【Excel】フィルターのショートカットは Ctrl + Shift + L

スポンサードリンク

Excel で、フィルターをオン・オフするショートカット-キー

  • Ctrl + Shift + L

Excel2013 で 1つのシートに幾つもの表があり、今はこの表で、次はこっちの表でフィルターを使いたい!

こんな時、この表でフィルターを設定しても、次の表でフィルターを使いたい時は一旦フィルターを解除して次の表でまたフィルターを設定しなければなりません

面倒ですの!

こんな時、フィルターのショートカットキーを知っていれば、フィルターのオン、オフを即座に切り替えることができますわ♪

クール♪そー、クール!

ただし注意点がございます。

Excel のフィルターのショートカットキーの注意点、、、というよりも Excel フィルターの注意点♪

  • フィルターが適用されるのは、四方が空白な部分の内部。つまりブロック単位。
  • ブロックの何処かにカーソルがあればフィルターオンすると、一番上の行が項目とみなされる。
  • 逆に言うと一番上の行はデータとしてみなされないことに注意

ちょっとむずかしいですわね><。

最初の2つは周りが空白セルで囲まれていないと、どこまでも一連の、フィルター適用範囲のデータとして扱われてしまいます、ということなのですけれども。。。。

一番覚えておきたいのは、一番上の行はデータとみなされず項目名を定義する行とみなされる、ということですわね。

ですので予め最初の行は項目名をきちんと定義するか、たとえば最も左上のセルにダミーの値を設定してデータとみなされないように調節する(これは未検証><)必要がありますの!

おわりに

表を分析するときに、とある項目の値ごとに表を分けましたの。

そして、その表ごとにフィルターをかけてソートしたいですの!

こんなとき、マウスを使ってひとつひとつメニューからフィルターをオンにしてソートして、フィルターをオフにして次の表に進んで同じことを繰り返す。。。

少しでも楽に作業したく思いましたのでショートカットキーを調べましたの。次のページが参考になりました、ありがとう存じます♪

以上です。


スポンサードリンク

コメントを残す