Windows のコマンドプロンプトで git を使うメモ

スポンサードリンク

インストール

  • 基本的に コマンドラインからGitを使う(for Windows) – Qiita に従う。
  • [Adjusting your PATH environment] では [Use Git from the Windows Command Prompt] を選択
  • [Configuring the terminal emulator to use with Git Bash] では [Use MinTTY (the default terminal of MSys2)] を選択したが、コマンドプロンプトから問題なく使えている。

設定

下記コマンドの他、C:¥Users¥username¥.gitconfig ファイルでも設定が可能ですの。

: インストール確認
get --version

: ユーザー名とメールアドレス設定
git config --global user.name "UserName"
git config --global user.email "UserEmail"

: ユーザー名とメールアドレスの確認
git var GIT_COMMITTER_IDENT
git var GIT_AUTHOR_IDENT

: 問題対処。git status コマンドで日本語ファイル名が化ける
git config --global core.quotepath false

: 全設定の確認
git config -l

Git の基本

: カレントディレクトリを git 管理開始
git init

: ステージングに追加 (.gitignore を除くカレント以下すべて対象)
git add .

: 状態確認
git status

: ステージングに取り消し (.gitignore を除くカレント以下すべて対象)
git reset .

: コミット (スペースをタイトルに使う場合は " で囲むこと)
git commit -m "コミットタイトルメッセージ"

: 履歴を確認
git log

: GUI で履歴を確認
gitk

: リモートリポジトリの一覧を表示
git remote

: リモートリポジトリを追加
git remote add <remotename> <url>

: 登録済みのリモートリポジトリの名前を変更
git remote rename <remotename <newname>

: リモートリポジトリにプッシュ(master はブランチ名)
git push <remotename> master

Git のブランチ機能

: ブランチ一覧
git branch

: ブランチを作成
git checkout <branchname>

: ブランチへ移動
git checkout <branchname>

: ブランチ名を変更
git branch -m <oldbranch> <newbranch>

: コミットログ図表示 (ブランチポインタの指すコミット、歴史の分岐も表示)
git log --oneline --decorate --graph --all

おわりに

Git の存在は随分前から存じておりました。

時々インストールしてみて使ってみては、次第に使わなくなって、を繰り返しておりました><。

今回、もうちょっとがんばってみようかしらと思い立ちまして、メモを残しております♪

最後に、参考になったページです!

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す