銀鮭の甘塩など。お店で見るサーモンの呼び方を整理♪

ポイント

  • ○鮭の×塩、と呼ぶ場合、最初が鮭の種類、次が塩加減を指す。
  • 例えば、銀鮭の甘塩
  • 鮭の種類
    • 白鮭。一般的な鮭。身の赤色が薄い。
    • 銀鮭。チリから輸入した養殖が多く、年間を通して流通する。皮が銀色。
    • 紅鮭。アラスカ、カナダ、ロシアからの輸入が多く、スモークサーモンの原料としてよく使われる。サケ属のなかで最も赤身が強い。
    • キングサーモン。カナダから中心に輸入される養殖が多い。身が厚く、脂肪が多い。
    • トラウトサーモン。鮭でなくニジマス。チリ、ノルウェーで養殖されたものが多い。
  • 塩漬けの具合。明確な基準は無い。
    • 。塩かかっていない。
    • 甘口。焼き魚に最適。焼いたらそのまま食べられる。
    • 大辛、辛塩。とても塩辛く、そのままで食べるのは辛い。お茶漬けなどに。

おわりに

鮭にかぎらず魚のパッケージを見ますとよく、どこどこ産などと書かれております。そうでなくとも、鮭の種類によって大体わかる、というのがなんだか面白かったですの。

調べてスッキリしましたし、楽しかったですわ♪またひとつ賢くなりましたの♪

次のページが参考になりました。ありがとうございます!

以上です。

コメントを残す

コメントを残す