新しく購入した Macbook Pro 2018 で Keynote などがアップデートできない問題を解決する

スポンサードリンク


エラーメッセージ

この Apple ID では利用できないアップデートです

このアップデートは他のユーザによって購入されたか、あるいはアイテムが返金・キャンセルの対象となっているため、この Apple ID で利用できません。

対象のアプリ

  • GarageBand
  • Pages
  • Numbers
  • Keynote
  • iMovie

解決方法の参考になりそうなページ

[keynote アップデートできない] で検索しました。Keynote が有名かな、と思ったので検索ワードに選びました。

やってみたこと

一言で。

  • アプリをゴミ箱に入れ、再度インストール

具体的に。

  1. アプリケーションディレクトリの GarageBand.app をゴミ箱に入れた。
  2. App Store アプリで、 GarageBand を検索し、入手 > インストール

他の4つのアプリも同様の手順で最新版となったため、アップデートできない問題を解決することができました。

おわりに

どれも使わないアプリなのですけれども、アップデート対象に挙げられたまま、ずっと残ってしまうのは、困ります><。

そこで、今回、対象いたしました。

以上です。

コメントを残す