【MVC5】【Entity Framework】レコードの一部を更新するには、取得して更新する

スポンサードリンク

ポイント

  • スキャフォールディングによる自動生成のコードではすべてのカラムを更新してしまう。
  • ウェブページからレコードの一部分を受け取って更新したい場合、自動生成コードを使うと受け取っていないカラムの値が無くなってしまう。
  • よって、Find でレコードを取得し、値を変更した後、SaveChanges で更新する。

“【MVC5】【Entity Framework】レコードの一部を更新するには、取得して更新する”の続きを読む

Entity Framework で複合主キーを設定する方法と Find の使い方

エラーとなったダメなモデル例

[Key]
public int GroupId { get; set; }

[Key]
public int UserId {get; set; }

“Entity Framework で複合主キーを設定する方法と Find の使い方”の続きを読む


スポンサードリンク

Entity Framework で複合主キーを設定する方法

エラーとなったコード

public class User
{
    [Key]
    public int Id { get; set; }
    [Key]
    public int GroupId { get; set; }
    public string Name { get; set; }
}

エラーをよく見てみると

“Entity Framework で複合主キーを設定する方法”の続きを読む

【MVC 5】【Entity Framework 】既存のデータベース・テーブルがある場合のエンティティモデルクラスの作り方

既存のシステム、データベースの特徴

  • Entity Framework 未使用、コードファーストではない。
  • テーブルは Entity Framework のデータモデル規約の則っていない。

キーワード・ポイント

  • Entity Framework
  • Table 属性、Column 属性
  • Fluent API
  • DbContext クラスを通して DB 操作
  • Web.config の を追加することで、Entity Framework の接続も可能となる。
  • 今までの DB 接続も使い続けることが可能

“【MVC 5】【Entity Framework 】既存のデータベース・テーブルがある場合のエンティティモデルクラスの作り方”の続きを読む