スポンサードリンク


はじめに

Git Bash に適用するカラースキームを探していた時に、時々 Iceberg というのを目にしました。

Vim 用に開発されたようで、別のアプリへの展開もありますけれども、mintty はありませんでした。

作ろう

そこで、完全にとはいかないまでもある程度、雰囲気だけでも mintty のテーマとして作ることにしました。

手がかり

Neovim 用の iceberg.vim/iceberg.vim at master · cocopon/iceberg.vim を使えばよいのではないか?と思いました。

g:terminal_color_0 ~ g:terminal_color_15 はおそらく、次のページの色に対応しているのだと思います。

表にまとめてみました。

g:terminal_color xterm16 HEXminttyrc
0NormalBlack#1e2132
Black
1NormalRed#e27878Red
2NormalGreen#b4be82Green
3NormalYellow#e2a478Yellow
4NormalBlue#84a0c6Blue
5NormalMagenta#a093c7Magenta
6NormalCyan#89b8c2Cyan
7NormalWhite#c6c8d1White
8BrightBlack#6b7089BoldBlack
9BrightRed#e98989BoldRed
10BrightGreen#c0ca8eBoldGreen
11BrightYellow#e9b189BoldYellow
12BrightBlue#91acd1BoldBlue
13BrightMagenta#ada0d3BoldMagenta
14BrightCyan#95c4ceBoldCyan
15BrightWhite#d2d4deBoldWhite

作る

あとは先ほどの表をもとに、作るだけです。

難しかったこと

mintty のテーマには、 ForegroundColour 、BackgroundColour 、 CursorColour 、がありますけれども、これは上の表にはありません。なんとか探し出さないといけません。

次の、Iceberg 作者のスライドを見て、探しました。

BackgroundColour

  • https://speakerdeck.com/cocopon/creating-your-lovely-color-scheme?slide=47
  • https://speakerdeck.com/cocopon/creating-your-lovely-color-scheme?slide=51

ForegroundColour

  • https://speakerdeck.com/cocopon/creating-your-lovely-color-scheme?slide=63

あきらめたこと

当然ですけれども、 Iceberg カラースキームとは完全一致しませんでした。

Vim で適当にファイルを開いてみてパッと見るだけでも、例えば次のようにそのことがわかります。

base16-iceberg.mintty での Vim 表示

  • https://speakerdeck.com/cocopon/creating-your-lovely-color-scheme?slide=54 で説明されているような、色とグループへの対応付けがなされていない。
  • https://speakerdeck.com/cocopon/creating-your-lovely-color-scheme?slide=72 にあるように、オレンジ過ぎる。
  • https://speakerdeck.com/cocopon/creating-your-lovely-color-scheme?slide=64 のように、行番号が落ち着いていない。

自身の mintty カラースキーム戦略

面倒なことなしに、カラースキームの選択だけで切り替えたい。

少し具体的には、次のようになります。

  • LS_COLORS は設定しない。ls --color=auto に任せる。
  • Vim のカラースキームは設定しない。 mintty のテーマに任せる。

このため、カラースキーム本来の設定から多少離れても、使用していて不快に感じず、快適であれば及第点としました。

おわりに

Iceberg は非常に深いこだわりと愛情を持って作られたカラースキームであることがわかります。

その立場から見れば、今回作成した私の minnty 用 Iceberg はテキトーに過ぎると思います。

決して Iceberg であるとは言えませんけれども、落ち着いた雰囲気だけでも味わいたいと思います。

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントを残す

コメントを残す