C:¥GoWork フォルダ、C:¥GoWork¥bin フォルダを作成
  2. [コントロール パネル] > [システム] > [システムの詳細設定]
  3. [詳細設定]タブ > [環境変数]
  4. [システム環境変数] > [新規]
  5. 次を入力して、[OK]
    • 変数名: GOPATH
    • 変数値: C:¥GoWork¥
  6. コマンドプロンプトで、go env GOPATH を実行する。C:¥GoWork¥ と表示されれば OK
  7. [システム環境変数] > [Path] > [編集]。変数値の末尾に %GOPATH%bin を追加
  8. 新規にコマンドプロンプトを開き、path を実行。表示結果に C:¥GoWork¥bin; があれば OK

Path に %GOPATH%¥bin ではなく %GOPATH%bin で登録しています。%GOPATH% の末尾に ¥ が含まれるため、%GOPATH%¥ とすると ¥¥ と連続してしまうためですわ。

また、Path の最後に追加したからといって、path を実行したときに最後に表示されるとは限らないので注意ですの。

おわりに

環境変数を丁寧に解説しているページがなかったので苦労いたしました><。

ダウンロードページで手順を確認できるものの、英語であったのと、開くたびにダウンロードが始まるので、別途まとめようと思ったのがきっかけですわ。と思ったところ次のページで、日本語で、しかも開くたびにダウンロードもされないページがございました><。

さらに、GOPATH の設定が必要なこと、その方法を先ほどのページから辿って次のページで知りました♪

また、次のページも参考になりました!

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す